渋谷区、新宿区、豊島区のファミリーマート130店に、トイレの混雑抑止IoTサービス「VACAN AirKnock」を導入

株式会社バカン(本社:東京都千代田区、代表取締役:河野剛進、以下「バカン」)は、渋谷区、新宿区、豊島区のファミリーマート130店に、トイレ向け混雑可視化IoTサービス「VACAN Throne(バカン スローン)」及び「VACAN AirKnock(エアーノック、以下 AirKnock)」を、2021年7月12日より順次提供開始しました。


■トイレの長時間利用を検知し、より多くのお客様にご利用いただけるトイレへ
このたび新宿区、渋谷区、豊島区のファミリーマート店舗にて、トイレの混雑可視化IoTサービス「VACAN Throne」及び、トイレの長時間利用を検知するサービス「AirKnock」の導入が決定しました。

同サービスは、トイレの入退室をドアセンサーで検知し、滞在時間及び利用頻度を管理いたします。これにより、
一定時間以上のトイレ滞在の場合は、お客様の安全確認が可能になります(お客さまの個人情報を取得することは一切ございません)。

同社では、昨年から一部の店舗での実証実験をスタートさせており、実験の結果を踏まえ、導入を拡大することとなりました。

画像:AirKnockの仕組み画像:AirKnockの仕組み

■導入サービスについて
「VACAN Throne」
手のひらに収まる程度のセンサーを、場所を選ばず簡単に設置でき、トイレや会議室の空き情報をリアルタイムに可視化できます。検知した入退室の情報に関しては、デジタルサイネージやウェブサイト、アプリなどで確認ができ、商業施設やオフィスで多数ご利用いただいています。

「VACAN AirKnock」
VACAN Throneのオプション機能です。VACAN Throneで取得した混雑情報と利用時間を、個室内壁面に設置したタブレットに表示することができます。導入済みのオフィスでは、1個室あたり1日45分※のトイレ利用時間の削減効果が確認されています。
※利用削減時間は参考値であり、場所や環境によって変わります

同時にこれまで取得できていなかった、トイレ利用時間や頻度などのデータを取得することで、より効率的な清掃や備品管理などのオペレーションの構築が期待できます。また、長時間の利用をリアルタイムに検知し通知することで、急病人などの発生を早期に把握できます。

画像:AirKnockのイメージ画像:AirKnockのイメージ

■株式会社バカンについて
会社名:株式会社バカン
代表者:河野剛進
所在地:東京都千代田区永田町2−17−3 住友不動産永田町ビル2階
設立:2016年6月
URL:https://corp.vacan.com/
バカンは経済産業省が選定する官民による支援プログラムJ-Startup 2019選定企業です。IoT、AIを活用してあらゆる空席情報を収集し提供。レストラン街やカフェ、トイレ、観光地、避難所、投票所などあらゆる場所の空き状況をセンサーやカメラなどで検知し、デジタルサイネージやスマートフォンに配信するサービスを提供しています。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社バカン >
  3. 渋谷区、新宿区、豊島区のファミリーマート130店に、トイレの混雑抑止IoTサービス「VACAN AirKnock」を導入