【秋冬限定】偏りがちなお昼の献立に、フライパンひとつの新発見!「煮込みラーメン® ちゃんぽん風」 発売

おうちランチはフライパンで煮込みラーメン!!

 株式会社 永谷園(社長:五十嵐 仁、東京都港区)は、鍋で野菜や肉と一緒に煮込んで作るラーメン「煮込みラーメン しょうゆ味」、「同 みそ味」、「同 コクうま鶏塩ちゃんこ風」に加え、「煮込みラーメン ちゃんぽん風」(税抜368円)を北海道・北東北地区(青森、秋田、岩手)で2020年8月3日(月)、その他の地域では2020年8月17日(月)より発売いたします。
  • 野菜と麺との相性ばっちり!ちゃんぽん風が今季限定で登場!
  • おうちランチはメニューがマンネリになりがち…“煮込みラーメン×フライパン”で悩みを解決
 

煮込みラーメン ちゃんぽん風煮込みラーメン ちゃんぽん風

 

◇開発経緯
 「煮込みラーメン®」は鍋料理のように “野菜がたっぷり食べられる”、“家族団らんの場ができる”というコンセプトが支持され、2003年の再発売以来、秋冬の定番商品として幅広い世代のお客様にご好評をいただいております。
 今回はどの世代からも人気の高い長崎ちゃんぽんをイメージした“ちゃんぽん風”が仲間入り。豚と魚のうまみが溶け込んだスープで、シーフードミックスを用意しなくても魚介の味わいをお楽しみいただけます。
 これまでにない味わいの本商品を発売することで、鍋市場の更なる活性化を図ってまいります。

◇フライパンひとつで手軽に作れるので、「ちゃんぽん風」はおうちランチにもおすすめ

調理例調理例

 「メニューがマンネリになりがち」「簡単・時短」「子どもがよろこぶ」など、悩みがちになるのがおうちランチのメニュー。本商品は、①具材を切って煮込むだけ、②フライパンでも調理が可能※1,2、③野菜がたくさん摂れる、④麺好きのお子さまもうれしいメニューなので、実は夜だけでなく、お昼にお召し上がりいただくのもおすすめです。
※1 直径26cm以上のフライパンを使用してください。
※2 調理例は2人前のものです。一度に4人前は作れません。 

◇商品特長
・生麺を2日かけてじっくり乾燥させて作った“煮込んでも伸びにくい麺”と調味ソースがセットになったラーメンです。
・鍋料理のようにご家庭で用意した野菜や肉と、本商品を鍋で煮込んで作る手軽な調理法です。
・各メニュー(※「ちゃんぽん風」除く)の天面にアレンジメニューを掲載し、入れる野菜や具材を変えるだけで幅広くお楽しみいただける本シリーズの特長をお伝えしています。

【ちゃんぽん風】
・豚と魚のうまみが溶け込んだ白濁したスープが特徴です。
・豚バラ肉、キャベツ、長ねぎ、玉ねぎ、にんじんがおすすめの具材です。シーフードミックス、かまぼこ、コーンなどを入れてもお楽しみいただけます。
 

煮込みラーメン しょうゆ味、同 みそ味、同 コクうま鶏塩ちゃんこ風煮込みラーメン しょうゆ味、同 みそ味、同 コクうま鶏塩ちゃんこ風

【しょうゆ味】
・かくし味に魚介系の風味を効かせ、醤油の旨みを活かしています。
・もやしときのこで作る「スタミナ煮込みラーメン」もおすすめです。

【みそ味】
・数種の味噌や豆板醤などをブレンドした深みのある濃厚なみそ味です。
・もやしときのこで作る「味噌バター煮込みラーメン」もおすすめです。

【コクうま鶏塩ちゃんこ風】
・鶏ベースのスープにほたての旨味を加えた、まろやかで深い味わいです。
・もやしとニラで作る「もつ鍋風煮込みラーメン」もおすすめです。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社永谷園ホールディングス >
  3. 【秋冬限定】偏りがちなお昼の献立に、フライパンひとつの新発見!「煮込みラーメン® ちゃんぽん風」 発売