「第34回サロマ湖100kmウルトラマラソン」特別協賛のお知らせ

スポーツ向けサポート・ケア製品のブランド「ザムスト」を展開する、日本シグマックス株式会社(本社: 東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木 洋輔)は、2019年6月30日(日)に開催される「第34回サロマ湖100kmウルトラマラソン」に今年も特別協賛いたします。
■協賛の背景  ( 「サロマ湖100kmウルトラマラソン」大会公式WEBサイト: http://saromanblue.jp/ )

 

「サロマ湖100kmウルトラマラソン」は、北海道・サロマ湖周辺を舞台に100 km・50 kmの距離で競われる、ウルトラマラソン大会(※ウルトラマラソンとは、通常のマラソン=42.195km より長い距離を走る大会のこと)で、日本陸上競技連盟 / IAAF(国際陸上競技連盟) / AIMS(国際マラソン・ディスタンスレース協会)公認のコースです。

フルマラソンを超える長距離を走るウルトラマラソンは、完走を目指すにあたっても通常のマラソン以上の多大な練習量や自己管理が必要です。日本シグマックス(株)は、練習時のサポートやクールダウン、ケガ予防はもちろん、レース中のコンディショニングに役立つ商品を通してランナーをサポートすることによって、より多くのランナーの過酷なチャレンジに対する手助けになることを願い、今回で10回目となる特別協賛をさせていただきます。


■毎年恒例チャレンジ企画(ウルトラマラソン応援プロジェクト)

毎年恒例となりました、100kmウルトラマラソンにチャレンジする一般ランナーをザムストが全面サポートし、サロマ湖ウルトラマラソン完走を応援する企画です。 今年は、初めて100km完走を目指す方だけではなく、熱い思いを持った5人のランナーをチャレンジャーとして募集します。加えて、世界中のウルトラマラソンで結果を残す、いいのわたる氏をコーチに迎え、「史上最高の自分」を求めるランナーを応援する企画になりました。

 

今年のチャレンジャーは近日発表予定で、チャレンジャーの活動やザムストのサポートの様子は、サロマ湖100kmウルトラマラソン公式Facebookでアップしますので、ぜひご覧ください。

URL: https://www.facebook.com/saroma100km/


いいのわたる氏プロフィール


東京都出身。39歳。30歳の時にダイエットのために走り始める。会社員の傍らトレーニングを積みながら、数々のレースで結果を残す市民ランナー。2014年、2015年チャレンジ富士五湖2連覇。2016年ナミブ砂漠250km優勝。2017年Badwater135優勝。





■ZAMST(ザムスト) (URL: https://www.zamst.jp/ )
「ザムスト」は、医療メーカーとして整形外科向け製品を45年以上にわたり開発・製造・販売する日本シグマックス株式会社が1993年から展開している、スポーツ向けサポート・ケア製品のブランドです。
おかげ様で4年連続スポーツサポーター市場売上金額のNo.1*ブランドとなりました!
※2014年~2017年スポーツサポーター(スポーツ販売チャネルを主としたブランド商品対象)市場 メーカー出荷金額ベース 株式会社矢野経済研究所調べ 2018年12月現在
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本シグマックス株式会社 >
  3. 「第34回サロマ湖100kmウルトラマラソン」特別協賛のお知らせ