【AUBA × 日本郵便】通年応募型(郵便・物流/新規)・期間限定プログラム型(金融)『JAPAN POST INNOVATION PROGRAM 2021』始動!

全国約24,000の郵便局、約40万人の社員など、多様なリソースを提供。計3つの募集テーマでパートナー企業の募集を開始。2021年9月27日より。

 eiicon company(所在地:東京都港区南青山、代表:中村 亜由子)が運営する日本最大級のオープンイノベーションプラットフォームAUBA(アウバ、以下「AUBA」)は、2021年9月27日(月)より、日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 衣川 和秀、以下「日本郵便」)と共に、『JAPAN POST INNOVATION PROGRAM 2021(ジャパン ポスト イノベーション プログラム 2021、以下「本プログラム」)』の始動、ならびに同日より、通年、および期間限定にて共創パートナー企業の募集を開始することをお知らせいたします。< https://eiicon.net/about/jp-ip2021-2022/
 eiicon companyは、日本郵便とともに本プログラムを運営。専用Webサイトの設置・運用やPR戦略構築など、強力にサポートしてまいります。

AUBA × 日本郵便『JAPAN POST INNOVATION PROGRAM 2021』AUBA × 日本郵便『JAPAN POST INNOVATION PROGRAM 2021』


~150年の、その先へ。郵便局の存在価値を再定義するプログラム。~
AUBA × 日本郵便『JAPAN POST INNOVATION PROGRAM 2021』について


 日本全国津々浦々に張り巡らされた郵便局ネットワークと郵便・物流網を通じ、約150年にわたり、地域・社会の暮らしを支えるユニバーサルサービスを提供し続けてきた日本郵便。
一方、コロナ禍を契機にあらゆるサービスのデジタル化が加速されるなど、かつてない大きさと速さで、社会環境は変化しています。

 日本郵便は、このような変化に適応し、日常的にアクセスできるリアルの顧客体験を強みに新たな社会のインフラへと進化することで、これからもすべてのお客さまの暮らしを支え続けていきます。
そしてこの想いに共感し、共に価値を創造するパートナーを必要としています。

 これまで過去4回にわたり郵便・物流をテーマに実施してきたプログラムでは、AI活用による配達ルートの最適化を200超の郵便局で試行導入するなど、複数の共創事例を生み出してきましたが、さらに幅広いテーマで共創を目指します。
2021年は、これまでと同様に、郵便・物流網再構築への挑戦を続けつつ、新たに郵便局の金融分野でも、顧客体験の刷新を通じてお客さまの多様なニーズに応えるとともに、社会課題の解決につながる価値の共創に取り組みます。

 日本郵便の多様なリソースとスタートアップの皆さまのテクノロジーやアイデアをかけ合わせることで、お客さまと社会を支える新たなインフラを共に創っていきましょう。

 皆さまからのご提案をお待ちしております。


□『JAPAN POST INNOVATION PROGRAM 2021』募集テーマ
 通年応募型(郵便・物流/新規)・期間限定プログラム型(金融)にて、下記3つのテーマに取り組みたいと考えております。
テーマ1:郵便・物流(通年応募)
弾力的かつオープンな郵便・物流網の再構築

労働人口が減少する中、コロナ禍でのEC需要の高まりなどにより、荷物量は増加の一途をたどっており、物流リソース・コストの最適化が大きな課題となっています。
先進的な技術を積極的に取り入れ、郵便物や荷物の宛て地情報等のデータ化、人や車両の配置の最適化や作業の機械化・標準化等を図り、オープンかつ安全で安定した郵便・物流網の再構築に挑戦します。

<求めるパートナーとの共創例>
・差出情報のデジタル化により郵便物や荷物の量を可視化
・人間拡張技術等を活用した効率的なオペレーション構築
・弾力的でオープンな郵便・物流網再構築への挑戦 など

<日本郵便の提供可能なリソース>
・全国62か所の大規模ハブ郵便局、約12万台の車両、
 数十万台のパレット等のアセット
・日々蓄積されている多種多様なサプライチェーンデータ など

 

テーマ2:新規(通年応募)
社会課題の解決につながる新たな価値の創出

今の日本は、人口減少や高齢化の進行に伴う経済の縮小、地域コミュニティの希薄化など、深刻な社会課題に直面しています。一方で全国約24,000の郵便局と約40万人の社員は、約150年にわたり社会の発展やお客さまの生活を支えてきました。私たちは、郵便局という社会インフラを活用して今日の社会課題と向き合い、誰もが安全・安心に豊かな生活を送ることができる社会の持続に貢献します。

<求めるパートナーとの共創例>
・郵便局の顧客接点を活用した新たなデジタルサービス
・地域課題を解決するコミュニティやつながりの創出
・郵便局のリソースを活用した、既存事業にとどまらないサービス など

<日本郵便の提供可能なリソース>
・全国約24,000の郵便局や顧客接点、約40万人の社員及びそのネットワーク
・その他社宅跡地の遊休地、約12万台の車両  など

 

テーマ3:金融
(期間限定応募:早期応募締切2021年10月22日(金)、最終応募締切2021年11月26日(金))
DXを活用したお客さまの体験価値の向上

多様化する顧客ニーズに対応し、郵便局のイメージを刷新する金融サービスの創出・提供を目指します。
時間や場所の制約を受けない顧客コミュニケーション、顧客情報のデータ化や可視化の実現により、お客さま1人ひとりのニーズに最適化されたソリューションや顧客体験を実現します。
またデジタル化の余地が大きい郵便局の窓口業務の効率化を図り、お客さまサービスの向上につなげていきます。

