不動産事業の拡大に向け、新商業施設を開発ーBINO銀座(ビーノギンザ)2017年12月7日(木)第一期オープン

シリーズ化を視野に、第一弾として旧松坂屋銀座店別館をリノベーション! 

 
 大丸松坂屋百貨店の不動産事業部は、J.フロントリテイリンググループが推進する「アーバンドミナント戦略※」を迅速かつ確実に実行していくため、2016年秋に新設されました。遊休資産も含めた自社不動産の活性化と有効活用に取り組み、本年4月には松坂屋銀座店跡地を含む2街区を一体開発した「GINZA SIX」、今月4日には松坂屋上野店南館跡地に複合商業施設「上野フロンティアタワー」を開業するなど、着実に不動産事業を拡大させています。
 そして今回、旧松坂屋銀座店別館をリノベーションし、「ビューティー&ヘルス」をキーワードとした新たな商業施設(地下2階~6階)に生まれ変わらせました。
 銀座エリア周辺の居住者・働く女性、銀座を訪れる母娘2世代に向け、レストラン・カフェ、エステ、フィットネスなど、女性の美しさを“中から”も“外から”もサポートするショップ・施設を中心に誘致いたしました。
12月7日(木)、「BINO銀座(ビーノギンザ)」が誕生します!
 不動産事業部では、本件以外にもJ.フロントリテイリンググループの既存店舗周辺に商業施設の開発を計画しており、本件と同じコンセプト、規模の施設は「BINO」の名称で展開していく予定です。


<コンセプト>
ココロとカラダの「キレイ」を発信する商業施設

ロゴには、長くお客様に愛される館になりたいとの願いから、時代に 流されないシンプルなフォントを採用。シンプルでありながら『N』には、“Inside”と“Out”をつなぐ重要な接続詞としてポイントを。 ロゴには、長くお客様に愛される館になりたいとの願いから、時代に 流されないシンプルなフォントを採用。シンプルでありながら『N』には、“Inside”と“Out”をつなぐ重要な接続詞としてポイントを。


<施設名称>
BINO銀座 (ビーノギンザ) Beauty Inside anOut
“Inside”だけでもなく、“Out”だけでもない…
両面から追求する美しさ。
女性の美しさを“中から”“外から”サポートできる館。
そんな館を目指し、ビューティー&ヘルスのコンセプトを
親しみやすい語感で表現。



 

外観イメージ外観イメージ

<施設概要>
 
【住所】〒104-0061東京都中央区銀座5-8-9  

【敷地面積】596.26㎡(180.36坪)

【建築構造】SRC造(耐火)地下2階地上6階建
 
【営業時間】各店舗営業時間に準ずる
 
【休業日】各店舗休業日に準ずる
 






<第一期(12月7日)オープンのショップ・施設>

 

 


※J.フロントリテイリングのアーバンドミナント戦略
 J.フロント リテイリングは、店舗を核にエリアの魅力を最大化し、地域とともに成長する「アーバンドミナント戦略」の取り組みを進めています。
 当社グループは、大丸、松坂屋、パルコなど、日本全国の大都市都心に店舗資産をバランス良く保有するとともに、優良な顧客資産を有していることが強みです。今後、都市部への人口集中が続くことが予想される中、これらの資産を相互に有効活用することで、グループとして都市部におけるドミナントを形成することを目指しています。この取り組みにより、地域に新たな賑わいを創出するとともに、中期的な資産価値向上と不動産の収益化を図ります。
 大丸松坂屋百貨店に新設した不動産事業部とパルコの不動産事業部との連携強化を図るとともに、GINZA SIX(2017.4開業)、上野フロンティアタワー(2017.11開業)など新たな商業施設の開発と賃貸借面積の拡大により、不動産事業をグループセグメントの柱として強化していきます。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 大丸松坂屋百貨店 >
  3. 不動産事業の拡大に向け、新商業施設を開発ーBINO銀座(ビーノギンザ)2017年12月7日(木)第一期オープン