若者たちが難民問題に本気で挑む!アイデアコンペ「未来ドラフト」の決勝大会を開催

世界の子どもを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン(事務局:東京都中野区、事務局長:木内真理子/以下、WVJ)は、日本の若者が難民問題に挑む「SKETCH THE FUTURE 未来ドラフト2021-わたしと難民がつながるアイデア・コンペティション(以下、未来ドラフト)」のグランプリを決める決勝大会を、9月26日(日)にオンラインで開催します。

 
  • 未来ドラフトとは
未来を担う日本の若者が、増え続ける難民の問題に興味を持ち行動を起こして欲しいと願い、WVJが企画するアイデア・コンペティションです。難民が実際に抱えている問題を「課題テーマ」に設定し、その解決を図るアイデアを競います。今回で4回目を数え、過去にグランプリを受賞したアイデアは、WVJが難民支援を行う現場で若者たちの手によって実現されています。今年は、人と社会と地球のより良い未来に貢献するためにSDGsアクションに取り組むビッグローブ株式会社様よりご協賛いただいています。
※未来ドラフト2021公式サイト: https://www.worldvision.jp/children/miraidraft
  • 今年の課題テーマと決勝大会の概要
4回目となる今年は、「みんなが安心して学校に通い続けられるように、異なる境遇で育った子ども同士が互いに分かり合えるアイデア」を課題テーマに設定しました。命からがら逃れた異国の地で難民が直面する偏見や差別という壁。その壁をどう乗り越えられるか、特に、未来を創る礎となる「教育の場」や「子どもたち」という視点で、ヨルダンに住むシリア難民とホストコミュニティのヨルダンの子どもたちにアイデアを届ける設定で、課題テーマに向き合ってもらいました。2021年6月20日~8月15日まで応募を受け付け、全国の若者(29歳以下)から100件のアイデアが寄せられました。

当日は、事前審査を勝ち抜いた9チームのファイナリストたちが、渾身のプレゼンテーションを披露します。その模様はZOOMで無料生配信され、審査員によってグランプリと準グランプリが、オーディエンスの投票によってオーディエンス賞がその日のうちに決定します。難民問題解決に向けた第一歩を踏み出す若者たちの熱い思いを、ぜひご覧ください。

【決勝大会出場者・チームとアイデア】
・えりちゃん (千葉県)「お互いのためのデザイナーになる会」
・K&J force (山梨県)「Borderless project」
・小林ほのか (東京都)「離れていても友達に!掲示板プロジェクト」
・COCO (神奈川県)「想像力で創造しよう~絵が繋ぐ私とあなた~」
・もえ (東京都)「知識を分け合えトレジャーハント」
・東工大VG (神奈川県)「描こう未来!互いを記(知る)す交換ノート」
・ハルカ (東京都)「LEAFプロジェクト」
・鈴木綾華 (千葉県)「君と好きな人が100年続きますようにプロジェクト」
・global east (愛媛県)「国を繋ぐsports festival」



【未来ドラフト2021 決勝大会】
・日時: 2021年9月26日(日)13:00~17:00
・視聴URL: https://worldvision.zoom.us/j/95940947503
 ※視聴は無料ですが、通信にかかる費用はご負担ください
 ※事前にZOOMのアプリケーションをダウンロードください
 ※先着500人となりますのでご了承ください
・スケジュール(現段階の予定です。変更になる場合があります):
 13:05 開会挨拶(WVJ事務局長 木内真理子)
 13:12 協賛企業挨拶 (ビッグローブ株式会社 中川圭子様)
 13:20 実際にアイデアを実現するヨルダンの事業地の紹介(ビデオメッセージ)
 13:23-15:38 ファイナリスト9チームによるプレゼンテーション
 15:38-16:30 審査タイム
 16:30 表彰式 
・主催: 特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン
・協賛: ビッグローブ株式会社

【審査員】
・福島 治 (福島デザイン主催/グラフィックデザイナー)
・小松 太郎 (上智大学総合人間科学部教授、緊急人道支援講座コーディネーター)
・酒井 美紀 (女優、ワールド・ビジョン・ジャパン親善大使)
・中川 圭子 (ビッグローブ株式会社 執行役員CMO)
・三好 正規 (国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)エジフト事務所保護官(難民保護面接課・課長))

【司会】
・塩田 真弓 (テレビ東京「Newモーニングサテライト」メインキャスター)


<ワールド・ビジョン・ジャパンとは>
キリスト教精神に基づき、貧困や紛争、自然災害等により困難な状況で生きる子どもたちのために活動する国際NGO。国連経済社会理事会に公認・登録された、約100カ国で活動するワールド・ビジョンの日本事務所です。詳細はこちら: www.worldvision.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン >
  3. 若者たちが難民問題に本気で挑む!アイデアコンペ「未来ドラフト」の決勝大会を開催