「ワタミの宅食」が団地内に営業所を新規開発

毎日の食事準備や買い物といった高齢者の課題解決

「ワタミの宅食」を運営するワタミ株式会社(本社:東京都大田区、以下、ワタミ)は、2019年10月21日、東京都板橋区の高島平団地内に「ワタミの宅食」板橋高島平営業所を開設いたします。大規模な団地内で進展している高齢化という課題解決を目的とし、新たに「団地モデル」の営業所を開発しました。
―News Release―
2019年10月21日
 

 

板橋高島平営業所では徒歩でもお届けします板橋高島平営業所では徒歩でもお届けします

 

 



高齢者が5割を占める高島平団地で、日常の買い物や食事の準備といった課題解決
高島平団地は1万戸を超える全国でも有数の規模の大きな団地で、住民の高齢化が大きな課題となっています。高島平団地の高齢化率は5割に達するといわれており、高島平団地がある板橋区の2倍にあたる多さです。高島平団地は高齢者の一人世帯、高齢者同士の夫婦といった世帯も多く、毎日の買い物や食事の準備が課題となっています。
「ワタミの宅食」では、高島平団地内に初めての団地内を拠点とする「団地モデル」営業所を開設いたします。買い物や食事の用意に不便さを感じている高齢者が暮らすエリアの中心に営業所を開設することで、栄養バランスに配慮したお弁当をお届けするとともに、地域のコミュニティーや見守りとしての役割を担ってまいります。
お弁当をお届けするスタッフも、団地内に居住している人を想定しています。お届けスタッフは職住近接となり、通勤に時間がかからず、車を持たなくても徒歩や自転車でお弁当のお届けが可能になります。お届けスタッフは定年退職をした高齢者や子育てをしている女性など、高島平団地内に暮らす人の雇用を生み出します。
 「ワタミの宅食」は高齢者に“食”と“職”を提供することをモットーにサービスを展開しており、「団地モデル」の開発はその一環となります。

ワタミの宅食 板橋高島平営業所 概要
営業所    :ワタミの宅食 板橋高島平営業所
所在地    :東京都板橋区高島平2-26-3-102
営業開始日 :2019年10月21日

【ワタミの宅食 概要】
「ワタミの宅食」はご高齢の方を中心に毎日23万人のお客さまにお弁当をお届けしています。「健康は毎日の食事から」といった考えにもとづいて、週単位でバランスよく栄養がとれるような献立を設計しています。専任の管理栄養士が塩分やカロリー、品目数といった栄養バランスに配慮して献立を設計しています。
1人世帯や2人世帯では「栄養バランスを考えた食事を毎日用意することが難しい」といった声にもこたえてきました。もっとも人気の高いお惣菜「まごころおかず」は、毎日20品目以上の食材数、1食あたりの食塩相当量3.5g以下、1食あたり400kcalといった基準を設けて商品を開発しています。
「ワタミの宅食」では、「まごころスタッフ」と呼ばれる担当者が毎日決まった時間帯に手渡しでお弁当をお届けしています。お客さまからは「まごころスタッフ」との接点が楽しみだといった声をいただいています。宅食の営業所は全国で513拠点を展開しています。

■ワタミ株式会社
【住所】 東京都大田区羽田1-1-3
【代表者名】 代表取締役会長兼グループCEO 渡邉美樹、代表取締役社長兼COO 清水邦晃
【設立】 1986年5月
【事業内容】 国内外食事業、宅食事業、農業、環境事業
【ホームページURL】 http://www.watami.co.jp
https://www.watami-takushoku.co.jp
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ワタミ株式会社 >
  3. 「ワタミの宅食」が団地内に営業所を新規開発