神奈川県とeiicon companyが運営する「BAK NEW NORMAL PROJECT 2021」、新型コロナにより生じた社会課題を解決する8社のプロジェクトについて、採択決定!

~ビジネスアクセラレーターかながわ(BAK)主催。インキュベーション期間を経て、事業化を目指します。~

 日本最大級のオープンイノベーションプラットフォームAUBA(アウバ)を運営するeiicon company(所在地:東京都港区南青山、代表:中村 亜由子)は、同社が神奈川県より運用業務を受託している「ビジネスアクセラレーターかながわ(以下、BAK:バク)」にて実施中の、新型コロナにより生じた社会課題を解決する新たなインキュベーションプログラム「BAK NEW NORMAL PROJECT 2021(以下、本プログラム)< https://bak.eiicon.net/newnormal >」において、パートナー8社が募集するテーマを実現するプロジェクトを採択したことを発表いたします。

 eiicon companyは、BAKの今年度業務を神奈川県より受託。同県とともに、企画・設計・運用からPR戦略まで、BAKおよび本プログラムの運営全般を強力にサポートしてまいります。

 

神奈川県「BAK NEW NORMAL PROJECT 2021」神奈川県「BAK NEW NORMAL PROJECT 2021」


■「BAK NEW NORMAL PROJECT 2021」採択結果
 157件の応募
より、書類選考・プレゼンテーションなど厳選なる審査を経て、パートナー8社の募集テーマについてそれぞれ応募アイデアを採択いたしました。
 

 

アマノ株式会社 https://www.amano.co.jp/
テーマ:観光農園を自宅で楽しめるスマート農場の実現
採択社:株式会社Root https://root-farm.com/
提案プロジェクト名:「どこからでも畑を遊べる!スマート体験農園のプラットフォーム化」
プロジェクト概要:Rootが開発した「いつでもどこからでも畑を遊べる!スマート体験農園システム」に、農場ロボットのリモートコントロールなどの新機能を加えて、アマノの相模原農場においてリモート農業体験サービスの実証を行う。あわせて、このサービスを他農園にも提供できるプラットフォーム展開の可能性を検証する。

クックパッド株式会社 https://info.cookpad.com/
テーマ:日本の食卓を豊かにする「つくり手」と毎日の料理を楽しみにする
採択社:株式会社Agnavi https://agnavi.co.jp/
提案プロジェクト名:「日本酒の『つくり手』を応援しつつ、毎日の料理を楽しみにする共創プロジェクト」
プロジェクト概要:コンビニや駅、マンションなどに設置された「マートステーション」へ地域の生産者が販売する食材を1品から送料無料で注文できるサービスである、生鮮食品EC「クックパッドマート」の仕組みと、Agnaviが開発した一合180mLサイズの缶入り日本酒「ICHI-GO-CAN ®」による新しい消費体験を活用し、日本酒のつくり手と消費者を繋げ、両者の繋がりを活性化していくことに取り組んでいく。

株式会社資生堂 https://corp.shiseido.com/
テーマ:「心身のウェルネス」で自分らしい “健康美”の実現
採択社:エーテンラボ株式会社 https://a10lab.com/
提案プロジェクト名:「習慣化アプリ『みんチャレ』を活用した健康美に関する行動変容の評価」
プロジェクト概要:資生堂研究所のオープンイノベーションプログラムfibonaを通じて、資生堂が有する美に関する知見と、エーテンラボが有する行動変容・習慣化アプリ『みんチャレ』を活用し、美容という身近な行為を楽しく続けることによる前向きな気持ちの醸成を検証する。これによりWith/After コロナ時代における美容行為を通じた行動変容で自分らしい健康美を実現する。

株式会社湘南ベルマーレ https://www.bellmare.co.jp/
テーマ:withコロナ時代におけるサッカー観戦のアップデート
採択社:株式会社GATARI https://gatari.co.jp/
提案プロジェクト名:「WARM-UP」
プロジェクト概要:GATARIが開発したMixed Realityプラットフォーム「Auris」を活用し、平塚駅から湘南ベルマーレのホームスタジアムまでの道のりにおいて、ファンが楽しめる音声コンテンツをデジタル空間上に配置・保存し、試合に向けて気持ちを高める体験を提供する実証を行う。これにより、ARcloud技術とデジタルツインを活用した新たなサッカー観戦体験サービスの普及を目指す。

日揮ホールディングス株式会社 https://www.jgc.com/
テーマ:広大な敷地内における動的位置情報把握の仕組み
採択社:Cellid株式会社 https://cellid.com/
提案プロジェクト名:「SLAM技術による作業者の位置情報取得ソリューションの提供」
プロジェクト概要:Cellidが保有する、「カメラ映像から自己位置推定と周辺環境地図の同時作成を行う」SLAM 技術をウェアラブルカメラに実装し、日揮ホールディングスの広大なプラントにおける作業者の位置情報を可視化する実証実験を行う。これにより、省人化・密回避が可能となる効率的な現場管理を実現し、建設現場等におけるDXの推進を目指す。

