プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社ニーズウェル
会社概要

東京国際工科専門職大学向けインターンシップの実施

〜IT技術者の育成・新卒採用の促進〜

株式会社ニーズウェル

株式会社ニーズウェル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 船津 浩三)は株式会社コンカー(本社:東京都千代田区、執行役員社長 橋本 祥生、以下 コンカー)、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長 佐瀬 真人、以下 デロイト トーマツ)と共に、東京国際工科専門職大学(東京都新宿区)向けのインターンシップを実施したことをお知らせいたします。

1.背景

近年、感染症の流行や国際的な紛争といった予測困難な変化が社会全体に影響を及ぼしており、企業は多くの変革が求められているなか、日本企業の競争力を高め、より良い社会構築に貢献すべく、コンカーとデロイト トーマツは未来の日本を担う人財育成をテーマに、大学生に対して学びの機会を提供する「ミライの人財育成プロジェクト」を実施しました。当社もこの取組みに賛同し、プロジェクトの一環である今回のインターンに参加いたしました。


2.「東京国際工科専門職大学向けインターンシップ」概要

今回のインターンシップは、コンカー、デロイト トーマツ、当社の3社合同で実施しました。期間は10月2日から11月14日の約一か月間で、出張、経費、請求書管理を統合したソリューション「SAP Concur」を題材に、現場社員からの座学のほか、最先端のDX技術に触れて活用する疑似プロジェクト型のグループワークも行い、知識だけでなく実際のスキルやマインドが習得できる内容になりました。

参加した学生からは、「AIコースに所属する身として、実際に使用されているシステムを取り扱えたことが非常に良い経験となった」、「今までDXに対して、ただ業務を効率化するというイメージがあったが、効率化だけではなく、それを使って顧客や社会にどのような影響がでるか、どのように貢献できるかを考えることが重要だと感じた」といった声が寄せられました。


3.IT技術者の育成・採用促進

今後もインターンシップに限らず人材育成に取り組み、多くの方にITの魅力を伝え、未来のIT人材が誕生するきっかけの場を提供するとともに、優秀な人材の採用を促進してまいります。


■東京国際工科専門職大学について https://www.iput.ac.jp/tokyo/

日本初の「情報系」新大学 ※ として、2020年4月に開学。世界のICT・デジタルコンテンツ業界と連携した先進的な実践教育で、グローバルに活躍できる「デジタル人材」を輩出します。元東京大学総長の吉川弘之学長が牽引する指導陣には、IBM、パナソニック、NTT、バンダイナムコスタジオ、NHKなど業界トップ企業出身の実務家教員もそろい、これからの産業界や社会のニーズに応える高度な実践力や応用力が身につきます。


詳細についてはhttps://www.iput.ac.jp/tokyo/をご覧ください。

※2023年3月時点の「AI・IoT・ロボット」「ゲーム・CG」の専門職大学として



【会社概要】

会社名:株式会社ニーズウェル

所在地:東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニ ガーデンコート13階

代表者:代表取締役社長 船津 浩三

設立:1986年10月

URL:https://www.needswell.com/

事業内容:ソフトウェアの開発・運用・保守、ソリューション製品の開発・販売・運用・保守

【報道関係資料】

IRニュース https://www.needswell.com/ir/news

その他のお知らせ https://www.needswell.com/news/index

【ニュースリリースについてのお問合せ先】CC室

ir-contact@needswell.com




■株式会社コンカーについて

世界最大の出張・経費管理クラウド SAP Concur の日本法人で、2010年10月に設立されました。『Concur Expense(経費精算・経費管理)』・『Concur Travel(出張管理)』・『Concur Invoice(請求書管理)』を中心に企業の間接費管理の高度化と従業員の働き方改革を支援するクラウドサービス群を提供しています。

コンカーの詳細については www.concur.co.jpをご覧ください。


■SAP Concurについて

SAP Concurは、出張、経費、請求書管理を統合したソリューションを提供する世界有数のブランドであり、これらのプロセスの簡素化と自動化を追求しています。高い評価を得ているSAP Concurのモバイルアプリは、社員の出張をサポートし、経費を自動で入力し、請求書の承認を自動化します。AIを使いリアルタイムのデータを統合、分析することで、効率的な支出管理を行うことが可能です。SAP Concurのソリューションは、手間の掛かる作業をなくし、お客様の業務効率化に貢献、最高の状態でビジネスを進めることができるようサポートします。詳細はconcur.comまたはSAP Concurブログをご覧ください。

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

©2024 SAP SEまたはSAP関連会社。無断複写・転載を禁じます。この資料に関する使用条件、免責条項、開示、または制限については、www.sap.com/legal-notice の法的通知を参照してください。


■デロイト トーマツ コンサルティング合同会社について

デロイト トーマツ コンサルティング(以下、DTC)は国際的なビジネスプロフェッショナルのネットワークであるDeloitte(デロイト)のメンバーで、日本ではデロイト トーマツ グループに属しています。DTCはデロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、総合力と国際力を活かし、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援するファームです。5,000名超のコンサルタントが、デロイトの各国現地事務所と連携して、世界中のリージョン、エリアに最適なサービスを提供できる体制を有しています。


■株式会社ニーズウェルについて

ニーズウェルは独立系のシステムインテグレータとして長年にわたり金融系システム開発を中心に幅広い業界のソフトウェア開発に携わるとともに、AI、RPA等の技術により独自の機能を付加しながら、デジタル経済の要請に応え、企業のDXの推進を支援する様々なソリューション製品を提供してまいりました。

また、2022年10月からは連結子会社3社を傘下に連結決算体制に移行し、グループ全体の成長をめざしており、2023年8月に公表した中期経営計画では、2025年9月期までに売上高130億円、経常利益18億円の業績目標を掲げ、これを達成するための先行投資として「採用・育成」「研究開発・製品開発」「M&A・資本業務提携」に取り組んでおります。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。


種類
経営情報
株式会社ニーズウェルのプレスキットを見る

会社概要

株式会社ニーズウェル

6フォロワー

RSS
URL
https://www.needswell.com/
業種
情報通信
本社所在地
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニ ガーデンコート13階
電話番号
03-6265-6763
代表者名
船津 浩三
上場
東証プライム
資本金
9億815万円
設立
1986年10月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード