プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

東京建物株式会社
会社概要

八重洲・日本橋・京橋エリアでのスタートアップ集積拠点「xBridge-Tokyo (クロスブリッジトウキョウ)」 拡大移転 

累計資金調達額107億円突破、入居企業の支援を強化

東京建物株式会社

東京建物株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員 野村 均、以下「当社」)は、八重洲・日本橋・京橋エリア(以下「YNKエリア」)におけるスタートアップの集積やコミュニティ形成等を支援する施設「xBridge-Tokyo(クロスブリッジトウキョウ)」(以下、「本施設」)を福岡ビル(東京都中央区)に拡大移転し、入居企業の新規募集を開始することをお知らせします。
本施設は、2018年4月より当社とXTech株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 西條 晋一、以下「XTech」)が連携して運営しています。YNKエリア内で場所を移しながらスタートアップの成長の支援等を継続して行っており、本施設運営開始以降、41社※1のスタートアップが入居しています。入居企業全体の資金調達額はこれまでに107億円※2(41社累計)を突破しており、各社短期間での急成長を実現しています。

施設入口付近のバーカウンタースペース施設入口付近のバーカウンタースペース

本施設は2020年にも一度移転しており、TGビルディング(東京都中央区)にて運営してまいりましたが、入居企業がステージアップし、より広い執務空間やイベント等が開催可能な空間へのニーズが出てきたことから、規模を拡大して再度移転することとなりました。新たな拠点は内装・什器付き個室とイベントスペース等で構成され、入居企業の多様な使い方に対応できる仕様としています。また、従来の拠点同様、従前の入居企業が残した壁や天井をなるべく生かすなどサステナブルな設計・施工にこだわったほか、立地エリアがものづくりやアートの歴史性を有することから、入口バーカウンターや壁面などにものづくりやアートの要素を取り入れました。さらに、XTechグループによる新支援体制で入居企業の支援を強化します。


当社は、長期ビジョン「次世代デベロッパーへ」を掲げており、事業を通じて「社会課題の解決」と「企業としての成長」をより高い次元で両立することで、持続可能な社会の実現を目指しています。本施設の運営を通じて、YNKエリアにスタートアップがさらに集積するきっかけをつくり、それらの企業の成長、挑戦を支援するとともに、大企業やベンチャーキャピタルとの交流の促進によりイノベーション・エコシステム※3を形成し、東京、さらには日本の競争力強化に貢献します。

※1 当社調べ(2023年2月時点)
※2 スタートアップデータべースより当社調べ(2023年2月時点)、本施設への入居前、本施設からの卒業後の資金調達額も含む。
※3 ベンチャー企業や大企業、投資家、研究機関など、産学官の様々なプレーヤーが集積・連携することで、先端産業の育成や経済成長の好循環を生み出すビジネス環境を自然環境の生態系になぞらえたもの。


■新たに移転・開業する「xBridge-Tokyo」の主な特徴
1.イノベーティブな発想を創出する様々な仕掛け
新拠点は、入居者同士が交流できるイベントスペースを中心とした共用空間と、集中して執務を行う執務空間で構成しています。
共用空間は、人と人との縁をつなぎ、居心地の良さを感じられる江戸時代からの「通り」のような空間づくりをデザインコンセプトに、小田嶋Alex太輔氏(合同会社EDGEof INNOVATION代表)監修の下、株式会社SAMPOが内装設計・施工を行っています。拠点入口にバーカウンターを設置し、最大50名程度の着席イベントが可能なイベントスペースや、可動式机によりスタンディングミーティングが可能なワークスペースなどを設けています。

コワーキング・イベントスペースコワーキング・イベントスペース

ワークスペースワークスペース

執務空間は、内装・什器付きの個室空間と施設利用部分とで構成しています。個室空間はこれまでの拠点と比べて大幅に増え、個室空間と施設利用部分の合計席数はこれまでの拠点に比べて約2倍になりました。リニューアルにあたり、既存の壁や天井を極力生かし、廃品前のタイルカーペットを使用するなどサステナブルな設計・施工にこだわった空間となっています。

20名用内装・什器付き個室20名用内装・什器付き個室

8名用内装・什器付き個室8名用内装・什器付き個室

2.XTechグループによる新支援体制
2018年4月の本施設開業当初からの共同事業者であるXTechは、グループ会社を通じて、本施設の運営と、YNKエリアへのスタートアップの誘致に協力しています。
今後も、本施設の入居者向けに、スタートアップに関する情報提供やコーポレート業務、資金調達、人材紹介、M&Aなどの無料相談サービスを行うとともに、スタートアップおよびスタートアップに興味のある企業向けのセミナーやイベント等を多数開催し、YNKエリアの活性化に協力してまいります。

 ■本施設でのスタートアップの集積について
本施設は、2018年4月に東京建物本社ビル内にて、スタートアップ9社・ベンチャーキャピタル企業3社の入居者とともにスタートし、2回の移転を経て、2023年2月時点で累計49社(うちスタートアップ41社)が入居した施設となりました。これらスタートアップ41社の約4年間での累計資金調達額が107億円を超えるなど、各社短期間で急成長しており、順調にスタートアップの集積が進んでおります。