<求めるパートナーとの共創例>
・新たな顧客コミュニケーションの創造
・データを基にした最適な顧客体験
・郵便局の窓口業務のデジタル化 など

<日本郵便の提供可能なリソース>
・全国約24,000の郵便局ネットワーク、
 ゆうちょ銀行およびかんぽ生命と連携した実証実験フィールドの提供 など


 

□『JAPAN POST INNOVATION PROGRAM 2021』スケジュール
<通年応募(郵便・物流/新規)>
2021年9月27日
 エントリー開始
  エントリーは通年で受け付けます。
エントリーの翌月末日まで
 書類選考
  共創の可能性について日本郵便にて検討の上、
  エントリーをいただいた翌月末日を目途に審査結果をご連絡いたします。
 面談選考
  シナジーを期待できる部署とマッチングし、面談審査を実施します。
  面談10日後を目途に審査結果をご連絡いたします。
(審査通過後)
 担当部署とのキックオフ
 ブラッシュアップ期間
  担当部署とのディスカッション・現場へのヒアリングなどを行い、
  共創ビジネスプランのブラッシュアップを実施します。
3か月ごとに実施予定
 スタートアップ×担当部署によるプレゼンテーション
  3か月ごとにチェックゲートを設け、
  実証実験の実施可否、実証実験にかかる費用の予算化を決定します。
 実証実験
 事業化検討
  実証実験の結果を踏まえ、事業化に向けた検討を進める他、
  必要に応じグループ会社等からの出資検討を行います。

 

<期間限定応募(金融)>
2021年9月27日
 エントリー開始
2021年10月22日
 早期応募締切
  早期応募締切までにエントリーをされた方には、
  フィードバックをさせていただく可能性がございます
2021年11月26日
 最終応募締切
  応募締切後、書類選考・面談選考。
2022年2月に採択企業決定の上、事業化に向けた実証実験・インキュベーションを実施予定。

 

□応募資格
・法人登記がなされていること
・プロダクトやサービスをお持ちであること

□応募条件
・募集テーマに該当するプランであること
・応募企業、日本郵便の両社にとって新たな協業に繋がるプランであること
・応募プランは新規性があり、かつ実現性があること


■AUBA × 日本郵便『JAPAN POST INNOVATION PROGRAM 2021』
https://eiicon.net/about/jp-ip2021-2022/



■日本郵便 概要 https://www.post.japanpost.jp
社名:日本郵便株式会社
本社所在地:〒100-8792 東京都千代田区大手町二丁目3番1号
資本金:  4,000億円
代表者:  代表取締役社長 衣川 和秀
事業内容:
郵便業務、銀行窓口業務、保険窓口業務、印紙の売りさばき、地方公共団体からの受託業務、前記以外の銀行業、生命保険業および損害保険業の代理業務、国内・国際物流業、ロジスティクス事業、不動産業、物販業など


■eiicon company 概要
eiicon companyは、「オープンイノベーション※」にチャレンジするすべての企業に対し、その取り組みを加速させる支援を実施しています。
1)「AUBA」:  https://auba.eiicon.net/ 「価値ある出会いが未来を創る」をテーマに、オープンイノベーションのパートナーを探すことができる、ビジネスマッチングプラットフォーム。登録数19,000社。課題・事業成長に必要なリソースなど自社情報を登録、相互に発信し、企業の新たなつながりを実現します。
2)「TOMORUBA」: https://tomoruba.eiicon.net/ 事業を創るビジネスパーソンのための“事業を活性化するメディア”。全国各地あらゆる業界のスタートアップ・中小企業・大手企業から地方自治体・大学まで、資金調達・資金提供・共同研究などの様々な情報や事業を創るためのノウハウ情報などを配信しています。
3)「SHABERUBA」: 「AUBA」が提供する、会員専用コミュニティ。バーチャルコワーキングスペースで会員同士の会話や商談、各種イベント参加やコミュニティ支援実施まで、オフラインでの活動をオンライン上で実現しています。
4)「event」: ビジネスパートナー企業との出会いの場をリアルに創出します。
5)「Sourcing Support」: 専門コンサルタントがオープンイノベーションチャレンジを支援します。
以上5つの軸で、日本に新規事業創出手法「オープンイノベーション」を根付かせるサービスを提供しています。
名称:eiicon company (エイコンカンパニー)  https://corp.eiicon.net/
代表:中村 亜由子
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
事業内容:
オープンイノベーションプラットフォーム「AUBA」の運営、
イベント企画・支援サービス、ソーシングサービスなど
電話番号: 03-6370-8360(代表)
メールアドレス:info@eiicon.net

■運営会社
社名:                   パーソルイノベーション株式会社
本社所在地:          〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
資本金:  5,500万円
代表者:  代表取締役社長 長井 利仁
事業内容:             新規事業創造・オープンイノベーション推進、
グループ会社の経営計画・管理並びにそれに付帯する業務

 

※オープンイノベーション:
2003年(米)ヘンリー W. チェスブロウが提唱した、「企業内部と外部メディア・技術を組み合わせることで、革新的な新しい価値を創り出す」イノベーション方法論。社内の資源に頼るばかりでなく、社外との連携を積極的に取り入れるべきであるという主張の方法です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. eiicon company >
  3. 【AUBA × 日本郵便】通年応募型(郵便・物流/新規)・期間限定プログラム型(金融)『JAPAN POST INNOVATION PROGRAM 2021』始動!