ヤマキ 国内4工場が国際規格「FSSC22000」取得

~食品安全の更なる強化を推進~

 ヤマキ株式会社(本社:愛媛県伊予市 代表取締役社長:城戸善浩 以下、当社)は、2020年3月19日、国内4工場において審査登録機関である日本能率協会審査登録センターより国際規格「FSSC22000」を取得いたしました。登録範囲は、認証取得した工場で製造する全ての製品が対象です。

【新たに認証取得した工場】
●愛媛事業所本社工場:愛媛県伊予市米湊1698-6
●愛媛事業所第二工場:愛媛県伊予市下三谷字明星田262-1
●群馬事業所:群馬県利根郡みなかみ町月夜野4000番地
●ヤマキ産業株式会社:愛媛県伊予市下吾川字北西原1966


 なお、当社の子会社であるヤマキフーズ株式会社(愛媛県伊予郡松前町大字大間235)は、既にFSSC22000認証を取得済みです。これに加えて、今回上記4工場が認証取得したことにより、当社グループの国内5工場が本認証を保有していることになります。
 当社では、これまでISO9001とHACCPに基づいた衛生管理による食品製造を行ってきました。今回のFSSC22000認証取得により、更なる食品安全の強化を推進してまいります。

 


■FSSC22000認証とは
「Food Safety System Certification」の頭文字を取った食品安全システム認証の国際規格。
ISO 22000をベースにより高水準の食品安全レベルを求める規格内容となっており、具体的な衛生管理の手法が追加されています。

■会社概要
社名   :ヤマキ株式会社
本社所在地:愛媛県伊予市米湊1698-6
資本金  :1億円
設立   :大正6年(1917年)4月
代表者  :代表取締役社長 城戸 善浩
事業内容 :削り節、風味調味料、液体調味料製品の製造・販売
売上高  :458億円(2020年3月期)
社員数  :705名(2020年4月現在)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヤマキ株式会社 >
  3. ヤマキ 国内4工場が国際規格「FSSC22000」取得