日産自動車株式会社 http://www.nissan.co.jp/
テーマ:「脱・密」を目指した安心・安全な移動の提供
採択社:株式会社ピクセル http://www.pixel-inc.jp/
提案プロジェクト名:「ゲーミフィケーションによる楽しく安心安全な運転支援アプリ」
プロジェクト概要:コロナの影響で運転の苦手なドライバーでも運転が必要な場面が増えている。苦手な運転が楽しい運転に変わるゲーミフィケーションアプリの実証を行う。日産自動車の交通にまつわる知見をもとに、ピクセルが有するゲーム開発ノウハウや AI によるデータ分析技術を活用し、多くの方の安全運転に繋がる持続的なエコシステムの確立を目指す。

藤田観光株式会社(箱根小涌園ユネッサン) https://www.fujita-kanko.co.jp/
テーマ:Withコロナ時代における新たなレジャー施設への挑戦
採択社:株式会社New Ordinary https://new-ordinary.co.jp/
提案プロジェクト名:「回遊/施設内レコメンドMAPによる箱根全体の体験価値向上プロジェクト」
プロジェクト概要:New Ordinaryが開発した、AIがユーザーの趣味嗜好に合わせたおススメスポットを提案するアプリ「NOSPOT」を活用し、藤田観光が運営する観光施設「ユネッサン」を始めとした箱根の新しい回遊モデルプランを提案する実証を行う。これにより、将来的なMAAS連携による最適な移動手段の提案を含めた、箱根エリアにおける観光のDXを実現する。

富士フイルムビジネスイノベーション株式会社 https://www.fujifilm.com/fb/
テーマ:With/Afterコロナ時代の価値あるサードプレイスの創出
採択社:株式会社qutori https://qutori.jp/
提案プロジェクト名:「気軽に相談できる遠隔コミュニティボックスの開発」
プロジェクト概要:富士フイルムビジネスイノベーションが提供する個室型ワークブース「CocoDesk」とqutoriが有するコミニティマネージメントのノウハウを活用し、コロナ禍で相談機会が減少し、孤立化する大学生などを対象に、遠隔から様々な相談ができる環境を提供する実証を行う。これにより、将来的には企業で働く人も含め、場所の制約なく、様々なコミュニティに参加できる環境構築を目指す。

以上(パートナー企業名五十音順)


■「BAK」および「BAK NEW NORMAL PROJECT 2021」について
 神奈川県では、県内に拠点を持つ大企業と質の高いベンチャー企業による事業連携プロジェクトの創出と、オープンイノベーションに向けたコミュニティ形成を目的として、大企業・ベンチャー企業・研究機関・支援機関等に参画いただく協議会「BAK」を運営しています(参加企業301社:2021年8月時点)。BAKでは、企業が抱える課題や実現したいテーマに基づき、大企業等とベンチャー企業のマッチングを行い、事業化に向けた支援を行っています。
 インキュベーションプログラム「BAK NEW NORMAL PROJECT 2021」は、2021年6月より始動。パートナー企業8社(アマノ株式会社、クックパッド株式会社、株式会社資生堂、株式会社湘南ベルマーレ、日揮ホールディングス株式会社、日産自動車株式会社、藤田観光株式会社、富士フイルムビジネスイノベーション株式会社)各社より掲示された、新型コロナにより生じた社会課題の解決に取り組むベンチャー企業の公募を行ってまいりました。

■「BAK NEW NORMAL PROJECT 2021」今後の展望
 神奈川県およびBAKによる支援 ※ 、および各社とのインキュベーション、2022年2月開催の「BAK DAY(成果発表イベント)」を経て、共創による事業化を目指します。

※採択プロジェクトへの支援内容
・開発・実証に係る支援金の提供(最大1000万円)
・コンサルタントによる助言・調整
・実証実施に向けた調整
・プロモーション活動支援 など


■参考情報
県内に拠点を持つ8社と連携し、新型コロナによる課題解決に取り組むベンチャーを募集します
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/sr4/bak/2021/venture.html
オープンイノベーションプログラム“ビジネスアクセラレーターかながわ(BAK)”について
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/sr4/cnt/f537611/BAK01.html
「ビジネスアクセラレーターかながわ(BAK)」運用業務を eiicon companyが受託 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000151.000037194.html


■eiicon company 概要
eiicon companyは、「オープンイノベーション※」にチャレンジするすべての企業に対し、その取り組みを加速させる支援を実施しています。
名 称:eiicon company (エイコンカンパニー) https://corp.eiicon.net/
代 表:中村 亜由子
所 在 地:〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
事業内容:オープンイノベーションプラットフォーム「AUBA」の運営、イベント企画・支援サービス、ソーシングサービスなど
電話番号:03-6370-8360(代表)
メールアドレス:info@eiicon.net


■運営会社
社名:パーソルイノベーション株式会社
本社所在地:〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
資本金:5,500万円
代表者:代表取締役社長 長井 利仁
事業内容:新規事業創造・オープンイノベーション推進、グループ会社の経営計画・管理並びにそれに付帯する業務


※オープンイノベーション:
2003年(米)ヘンリー W. チェスブロウが提唱した、「企業内部と外部メディア・技術を組み合わせることで、革新的な新しい価値を創り出す」イノベーション方法論。社内の資源に頼るばかりでなく、社外との連携を積極的に取り入れるべきであるという主張の方法です。 
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. eiicon company >
  3. 神奈川県とeiicon companyが運営する「BAK NEW NORMAL PROJECT 2021」、新型コロナにより生じた社会課題を解決する8社のプロジェクトについて、採択決定!