ゲームの祭典「闘会議2017」ゲーム音楽ステージに協賛 エレクトーンによるゲーム音楽のライブを開催

2017年2月11日(土)~12日(日)、幕張メッセ

株式会社ヤマハミュージックジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林和徳)は、2017年2月11日(土)~12日(日)に開催されるゲームのイベント「闘会議2017」(主催:niconico)の「ゲーム音楽ステージ」に協賛し、会期中同ステージにて、エレクトーンでゲーム音楽のライブを行います。


「闘会議」は、デジタルからアナログまで多種多様のゲームが揃う、日本最大級のユーザー参加型ゲームイベントです。初開催の2015年は、来場者約35,800人、ネット視聴者約5,746,300人を記録し、2016年は来場者約47,600人、ネット視聴者約6,878,300人に増加。動画サービス「niconico」のゲーム実況者が登場する「ゲーム実況ステージ」や、全国の予選を勝ち抜いたトッププレーヤーによる試合が観戦できる「ゲーム大会ステージ」を中心に大きな盛り上がりを見せました。

「ゲーム音楽ステージ」は2016年に新設され、ニコニコユーザーやプロの奏者、著名なゲーム音楽作曲家による演奏などゲーム音楽を楽しめるステージを展開、「niconico」で配信された生放送の視聴者数は2日間で約480,000人に上りました。

当社では今回、昨年に引き続き「ゲーム音楽ステージ」に協賛し、エレクトーンによるゲーム音楽のライブを各日開催するほか、エレクトーンを自由に演奏できる体験コーナーを展開します。また、ライブ配信サービス「ニコニコ生放送」のゲーム番組「闘会議TV」(平日毎日放送)では1月下旬より、エレクトーンでゲーム音楽を演奏する動画が配信されます。

ゲーム音楽は、オーケストラによるコンサートが開催されたり、CDが発売されたりするなど、ゲームのプレイが伴わなくとも楽しまれている音楽です。また、幅広く豊かに音楽を表現することができるエレクトーンとの親和性が高く、数々のゲーム音楽がエレクトーン用にアレンジされ、演奏されています。「ゲーム音楽ステージ」を通じ、より多くの方々に演奏することの楽しさ、そしてエレクトーンの魅力をご紹介したいと考えています。

​<闘会議2017開催概要>
■日時
2017年2月11日(土)10:00~18:00
2017年2月12日(日)10:00~17:00

■会場
幕張メッセ国際展示場1、4~8ホール(2〜3ホール/JAEPO2017)
※JAEPO2017との合同開催

▼「闘会議2017」公式サイト
http://tokaigi.jp/2017/?nrd=021071

<ゲーム音楽ステージの主な出演者>
秋葉原区立すいそうがく団!(アニメ・ゲーム音楽を演奏する吹奏楽団)
TEKARU feat. Kenji Nakajo、ChacaPoco(ゲーム音楽制作会社ノイジークローク所属の作曲家)
岡部啓一(ゲーム「鉄拳」シリーズ、「ニーア ゲシュタルト」「ニーア レプリカント」「ニーア オートマタ」の音楽を作曲)
FreQuency(株式会社フロム・ソフトウェア所属の作曲家)
目黒将司(株式会社アトラス所属、ゲーム「ペルソナ」シリーズ、「メガテン」シリーズの音楽を作曲)
小林秀聡(株式会社セガゲームス所属、ゲーム「ファンタシースターオンライン」シリーズの音楽を作曲)
高田雅史(ゲーム「ダンガンロンパ」シリーズの音楽を作曲)

<闘会議TV>
「闘会議2017」当日まで毎日放送中。1月下旬よりゲーム音楽をエレクトーンで演奏する動画が配信されます。
▼「闘会議TV」公式サイト
http://tokaigi.jp/tv/?nrd=021071
 


ヤマハエレクトーンWebサイトでは「闘会議2017」におけるエレクトーン出展情報をご覧いただけます。
▼ヤマハエレクトーンWebサイト「闘会議2017」
http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/keyboards/el-organs/tokaigi/?nrd=021071

本件に関する一般の方のお問合せ先
株式会社ヤマハミュージックジャパン 楽器営業本部 マーケティング部 エレクトーン課
TEL:03-5488-5443(月~金 10:00~17:00 ※祝祭日・弊社指定休業日を除く)

●プレスリリースファイル https://prtimes.jp/a/?f=d10414-20170120-2073.pdf
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヤマハミュージックジャパン >
  3. ゲームの祭典「闘会議2017」ゲーム音楽ステージに協賛 エレクトーンによるゲーム音楽のライブを開催