勉強会「外国人対応2.0~外国人がお客様や社員(店員)、取引相手になる時代~」2019年2月開催

リテールイノベーションコンソーシアム勉強会

2020年に4000万人の外国人旅行者を目指すという発表、外国人技能実習生問題など店舗にとって、新しい外国人対応が求められています。テクノロジーでどう外国人対応は進化できるのかについて様々な方によりお話しいただきます。

外国人対応2.0~外国人がお客様や社員(店員)、取引相手になる時代~外国人対応2.0~外国人がお客様や社員(店員)、取引相手になる時代~


■開催日時
日時:2019年2月8日(金)15時~18時
場所:〒105-8025 東京都港区東新橋1丁目9番2号 汐留住友ビル25階

■アジェンダ
14:45
~15:00 
開場
15:00
~15:45 
「訪日外国人の動向総まとめ」
日本政府観光局(JNTO)企画総室次長(調査・マーケティング統括担当)
熊野伸彦氏
行政の考えている訪日外国人戦略、2020年までと2020年以降で
どう変わるかなどについてお話しいただきます。
15:45
~16:12
「ガチャから見る、外国人が日本に期待すること
~和物・侍だけがすべてじゃない~」

株式会社タカラトミーアーツ 森川修氏
16:12
~16:39
外国人MBA学生から見た日本の店舗の不思議
~日本に来て感じること、海外のテック事情など~

一橋大学MBA留学生Sunny
  <休憩(10分)>
16:49
~17:26
「人材不足解消ではなく、売上を上げるための外国人採用
~なぜ今ベトナム人採用が合理的なのか~」

株式会社asegonia 井上義設氏
17:26
~17:53
「日本のおもてなしに対応するための最新テック
~VRゴーグルで、微妙なニュアンスを肌で感じさせる~」

レノボジャパン株式会社 湯浅浩一郎氏
18:00~ 懇親会

 

■参加申し込み・お問い合わせ
本勉強会はリテールイノベーションコンソーシアム会員様限定の勉強会です。
入会をご希望の方は、リテールイノベーションコンソーシアムWebサイトよりお問い合わせください
▼リテールイノベーションコンソーシアム
https://retail-innovation-consortium.jp/


■リテールイノベーションコンソーシアムとは

生活者がますますテクノロジーを使いこなし、さらに買った理由・買わなかった理由・行動など今まで小売企業が取れなかったデータを持つ新たなライバル企業が登場する中で、テクノロジーに対応できないままでは今後生き残れません。

小売企業が近い将来に直面するだろう危機的状況に備え、大規模な実証実験やデファクトスタンダードを作ったほうがよい分野はお互いに手を取り合い、各社の強みとなりそうな分野は個別に開発や実験を進める、「リテールイノベーションを目的とした次世代価値創生コンソーシアム」です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エスキュービズム >
  3. 勉強会「外国人対応2.0~外国人がお客様や社員(店員)、取引相手になる時代~」2019年2月開催