本施設の入居企業数の推移本施設の入居企業数の推移

■新拠点の概要
・施設名称:xBridge-Tokyo(クロスブリッジトウキョウ)
・移転先:東京都中央区八重洲2-8-7 福岡ビル6階
・施設面積:687.34㎡
・席数:合計約120席(個室15室、施設利用13席)
・利用料:個室部分30,000円/坪~32,000円/坪、施設利用28,000円/席(いずれも税抜き)
       ※内装什器付き。
       ※空調利用料、会議室利用料、共用打合せスペース、Wi-Fi利用料、複合機使用料等含む。
・入居条件:・“スタートアップ”として飛躍的な成長を目指す志のある起業家・スタートアップ
                  ・原則本社としての利用用途とすること  等
                 ※運営者による審査制(問い合わせ先:xBridge-Tokyo@tatemono.com)

【位置図】


<ご参考:東京建物のYNKエリアにおけるイノベーション・エコシステムの取り組みについて>
当社は、本エリアにおいて、世界を代表するビジネス中心地としての役割を持続的に発展させるために、様々なプレーヤーの集積と連携を生むイノベーション・エコシステムづくりを進めています。
・本施設公式HP https://xbridge.tokyo/
・持続可能な都市づくりのためのオープンイノベーション拠点「City Lab Tokyo」
公式HP https://citylabtokyo.jp/
・『暮らしとアート』をテーマに展覧会を企画・開催するアートギャラリー「BAG-Brillia Art Gallery-」
公式HP https://www.brillia-art.com/bag/
・グローバルスタートアップ企業の新拠点「xBridge-Global」
公式HP https://nexthub.jp/
※その他、当社が運営するYNKエリアでのイノベーション拠点等の情報は、以下HPをご参照ください。
https://ynk-area.tokyo/

■関係各社概要
・XTech株式会社

代表取締役:西條晋一
本社所在地:東京都中央区八重洲1-5-20 東京建物八重洲さくら通りビル3階
設立:2018年1月
事業内容:・インターネットサービス業
     ・スタートアップスタジオの運営


XTech株式会社 代表取締役 西條晋一氏からのコメント
2018年に八重洲で創業した頃は、八重洲・日本橋・京橋エリアを拠点とするスタートアップの数はまだ多くはありませんでした。しかしxBridge-Tokyoを中心にスタートアップエコシステムの構築に尽力してきた結果、本エリアを拠点とするスタートアップの数は着実に増えてきていると実感しています。スタートアップと投資家と大企業、この3つのコミュニティがうまく機能すれば、もっと多くのそしてもっと規模感のあるスタートアップが生まれてくると信じています。今後も本エリアのスタートアップエコシステムの発展に寄与してまいります。

 


・合同会社EDGEof INNOVATION

代表:小田嶋Alex太輔
本社所在地:東京都渋谷区松濤1-22-8
設立:2020年6月
事業内容:・海外スタートアップの日本進出支援および、日本スタートアップの海外進出支援
     ・スタートアップ関連事業のコンサルティング
 

合同会社EDGEof INNOVATION 代表 小田嶋Alex太輔氏のコメント
YNKエリアは、歴史的に見ても、日本橋などで進行中の再開発プロジェクトを見ても、「古いものを大事にする」というサステナブルな精神に溢れた街です。この強みを活かしながら、ただいたずらに経済発展だけを目指すのではない、より社会性を重視した新しい時代の価値観に沿ったイノベーションのコミュニティを育むことが、xBridge-Tokyoの重要なミッションの一つだと考えています。そのコミュニティにとっての居心地の良い交流の場として、発展させていければと思います。
 

 

・株式会社SAMPO

代表取締役:村上大陸
本社所在地:東京都世田谷区三軒茶屋二丁目21番11号
設立: 2016年6月
事業内容:・建築に関する調査企画、設計、コンサルティングおよび工事
     ・オーダーメイドスピーカーの設計、製作および音響演出

 

株式会社SAMPO 代表取締役 村上大陸氏のコメント
京橋という街の歴史を紐解き、「振り売り」や「行商」をテーマにした移動を前提とした空間をデザインしました。特にカウンター内のアートワークには国も時代も異なる古物をコラージュし、スタートアップの「冒険心」を表現しています。見る人の「好奇心を刺激する装置」として設えた空間が、社会に革新を生み出す起業家たちの背中を後押しすることを心から願っています。



【SDGs への貢献】
※本リリースの取組みは、SDGs(持続可能な開発目標)における下記目標に貢献しています。
目標7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
目標8 働きがいも経済成長も
目標9 産業と技術革新の基盤をつくろう
目標11 住み続けられるまちづくりを
目標12 つくる責任 つかう責任
目標13 気候変動に具体的な対策を
目標17 パートナーシップで目標を達成しよう
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
位置情報
東京都中央区本社・支社東京都中央区その他東京都中央区その他
関連リンク
https://xbridge.tokyo/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

東京建物株式会社

48フォロワー

RSS
URL
https://www.tatemono.com/
業種
不動産業
本社所在地
東京都中央区八重洲1-4-16 東京建物八重洲ビル
電話番号
-
代表者名
野村均
上場
東証プライム
資本金
924億円
設立
1896年10月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード