経営学部教授 島田昌和が「上十三地区産業安全衛生大会」に登壇 特別講演「渋沢栄一の人間関係とビジネススタイル ~青森を中心として」

~日時:7月5日(火)/ 会場:サン・ロイヤルとわだ(青森県) 主催:(一社)上北労働基準協会~

 文京学院大学(学長:櫻井隆)は、2022年7月5日(火)に一般社団法人上北労働基準協会が主催として青森県十和田市で開催する「上十三地区産業安全衛生大会」に、学校法人文京学院理事長で文京学院大学経営学部教授の島田昌和が登壇することをお知らせします。
 当日は、渋沢栄一の思想と、青森県十和田市の開拓から町の整備、発展における業績について講演します。
  • 講演会内容について
 渋沢栄一は、2021年のNHK大河ドラマで取り上げられ、その人となりは随分と知られるようになりました。TVのドラマで描かれたとおり、若き日の多彩な人々との交流と数奇とも言える多様な経験から来る人格の形成がその後の渋沢の活動の基盤になっていることは言うまでもありません。しかし残念ながらビジネスの世界に乗り出した以降に、渋沢がどのようにして多様なビジネスのそれぞれの多難な滑り出しを捌いていったのかは描かれませんでした。特に全国の様々な地域で近代ビジネスを根付かせていった手法は不明のままです。

 今回の講演では、以下の観点で島田昌和がお話しします。①渋沢が青森地方にどのように関わり、この地の発展に寄与したのか②“合本主義”を合い言葉に、人材と資金を多方面から集めて投入する仕組みを青森ではどのように作ったのか③それは、それ以前に形作られた人格形成がいかに反映しているものなのか。
 

 渋沢の“愛”のこもった青森への接し方をお楽しみ下さい。 

 

【開催概要】
■タイトル:「渋沢栄一の人間関係とビジネススタイル ~青森を中心として」
■日時:2022年7月5日(火) 13:30~16:00
          特別講演/14:30~16:00
■会場:サン・ロイヤルとわだ (青森県十和田市東三番町37-7)
■主催:一般社団法人上北労働基準協会
■入場:入場無料
■HP  :https://klsa.jp/
 
  • 島田 昌和教授 プロフィール 
文京学院大学経営学部教授・学校法人文京学院理事長
1961年東京都生まれ。経営学博士。1983年早稲田大学社会科学部卒業
1993年明治大学大学院経営学研究科博士課程単位取得満期退学
一橋大学大学院商学研究科日本企業研究センターフェロー
(2009年4月~2015年3月)
経営史学会常任理事(2015年1月~2016年12月)
渋沢研究会代表(2010年4月~)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 文京学院大学 >
  3. 経営学部教授 島田昌和が「上十三地区産業安全衛生大会」に登壇 特別講演「渋沢栄一の人間関係とビジネススタイル ~青森を中心として」