クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint(ビズヒント)」会員数30万人を突破

BizHintで経営者に最も読まれたインタビュー記事と注目の経営トレンドワードを発表

Visionalグループのビジョナル・インキュベーション株式会社(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:永田 信)が運営する、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint(ビズヒント)」は、2021年3月に会員数30万人を突破しました。当サービスは2016年8月にサービスを開始し、経営者・企業の決裁者に向けて、組織の活性化やIT/SaaS活用による生産性向上のための情報発信を行ってきました。直近(注1)では、毎月6,000人以上(主に経営者・企業の決裁者)が新規会員登録しています。30万人突破を記念して、BizHintで経営者に最も読まれた5つの記事と、BizHintで注目を集めている5つの経営トレンドワード「DX(デジタルトランスフォーメーション)」「VUCA(ブーカ)」「心理的安全性」「従業員エンゲージメント」「リーダーシップ」について発表します。(注1:2021年1月~2021年2月)

■BizHintで多くの経営者に読まれたインタビュー記事
BizHintのサービス開始以降の累計で、「経営者に最も読まれた5つの記事」は以下の通りです。経営者への独自インタビューを書き下ろした「採用面接の方法」「逆境からの企業改革」や「社長のリーダーシップ論」のほか、BizHintオリジナルの事業承継マンガもランクインしています。

1位:採用面接で本音を見極めるには「〇〇〇を与える」に限る。アメリカ人社長が日本人採用で用いる評価基準が興味深い
https://bizhint.jp/report/260477
(2019年4月8日掲載)

2位:8割の社員が辞めても貫いた後継者の覚悟 〜創業200年の老舗が起こした改革20年史〜
https://bizhint.jp/report/230342
(2019年1月9日掲載)

3位:再生請負人・メガネスーパー社長が語る “負け癖”がついている社員たちを蘇らせる方法
https://bizhint.jp/report/123989
(2018年4月17日掲載)

4位:家業、継ぎます! /【マンガ】二代目! 第1話
https://bizhint.jp/report/379595
(2019年12月24日掲載)

5位:完全年功序列、日本一綺麗を謳う青果仲卸に求職者が殺到。伝えるのは「やらないこと」
https://bizhint.jp/report/420778
(2020年6月3日掲載)

■BizHintで注目を集めている経営トレンドワード
BizHintでは事業運営や組織改革にまつわるビジネスワードを解説しています。2020年以降、BizHintでは以下のワードに注目が集まっています。

・DX(デジタルトランスフォーメーション)
2004年、ウメオ大学(スウェーデン)のエリック・ストルターマン教授が提唱した、「われわれ人間の生活に何らかの影響を与え、進化し続けるテクノロジーであり、その結果、人々の生活をより良い方向に変化させる」という概念です。
https://bizhint.jp/keyword/214812

・VUCA(ブーカ)
VUCA(ブーカ)とは、Volatility(変動性・不安定さ)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性・不明確さ)という4つのキーワードの頭文字から取った言葉で、現代の経営環境や個人のキャリアを取り巻く状況を表現するキーワードとして使われています。
https://bizhint.jp/keyword/40037

・心理的安全性
心理的安全性とは、従業員が安心して、自分の考えを自由に発言したり行動に移したりできる状態を指します。米グーグル社が、「心理的安全性は成功するチームの構築に最も重要なものである」と発表したことで今非常に注目されているワードです。
https://bizhint.jp/keyword/101187

・従業員エンゲージメント
会社の方針や戦略を、経営者を含む従業員全員に浸透させるために有効な手段を指します。急速な発展を遂げる新興国や流動的に変化する世界情勢の影響で、日本企業も早急なグローバル化が求められています。
https://bizhint.jp/keyword/72208

・リーダーシップ
リーダーシップとは、明確なビジョンと目標を示し、フォロワーのパフォーマンスを最大化させることによって目標達成を実現する能力です。リーダーシップは才能や素質といった類のものではなく、誰もが努力によって身に付けられます。
https://bizhint.jp/keyword/13289

BizHintでは引き続き、経営者・決裁者の意思決定や組織改革のヒントになる情報を発信し、多くの企業の生産性向上に貢献できるよう努めてまいります。

■クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」について
「BizHint」は、経営者・決裁者の方々にクラウド活用と生産性向上の「ヒント」をお届けする専門サイトです。最新のクラウド活用事例や、自社に合ったサービスの選定をサポートする情報を次々と発信しています。URL:https://bizhint.jp/

■ビジョナル・インキュベーション株式会社について
「新しい可能性を、次々と。」をミッションとするVisionalグループの新規事業開発を担う。事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」、オープンソース脆弱性管理ツール「yamory(ヤモリー)」、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint(ビズヒント)」、未来の経営と働き方を共創するカンファレンス「Future of Work」を運営。2020年2月、グループ経営体制への移行にともない、株式会社ビズリーチの新規事業開発組織を分社化し新設。URL:https://visional.inc/visional-incubation/

■Visionalについて
株式会社ビズリーチがグループ経営体制に移行したことにより誕生。「新しい可能性を、次々と。」をグループのミッションとし、産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するさまざまな事業を展開。「ビズリーチ」をはじめとした採用プラットフォームや、人財活用プラットフォーム「HRMOS」シリーズを中心に、人事マネジメント(HR Tech)領域におけるエコシステムを展開。また、事業承継M&A、物流DX、サイバーセキュリティ、Sales Techの領域においても、新規事業を次々に立ち上げている。
URL:https://visional.inc
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Visional >
  3. クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint(ビズヒント)」会員数30万人を突破