寺田倉庫のPIGMENT TOKYO、ファッションブランドspoken words projectとのコラボレーションアイテムを販売

~コロナ禍に誕生したSNSプロジェクト 「PIGMENT BLUE PROJECT」 連動企画~

寺田倉庫株式会社(東京都品川区 代表取締役:寺田航平)が運営する画材ラボ「PIGMENT TOKYO」は、spoken words project デザインによるコラボレーションアイテムを店舗とオンラインを通じて本日より販売いたします。
PIGMENT TOKYOのショップコート(ユニフォーム)をデザインするspoken words projectは、デザイナー・飛田正浩氏が主宰するファッションブランドで、手作業を活かした染めやプリントを施した服づくりに定評があります。色彩豊かな「画材」をイメージしたオリジナルのデニム生地は、丁寧な手捺染の技法を用いることで1点毎に異なる風合いが特長で、国内外のお客様より購入に関するお問い合わせを数多くいただいております。

これまでは、量産が難しいという理由により商品化には至っておりませんでしたが、アートを愛する全ての人と豊かな時間を分かち合い、世界を癒す「PIGMENT BLUE PROJECT」の始動に伴い、飛田氏のお力添えのもと、同素材を用いたアイテムの販売が決定いたしました。男女ともに楽しめるユニセックスなデザインは、トートバッグ、サコッシュ、筆巻、エプロンの全4種類。いずれも絵画制作時に留まらず、日常においても活躍する機能性の高いアイテムとなっております。
詳細は、https://pigment.tokyo/ja/campaign/campaign_200522/?set_language=jaをご覧ください。
 


【アイテムについて】


左上)トートバッグ (サイズ:H:38cm W:46cm マチ:15cm*1) 価格  9,800円(税抜)     
右上)サコッシュ  (サイズ:H:22cm W:29cm マチなし*1)      価格  5,800円(税抜)
左下)筆巻           (サイズ:H:32cm W:34cm*2)                 価格 10,800円(税抜)
右下)エプロン   (サイズ:H:90cm W:54cm*1)                   価格 15,800円(税抜)
*1 紐、ストラップはサイズに含まれません。
*2  筆巻は開いた状態のサイズです。

  絵画用筆の保管以外にも、化粧筆、文具等を収納するポーチとしても使用可能です。

プリントの表情は1点1点異なります。

spoken words project代表・飛田正浩氏のコメント
今回の商品を考える前にまず、PIGMENT TOKYOスタッフのためのショップコートのデザイン及び制作の依頼がありました。依頼をいただいてわたくしどもが提案したコンセプトが「石と水」。PIGMENTが扱う絵の具のイメージから、石と水を表裏に表現したリバーシブルのショップコートを提案し制作しました。今回の商品のテキスタイルはその時の「石」のイメージです。そもそもこのテキスタイルは「spokenデニム」と呼ぶわたくしどものアトリエのオリジナルテキスタイルです。先染め糸の織り地で作られる本来のデニムとの違いは、織り上がった真っ白なデニム生地にプリントでそのデニム感を表現するといった行程です。白い生地に藍色をプリントして洗いにかける、またその上にプリントを重ねて再度洗いをかける。これを数回繰り返し、仕上げの手洗いでその表情を整えます。洗いにかけて出来る表情は、そのドライ感や摩擦感から「石」のイメージを想起させると考えました。そもそもこの生地はその生産に多くの手間がかかる故、量産には適さないと考え、しまっておいた生地です。PIGMENTのショップを初めて訪れた時の感動が、その手間を惜しみなく発揮させる気持ちを誘発させました。


【PIGMENT TOKYOについて】 URL: https://pigment.tokyo
PIGMENT TOKYOは、絵具の材料となる顔料や膠、絵を描くための筆や刷毛といった”画材”と、そこから生み出される”色と表情”に特化した研究所であると同時に、アカデミー、ミュージアム、ショップの側面を持つ複合クリエイティブ機関です。4,500色に及ぶ顔料をはじめ、200を超える古墨、50種類の膠など古今東西の希少かつ良質な画材を取り揃え、「画材」と、それらの「用法」、そして両者の組み合わせによって生み出される「表情」について独自のアプローチで研究・教育・普及活動を行っています。

【PIGMENT BLUE PROJECTについて】
2020年春に開始したPIGMENT TOKYO発信のSNSプロジェクト。青をテーマにした作品(絵画・写真)にハッシュタグ「#PIGMENTBLUEPROJECT」を付けてInstagramで投稿してもらうことで、コロナ禍においてアートを愛する全ての人と豊かな時間を分かち合い、世界を癒せるよう願いを込めて企画しました。6月11日現在、世界中から418点の作品が投稿されています。

【spoken words projectについて】 URL:http://spokenwordsproject.com
飛田正浩が主宰するファッションブランド。1998年東京コレクションに初参加。
手作業を活かした染めやプリントを施した服づくりを行い、PUMAなど他ブランドとのコラボレーションや、芸術祭参加などその表現領域は多岐にわたりアパレルブランドの枠を越えて活躍中。

【寺田倉庫について】

社    名:寺田倉庫株式会社(Warehouse TERRADA)
代 表 者:代表取締役 寺田航平
所 在 地:〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10
設    立:1950年10月
U  R  L:http://www.terrada.co.jp/ja/

【PIGMENT TOKYOへのお問い合わせ】
寺田倉庫 スペースコンテンツグループ PIGMENTチーム E-MAIL: pigment@terrada.co.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 寺田倉庫 >
  3. 寺田倉庫のPIGMENT TOKYO、ファッションブランドspoken words projectとのコラボレーションアイテムを販売