女性専用車両に賛成する人は6割以上男性専用車両が必要と考える人は過半数

日本法規情報株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役 今村 愼太郎)(http://www.nlinfo.co.jp/)は、運営する以下のサイト
『セクハラ・パワハラ相談サポート』https://www.soudan-form.com/sekuharasoudan-support/
『モラルハラスメント対策相談サポート』https://www.soudan-form.com/moralharassment-support/
の運用情報やアンケートを元に、「女性専用車両に関するアンケート調査」について発表しました。
(日本法規情報株式会社では定期的に法律関連の話題に対して意識調査を行い発表しております)

「地下鉄御堂筋事件」をご存知でしょうか。痴漢にあっている女性を助けた別の女性が逆恨みされ、暴行を受けたという非情な事件が過去に起こりました。この事件をきっかけに、女性専用車両を設ける取り組みが始まったと言われています。混雑時の電車の利用に不安を抱えている女性にとって、この女性専用車両が安心感を与える存在となっているのではないでしょか。また、最近の出来事ですが、女性専用車両に反対する男性が抗議のために女性専用車両に乗ったところ乗客とトラブルになり、その動画がインターネット上にアップロードされ、女性専用車両の是非が物議を醸しました。

そこで今回は、話題の渦中にある女性専用車両について意識調査を行いました。

最初に、女性専用車両に対して賛成するかという事について質問しました。

 

■女性専用車両に賛成する人は6割以上
質問:電車に女性専用車両があることに対して賛成しますか?(単一回答)


「いいえ」と回答した人は5%でした。6割以上の人が女性専用車両に賛成していることが分かりました。一方、明確に女性専用車両に賛成しないと回答した人の割合はわずかではあったものの、5%いることが分かりました。

続いて、「いいえ」と回答した人にその理由を質問してみました。

■女性専用車両に反対する理由で最も多かったのが、「男性差別と感じるから」
質問:なぜ女性専用車両に反対しますか?あなたの考えに最も近いものをお選びください。(単一回答)

 調査の結果、「男性差別だと感じるから」と回答した人が44%、「他の車両の方が混雑して不公平になるから」と回答した人が32%、「痴漢防止のための適切な手段ではないと感じるから」と回答した人が11%、「改札口に一番近い車両にいたい男性に迷惑になるから」と回答した人が8%、「その他」と回答した人が5%でした。「男性差別と感じるから」と「他の車両の方が混雑して不公平になるから」の二つの回答が、多くを占める結果となりました。この結果から、反対理由としては、女性専用車両に対して何らかの不平等さを感じるからというものが多いことが分かりました。

次に、女性専用車両に男性が乗ることに対してどのように感じるか質問してみました。

 ■女性専用車両に男性が乗ることについて否定的な感情を持つ人は8割以上
質問:女性専用車両に男性が乗ることについてどのように感じますか?(単一回答)

「不快に感じる」と回答した人が48%、「法的に禁止されているわけではないので仕方がない」と回答した人が34%、「気にならない」と回答した人が10%、「その他」が88%という結果になりました。女性専用車両は男性に任意に協力を要請するものであり、法的に乗車を禁止するものではありません。そのような背景を踏まえ、仕方がないと感じる人も一定数いました。「不快に感じる」と回答した人と合わせ、8割以上の人は男性が女性専用車両に乗車することに対して、否定的な感情を抱くようです。また、多くはありませんが、気にならないと感じる人もいることがわかりました。

痴漢被害防止の目的で女性専用車両が設置されていますが、男性の立場から、痴漢冤罪防止のために男性専用車両を求める声も上がっています。そこで、男性専用車両の必要性に関して質問してみました。 

■男性専用車両を必要と考える人は6割以上
質問:痴漢の冤罪を防ぐ目的で男性専用車両が必要と考える人がいますが、あなたは必要だと考えますか?(単一回答)

「必要である」と回答した人が28%、「どちらかといえば必要である」回答した人が34%、「どちらともいえない」と回答した人が25%、「どちらかといえば必要ない」と回答した人が7%、「必要ない」と回答した人が6%という結果になりました。痴漢を取り締まる必要がある一方で、男性が冤罪で捕まってしまう被害も問題となっています。冤罪被害を少しでも減らし、男性も安心して電車に乗ることができるよう、男性専用車両を求める声が上がっています。調査の結果、男性専用車両が必要だと考える人は6割以上いることがわかりました。

最後に、女性専用車両以外の痴漢防止のための手段として、何が適していると考えるかについて質問してみました。 

■電車内に防犯カメラを設置するのが痴漢防止の手段に適していると考える人が過半数
質問:女性専用車両以外の痴漢防止のための手段として、次のどれが最も適していると考えますか?(単一回答)

「電車内に防犯カメラを設置する」と回答した人が51%、「私服警官などの見回りを強化する」と回答した人が35%、「防犯グッズなどを普及させる」と回答した人が8%、「その他」が6%でした。女性専用車両にはまだ課題があると考えられる中、その他の痴漢防止の手段として、電車内に防犯カメラを設置するのが良いと考える人が最も多く、半数を超えました。この手段は痴漢を抑止する効果があるとともに証拠を残すことができるので、冤罪を減らすことにもつながるかもしれません。その他にも、私服警官などの見回りを強化することが有効と考える人が3割以上いました。

 今回の調査では、女性専用車両が必要と考える人が6割以上いる一方、男性専用車両が必要と考える人も6割以上いることが分かりました。電車内では痴漢や冤罪の被害が起こり得ることに加え、女性専用車両の要否をめぐったトラブルが話題になったように、思わぬトラブルが起こるケースがあります。電車内トラブルについて、何か困ったことがあれば、専門家に相談されてはいかがでしょうか。

調査期間 2018-3-22~2018-4-5
回答者 699人

■日本法規情報株式会社について
日本法規情報株式会社は、「どこに相談したら良いか“わからない”を“わかる”に変える」をコンセプトに、様々な相談を解決できる相談パートナーと悩みを抱える相談者の両者を結ぶ接点となるサービスをご提供しております。全国3000以上の相談パートナーと年間10万件の対応実績を持ち多くの相談者の悩みの解決の一助となっております。
■相談者調査レポート 情報提供元
『セクハラ・パワハラ相談サポート』https://www.soudan-form.com/sekuharasoudan-support/
『モラルハラスメント対策相談サポート』https://www.soudan-form.com/moralharassment-support/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本法規情報株式会社 >
  3. 女性専用車両に賛成する人は6割以上男性専用車両が必要と考える人は過半数