【7月16日(金)16:00~】店舗事業者向けLINE活用を推進するマーケティングツールに出会えるオンラインピッチイベント開催

「Auto Line」「KUZEN」「COMSBI」「anybot」「AURA」「WazzUp!」「ReachLine」が参加。7社のLINE活用ツールを1時間でご紹介します。

 地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長支援をデジタルマーケティング領域で展開するソウルドアウト株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役会長CGO:荻原 猛)の連結子会社であるSO Technologies株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役:山家 秀一、以下SOT)は、2021年7月16日(金)に、店舗事業者向け「LINE活用を加速させるマーケティングツールに出会えるセールスピッチ」を開催します。

  • セミナー開催の背景

 新型コロナウイルス感染症の拡大によって、多くの人々の外出機会が減り、働き方がオンライン主体に変化するなどの行動変容が起こりました。店舗事業者も、こうしたユーザーの行動変容に対応していく必要があり、ソーシャルメディアの強化やオンライン予約システムの導入、ECサイトの開始など、顧客接点をデジタル化させる取り組みが増えています。

中でもソーシャルメディアに関しては、4,069人が回答した調査によると、34%のユーザーが「コロナ前と比較してSNSを利用する時間が増えた」と回答しており、これまで通りの時間利用するユーザーを含めると、約90%にのぼります。(※1)

また、同調査では「利用する頻度が最も高いSNS」の最多が「LINE」で38%となっています。店舗事業者が顧客接点のデジタル化を進めていくにあたって、ユーザーの滞在時間が増えているソーシャルメディアの活用推進は重要な施策ですが、特に、日本人口の70%以上となる月間8,800万人以上(※2)が利用する「LINE」の活用は、リピート来店や成約に繋げていくために、非常に重要度の高い取り組みです。

店舗事業者を含む企業が、LINEユーザーに直接メッセージを送信することのできる「LINE公式アカウント」は、無料で開設できて自由度が高い一方で、こだわって運用するためにはノウハウや作業負担が発生します。店舗運営という本業がある店舗事業者にとっては、LINEを活用するためのマーケティングツールを利用していくことで、成果に繋げやすくなります。

本イベントは、店舗集客支援サービス『ライクル』を展開するSOTが主催する、オンラインセールスピッチイベントです。マーケティングツールを検討するにあたって、「興味はあるけれど営業は受けたくない」「多数のツールを比較したいが、毎回ウェビナーに参加する時間の余裕はない」といった課題をお持ちの店舗事業者に向けて、7社のLINE活用のマーケティングツールを1時間でご紹介します。

一度に多様なソリューションを比較検討できる機会となりますので、ぜひご参加ください。

※1 アライドアーキテクツ株式会社 新型コロナウイルス感染症拡大以降の「新しい生活様式」における、消費者のSNS利用実態調査より引用:https://service.aainc.co.jp/product/echoes/voices/0033
※2 平成31年2月1日時点 LINE株式会社調べ
 

  • お申込みフォーム

https://lp.so-tech.co.jp/lycle20210716
 

  • セールスピッチ 参加サービス一覧
プログラムタイトル 登壇者
これからの友だちへ届ける
LINEからはじめるデジタル接点


LINE通知メッセージの配信ツール「ReachLine」
ソウルドアウト株式会社
マーケティングカンパニー
執行役員COO
浅見 剛
パーソナライズ化した配信で顧客体験を向上!
LINEを活かした実店舗の売上UP術も公開!


LINE特化型マーケティングオートメーション「Auto Line」
株式会社TimeTechnologies
Auto Line事業部
アカウントエグゼクティブ
米田 圭佑 氏
LINEを効率的かつ成果に繋がる構築・運用ノウハウをご紹介

ノーコードAIチャットボット「KUZEN」
株式会社コンシェルジュ
Account Executive
石原 賢悟 氏
データを活用したLINEコミュニケーションにおけるユーザ体験構築事例のご紹介

LINECRM・ミニアプリプラットフォーム「COMSBI」
株式会社ソニックムーブ
取締役ソリューション事業部長
関口 篤史 氏
自社に合った自動接客・データ活用をノーコードで短時間/低コストで実現

LINE/Messenger/電話/メールを統合した自動接客オムニチャネル「anybot」
エボラニ株式会社
シニアコンサルタント
太田 智 氏
LINE活用で反応率7倍!
効果的なBtoCマーケティング手法とは?


LINEを効果的に活用するマーケティングツール「AURA」
Micoworks株式会社
AURA事業部
セールスリーダー
林 真生 氏
人気ブランドで進むLINE配信の自動化!
一切手間をかけずに経由売上を数倍にしたLINE活用術


LINEのセグメント配信ツール「WazzUp!」
株式会社ファナティック
代表取締役
野田 大介 氏
 
  • セミナー概要

タイトル:店舗事業者のLINE活用を加速させるマーケティングツールに出会えるセールスピッチ
開催日:2021年7月16日(金)16:00~17:00
会場:オンライン開催(Zoomウェビナー)
※お申し込みフォームでご入力いただいたメールアドレス宛に、後日Zoomの配信URLをご連絡いたします。
対象:LINE活用を検討されている店舗事業者様
参加費:無料
定員:なし
※セミナー申込者多数の場合、先着順になる可能性がございます。
主催:SO Technologies株式会社
個人情報の取扱いについて:お申込みページにてご確認ください。
お申込みフォーム:https://lp.so-tech.co.jp/lycle20210716

※登壇企業の競合にあたる会社は参加をお断りする場合がございます。
※LINEは、LINE株式会社の商標または登録商標です。
※登壇企業名およびサービス名称は、各提供元企業の商標または登録商標です。


■SO Techonologiesとは
SO Technologiesは、「“稼ぐ力”をこの国のすみずみまで。」をミッションに掲げ、「日本中、どこでも、だれでも、カンタンに、その情熱を稼ぐ力に変えるデジタル集客プラットフォームを創る。」のビジョンに向かい、サービスの開発・提供をしています。
提供サービスは店舗集客支援サービス『ライクル』、運用型広告の統合管理プラットフォーム『ATOM』、広告運用代行サービス『CUSTA』、デジタルマーケティング専門人材育成サービス『ジッセン!』など。

■SO Technologies株式会社 概要
会社名:SO Technologies株式会社
東京本社:〒112-0004 東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル19F
名古屋オフィス:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-19-19 広小路センタープレイス2F
沖縄オフィス:〒901-2223 沖縄県宜野湾市大山7-10-25 プロト宜野湾ビル3F
代表者:代表取締役 山家 秀一
設立:2013年4月2日(社名変更:2019年7月1日)
HP:https://www.so-tech.co.jp

■ソウルドアウト株式会社 概要
会社名:ソウルドアウト株式会社
本社:〒112-0004 東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル19F
代表者:代表取締役会長CGO 荻原 猛
設立:2009年12月16日
HP:https://www.sold-out.co.jp/

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソウルドアウト株式会社 >
  3. 【7月16日(金)16:00~】店舗事業者向けLINE活用を推進するマーケティングツールに出会えるオンラインピッチイベント開催