エウレカ、「Pairs少子化・未婚化白書」第二弾(2022年版)を発表 〜少子化の背景にある未婚化と交際しない現代人の問題を検証〜

国内最大級(※1)の恋活・婚活マッチングアプリ「Pairs」(ペアーズ)を運営する株式会社エウレカ(本社:東京都港区、代表取締役CEO:石橋準也)は、少子化・未婚化課題に関する調査研究の集大成として、2020年に続き、このたび「Pairs少子化・未婚化白書」第二弾(2022年版)を発行したことをお知らせします。(※1出典:data.ai 2021年1月~12月)
本白書には、主に2020年〜2022年のエウレカの調査研究や、親会社であるMatch Groupの国際比較の調査研究等から得られたデータや知見を収録しています。折しも本白書の発行と時を同じくして、2022年9月、5年ごとに実施される政府統計「出生動向基本調査」の最新の結果が発表され、1940年からの調査開始以来、恋人や配偶者との出会いの選択肢に初めて「ネット(インターネット)で」が追加され、「SNSやマッチングアプリといったインターネットサービスを利用して知り合った夫婦が最近の結婚の13.6%を占める」とハイライトされました。こうした最新のデータも交えながら、特に2022年版「少子化・未婚化白書」では、少子化・未婚化の一歩手前の課題である「交際しない」現代人の傾向に焦点を当て、マッチングアプリが貢献できる領域を含めて、交際への第一歩を踏み出すための新たな「出会い」の必要性についてデータ分析の結果をもとに提案しています。
この白書が少子化・未婚化の解消への一助になることを願っています。
 

「Pairs少子化・未婚化白書」目次
■少子化・未婚化白書の作成にあたって
■前書き:なぜ日本の人口減少は止まらないのか
天野馨南子氏(株式会社ニッセイ基礎研究所 人口動態シニアリサーチャー)
■第一章:日本の恋愛・結婚問題の概況
■第二章:結婚・婚活サービス業界の発展
■第三章:恋愛促進と結婚支援を取り巻く官・民の役割と実績
■第四章:これからの展望
河合雅司氏(一般社団法人人口減少対策総合研究所 理事長)
白河桃子氏(相模女子大学大学院特任教授 ジャーナリスト)
■終わりに

「Pairs少子化・未婚化白書」(2022年版)は、こちらよりご覧いただけます。
https://eure.jp/public/challenge/pairs/hakusho20220930.pdf

Pairsについて
2022年10⽉でサービス開始10周年を迎える、日本で最も使われている※1恋活・婚活マッチングアプリです。豊富な検索機能と15万件を超えるコミュニティを通じて、条件や趣味・価値観の合う理想のお相⼿とつながれることが特長です。24時間365日オペレーターが待機し、公的身分証明書の確認、お問い合わせ、パトロール監視に対応のうえ、業界で最も高い安心・安全基準を設けており、安⼼かつ安全に会員同⼠が交流することができます。2013年10⽉、台湾版Pairs『派愛族』リリース。2017年9⽉、韓国版Pairs『페어즈』リリース。2022年4月、累計登録数2,000万突破※2。
※1 MMD研究所「2021年マッチングサービス ・アプリの利⽤実態調査」 (2021年9月時点)
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1999.html
※2 2012年のサービス開始以来の累計登録数。2022年4月時点
https://www.pairs.lv/
対応端末:iPhone/Android
対応⾔語:⽇本語、繁体字中国語、韓国語
サービス地域:⽇本、台湾、韓国
サービス開始⽇:2012年10⽉
価格:ダウンロード無料
開発・運営:株式会社エウレカ
App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id583376064
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.eure.android.pairs

株式会社エウレカについて
エウレカは、”人生に「あってよかった」と思ってもらえるものを。”をミッションとし、
「かけがえのない人との出会いを生み出し、日本、アジアにデーティングサービス文化を定着させる。」をビジョンに掲げ、日本で最も使われている※1恋活・婚活マッチングアプリ「Pairs」を展開しています。
内閣府調査※3によると20~30代未婚者の約8割が結婚を希望する一方で、職場など生活の身近なところで出会う機会が減少し、未婚化・少子化が進行しています。そのような中、マッチングアプリは新しい出会いの方法として受け入れられ、急速に市場拡大しています。
エウレカは2015年よりマッチングアプリで世界最大のシェアを獲得している米Match Groupに参画し、グローバルな知見を活かして国内の未婚化・少子化解決に寄与すべく事業を推進しています。
また、すでにサービスを展開している日本・台湾・韓国以外のアジア各地域にもサービスを広げ、更なるグローバルでのシェア拡大を目指しています。
※3 平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」報告書
https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/research/h26/zentai-pdf/index.html

<会社概要>
所在地:〒108-0073 東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル 4階
代表者:代表取締役CEO 石橋準也
設立日:2008年11月20日
事業内容:恋活・婚活マッチングアプリ「Pairs」
関連会社:Match Group(米国)
https://eure.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エウレカ >
  3. エウレカ、「Pairs少子化・未婚化白書」第二弾(2022年版)を発表 〜少子化の背景にある未婚化と交際しない現代人の問題を検証〜