保育士3,000人以上が受診!『キッズリー保育者ケア』の受診結果をキッズリー事業責任者が考察仕事の魅力/やりがいと成長の実感は保育士歴3年以上〜5年未満が最も高い

―保育士歴ごとに異なる仕事の魅力/やりがいと成長を実感する理由をご紹介―

『キッズリー保育者ケア』は、保育園・幼稚園で働く保育士が、日々やりがいを感じながら仕事を続けていくためのコンディション診断サービスです。約60問の質問項目から、保育士ひとりひとりの「大切にしている仕事の価値観」や「仕事上の不安要素」を明らかにし、保育士が自分らしく活き活きと働き続けることができるよう、また周囲と一緒に働きやすい環境をつくっていけるようサポートします。2017年4月に提供を開始して以来、『キッズリー保育者ケア』の受診者は3,000人を超えています。今回は保育士歴別に比較した受診結果をお伝えします。
■【受診結果の考察】キッズリー 事業責任者 森脇 潤一

保育士歴ごとに「保育士の仕事に魅力/やりがいを感じられている」、「仕事を通じて自分の成長を実感できている」という項目をみていくと、3年以上〜5年未満のptが最も高い結果となりました。保育士歴1年未満のptがともに一番低く、1年以上~3年未満、3年以上~5年未満となるにつれptが上昇し、5年以上~8年未満、8年以上~10年未満となるにつれptが減少します。保育士の皆さんが「やりがい」や「成長」を感じるのはどのような時か、聞いてみました。


・子どもたちが他の子の気持ちを考えられるようになったりして成長していくことが仕事の魅力(保育士歴3年目)
・子どもたちと接するとき1年目の時よりも慌てずに対応できていることに成長を感じている(保育士歴4年目)
・他の園の先生たちと会議をする際、育児方針など新しい気付きや発見があると成長したと感じる(保育士歴8年目)
・経験の浅い先生への指導方法を検討することはやりがいであり自身の成長の機会でもある(保育士歴10年以上)


 3年以上~5年未満の保育士はクラスを受け持つ主担任を務めているケースが多く、担当しているクラスの子どもとのコミュニケーションを通じて仕事の魅力/やりがいや成長を実感できているとうかがえます。保育士歴ごとに魅力/やりがいや成長を実感する理由はさまざまですが、どのような仕事内容や出来事にそれらを感じているのか、面談などを通じて個々のケアを行うことが重要です。ひいてはそれらが保育士の離職防止にもつながっていくと考えています。

 ■【受診結果の分析】保育士歴別 仕事の魅力/やりがいと成長の実感
 保育士歴別に仕事の魅力/やりがいと成長の実感における受診結果を抽出したところ、「保育士の仕事に魅力/やりがいを感じられている」という質問の回答結果では、3年以上~5年未満が最も高く平均3.95pt、1年未満が最も低く平均3.79ptとなりました。

 また、「仕事を通じて自分の成長を実感できている」という質問の回答結果でも、3年以上~5年未満が最も高く平均3.77pt、1年未満が最も低く平均3.65ptとなりました。

(ptは5段階評価で1「まったくそう思わない」~5「とてもそう思う」で記載)

■キッズリーからのお知らせ
社会福祉法人聖会が運営する福岡県と神奈川県の保育園16園に『キッズリー登降園管理システム』の導入が決定
 
2018年8月に社会福祉法人聖会(理事長:脇山 章平)の運営する保育園16園に『登降園管理システム』の導入が決定しました。同システムは登降園時間の管理・延長時間と料金計算・請求書発行などがデジタルで行え保育士の業務負荷軽減をサポートします。理事長の脇山 章平氏からは「今回の導入を機に保育者・園職員が働きやすいと感じる環境作りをより推進していきたい」と期待のコメントをいただいています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ >
  3. 保育士3,000人以上が受診!『キッズリー保育者ケア』の受診結果をキッズリー事業責任者が考察仕事の魅力/やりがいと成長の実感は保育士歴3年以上〜5年未満が最も高い