『出前館』、宮崎県でシェアリングデリバリー®を初展開

~地元の成長企業が配達パートナーに!~

 日本最大級の出前サービス『出前館』(運営:株式会社出前館、本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:藤井 英雄)は、2020年8月18日(火)より、宮崎県宮崎市にて、配達機能を持たない飲食店の出前を可能にするサービス、シェアリングデリバリー®を開始いたします。今回、配達を担うのは、宮崎市で急成長中のサンテル株式会社です。宮崎県での配達パートナーによるシェアリングデリバリー®は今回が初めてとなります。

 

 『出前館』は「しあわせは すぐ届く」をタグラインに掲げ、自宅やオフィスで食事をする際に、多数のジャンルから食事を注文でき、お届けまで最短20分という出前サービスを運営しています。もともとは宅配ピザ、宅配
寿司等の宅配専門店を中心に取り揃えていましたが、お店に代わって配達を行う「シェアリングデリバリー®」の
仕組みを強化し、ファーストフードや、お弁当、ラーメンなどの日常食から、こだわりの料亭やレストランなどの地元のお店の食事まで、幅広いラインナップに拡がっています。また、『出前館』の配達代行は地元の配達パートナーが責任をもってドライバーを管理することで、飲食店に安心して配達を委託していただけるという特徴があります。

 


 『出前館』は、今後も多様化するライフスタイルに寄り添い、地域密着型の食のインフラサービスを目指すことはもちろん、未だ猛威を振るう新型コロナウイルスにより、営業短縮や自粛を余儀なくされている飲食店の売上確保のために、店舗が出前を開始しやすい環境を整え、そのサポートに繋げていきたいと考えております。

 


 今回、シェアリングデリバリー®宮崎県の展開によりつくりたてのお弁当のおいしさを楽しめる「Hotto Motto(ほっともっと)」や回転寿司チェーン「スシロー」など、お馴染みのお店に出前注文をすることができるようになります。(※スシローは8月28日(金)から出前注文を開始いたします。)



 また、配達パートナーは、サンテル株式会社です。宮崎県で2007年に駐車場運営をスタートさせた後、飲食事業や不動産事業、などの事業を展開しています。地域密着であらゆる事業展開をして蓄積されたノウハウを活かし、この度、配達パートナーとしてご協力いただく運びとなりました。


▼宮崎県でシェアリングデリバリー®の配達パートナーとなるサンテル株式会社メッセージ
サンテル株式会社/ 代表取締役 山本貞輝氏

 弊社(サンテル株式会社 https://santel.co.jp/)は「価値ある日常を創り、地域を元気に。」という経営理念のもと、宮崎県内で運送事業、代行事業、駐車場管理事業、不動産事業を展開しております。また、宮崎県内だけでなく、東京都内においても飲食店舗を展開する等、多角化経営しております。これまで宮崎県内の飲食店においては、自社で配達を行う以外に、デリバリー事業参入の方法はなく、デリバリーに取り組む飲食店において配達員の人件費が発生し、定期的なポスティング等、販促活動にも注力せざるをえない状況でした。

 この度、弊社が『出前館』の配達機能を担うことにより、より多くのお客様に商品をお届けしたいとお考えの飲食店様のお力になれればと考え、業務提携を決断いたしました。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、宮崎でも多くの飲食店が苦境に立たされています。弊社がデリバリー事業の一翼を担うことで、飲食店の皆さまに、微力ながらお力添えできれば幸いでございます。飲食店を経営する弊社だからこそ、親身になってサポートできると考えております。まずは宮崎駅を中心としたエリアからスタートし、自信をもって配達サービスを担えるようになった際には、南宮崎駅等、事業展開エリアの拡大を検討しております。

 

 ●シェアリングデリバリー®とは
 食品宅配市場規模は現在2兆1,399億円と言われており、年々拡大傾向にあります。オフライン(電話)注文が主流であった食品宅配の市場拡大を牽引するのは、オンラインによる注文です。しかし需要が拡大している一方で、新たな販路として出前サービスを開始したくても人手不足や配達のリスクなどの問題により、二の足を踏む飲食店が多い現状があります。

 


 そこで『出前館』では、配達機能を持たない店舗でも、『出前館』に加盟する複数店舗で、『出前館』が連携した配達機能をシェアすることにより出前が可能になるサービス「シェアリングデリバリー®」を2017年より本格的に開始し、現在関東・関西を中心に、北海道・宮城県・愛知県・広島県・福岡県・熊本県・沖縄県・鹿児島県・新潟県・愛媛県・長崎県・岡山県・宮崎県において展開しております。



 『出前館』に注文が入ると、店舗及び配達を行う拠点(以下、シェアデリ拠点)に直ちに注文が入り、店舗は指定時間までに料理を仕上げます。その後、配達はシェアデリ拠点が所有するバイクや電動自転車と配達員で行います。「シェアリングデリバリー®」を行うエリアは、『出前館』の持つ日本最大級の出前のデータベースによって、適切な配達エリアが設定され、なおかつ、各飲食店舗のジャンルによって売上を予測することができます。
それにより、シェアデリ拠点においても効率的な配達が可能となり、採算化が図れるメリットがあります。
 

 

 


 本サービスを導入することにより、店舗は新たに配達員を採用しなくても出前サービスを実施できます。
また『出前館』をご利用されるお客様にとっては、これまで以上に多様なジャンルの出前をご注文できるようになります。
 

 

 なお、現在『出前館』では、新型コロナウイルス感染症対策及び予防の観点から、『出前館』配達員や配達備品等の衛生管理の徹底※1、またお客さまのご希望に沿って"商品をお届け先の玄関前に置く(置き配)"など、非接触で商品を届けるために「キャッシュレス決済」と「非接触のお届けのご指定」※2を推奨しております。引き続き、お客さまに安心・安全な出前サービスをご提供できるよう努めてまいります。

※1 新型コロナウイルス感染症の抑止対策に関するお知らせ:
https://corporate.demae-can.com/pr/news/demaekan/post_500.html
※2 非接触デリバリー対応に関するお知らせ:
https://corporate.demae-can.com/pr/news/demaekan/post_510.html


【『出前館』とは】
『出前館』は自宅やオフィスで食事をする際にスマートフォンやPCから料理を注文できる便利な日本最大級の出前サービスです。サイトに訪れるユーザーは、弁当・中華・カレー・ハンバーガー・洋食・和食・エスニック・ピザ・寿司・デザート・酒・ネットスーパーなど、多数のジャンルの出前サービス店舗から、メニューや "現時点でのお届けまでの待ち時間"等の情報を見て、特典付きで注文をすることができ、注文してからお届けまで最短20分を実現しています。( https://demae-can.com/

 

【株式会社出前館 概要】
(コード番号:2484 東京証券取引所JASDAQ 市場)
所在地:(大阪本社)〒541-0056 大阪市中央区久太郎町3-6-8 御堂筋ダイワビル8階   
    (東京本社)〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館11階
代表者:代表取締役会長 中村 利江
    代表取締役社長 藤井   英雄
WEBサイト:https://corporate.demae-can.com/
概要:日本最大級の出前サービス『出前館』の運営
資本金:11億1,338万円(2019年8月末現在)
設立年月日:1999年9月9日

※本ニュースリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社出前館 >
  3. 『出前館』、宮崎県でシェアリングデリバリー®を初展開