日本財団18歳意識調査 第38回 テーマ:「公共トイレ」

【調査結果 主なポイント】
▼外出時に公共トイレを使うことがある 70.5%
▼公園内や歩道にあるトイレのイメージ
 他の設置場所と比べ、「汚い(67.6%)」、「臭い(28.6%)」、「暗い(23.4%)」、「危険(22.8%)」
▼公共トイレの現状が「おもてなし」文化の象徴にふさわしい
 そう思う31.9%、そうは思わない 27.1%、わからない 41.0%
 日本財団(東京都赤坂、会長 笹川陽平)は、オリンピックを契機に日本の「おもてなし」文化としても注目の高まる「公共トイレ※」をテーマに5月、第38回18歳意識調査を実施しました。この結果、外出した際に公共トイレを、利用すると答えた人が70.5%に上る一方で、設置場所によって利用率やイメージに大きな差があることが明らかになりました。
 「デパートや映画館など商業施設内のトイレ」の利用率が57.1%と最も高かったのに対し、「公園内や歩道にあるトイレ」は13.5%と低い数字となっています。「公園内や歩道にあるトイレ」は、他の設置場所と比べ、「汚い(67.6%)」、「臭い(28.6%)」、「暗い(23.4%)」、「危険(22.8%)」といったネガティブなイメージが特に強く、「綺麗」や「安全」といったポジティブなイメージを想起する人は約3%に留まっています。
 とりわけ、女性の場合は「危険(27.2%)」というイメージを持つ人が多く(男性では18.4%)、安全面や防犯面の改善を求める声も多く寄せられました。「公園内や歩道にあるトイレ」は、無料で身近なものでありながら、誰もが安心して利用できる場になっていない実態が明らかになりました。また、和式・洋式の別では、80.5%の人が洋式トイレを好むと答え、6.7%が便座に触れなくてよいなど衛生面の理由で、和式トイレを好んで利用すると回答しました。
 公共トイレの現状が「おもてなし」文化の象徴としてふさわしいかという質問には約3割が「そうは思わない」と回答し、その理由として掃除の不行き届き(71.2%)、入ろうと思えないような外観(36.9%)、盗難等の利用者のモラル(30.3%)などが挙げられました。詳細は別紙をご覧ください。
 公共トイレの現状が「おもてなし」文化の象徴としてふさわしいかという質問には約3割が「そうは思わない」と回答し、その理由として掃除の不行き届き(71.2%)、入ろうと思えないような外観(36.9%)、盗難等の利用者のモラル(30.3%)などが挙げられました。詳細は下記をご覧ください。

※本調査では、「公共トイレ」の対象を「デパートや映画館など商業施設内のトイレ」、「駅のトイレ」、「公園内や歩道にあるトイレ」、「コンビニエンスストアのトイレ」、「飲食店のトイレ」、「病院のトイレ」、「高速道路のサービスエリアのトイレ」と定義しています。

調査結果
Q. 外出した際に、公共トイレを使うことはありますか。(n=1000)

 

Q あなたは以下の公共トイレを利用することがありますか。それぞれについて教えてください。(n=1000)

Q.日本のトイレ文化は、日本が世界に誇る「おもてなし」文化の象徴だとする考え方があります。公共トイレの現状はそれにふさわしい状態だと思いますか。(n=1000)

<調査概要>
調査対象:全国の17歳~19歳男女、1,000名
調査除外:下記の関係者は調査から除外
印刷業・出版業/マスコミ・メディア関連/情報提供サービス・調査業/広告業
実施期間:2021年5月14日(金)~ 5月18日(火)
調査手法:インターネット調査
調査結果の詳細は、以下のURLからご覧ください。
https://www.nippon-foundation.or.jp/who/news/pr/2021/20210622-58481.html


■18歳意識調査とは
選挙権年齢に続き、民法の改正に伴い2022年4月には成人年齢も18歳に変わります。そこで日本財団では、18歳の若者が何を考え、何を思っているのか、継続して調べる意識調査を2018年10月からスタートさせました。次代を担う18歳の意識を幅広く知り、社会づくりに役立てたいと考えています。
過去の調査結果など、18歳意識調査の詳細は以下をご参照ください。
https://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/eighteen_survey

 ■日本財団について

日本財団は、1962 年の創立以来、国境や分野を超えて公益事業をサポートする、日本最大の社会貢献財団です。「みんなが、みんなを支える社会」を実現するため、子ども・障害・災害・海洋・国際協力などの分野に取り組んでいます。
https://www.nippon-foundation.or.jp/


日本財団では多様性を受け入れる社会の実現を目的に、東京都渋谷区内17カ所の公共トイレを新しく生まれ変わらせるプロジェクト「THE TOKYO TOILET」を実施しています。詳しくはプロジェクトページをご参照ください。
https://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/thetokyotoilet

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人 日本財団 >
  3. 日本財団18歳意識調査 第38回 テーマ:「公共トイレ」