子どもに取り組ませたいスポーツは、「テニス」が「野球」を上回る

メダリストは、市場も動かす!? 『スポーツに関する意識調査』

~大人がやりたいスポーツに、金メダルペアの活躍が影響~
株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『スポーツに関する意識調査』結果を発表します。本調査は、20~40代の男女772名を対象にしています。
また、集計データとしてまとめた全47ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。



■子どもに取り組ませたいスポーツは、「テニス」が「野球」を上回る
4歳から中学生までの子どもがいる人に、2020年夏に東京で開催される世界的スポーツ祭典の競技のなかで子どもに取り組ませたいものを聞いたところ、1位が「競泳」(20.6%)、2位が「サッカー」(17.7%)でした。3位は「テニス」(12.6%)で、「野球」(10.9%)を上回りました。
また、2020年夏に東京で開催される世界的スポーツ祭典で追加される競技に限ると、「空手」(6.9%)が最も子どもにさせたい競技となりました※。
子どもにスポーツをさせる目的としては「体力・筋力をつける」(69.5%)が最も多く、次いで「スポーツを通して、さまざまな経験を積む」(58.6%)、「運動神経を向上させる」(54.7%)でした※。

■大人が今後したいスポーツは、1位「テニス」、2位「陸上競技」、3位「バドミントン」
2020年夏に東京で開催される世界的スポーツ祭典の競技のなかで、自身が今後やってみたい競技を聞いたところ、「テニス」(7.8%)が最も多く、次いで「陸上競技」(7.1%)、「バドミントン」(6.3%)でした※。
その競技をしたいと思う理由は、「体力・筋力アップ」(43.9%)が最も多く、次いで「ストレス解消」(39.5%)、「健康維持」(38.7%)でした※。

■2020年夏のスポーツ祭典を、競技場で観戦したい女性の3人に1人が「体操競技を見たい」
2020年夏に東京で開催される世界的スポーツ祭典を「競技場で観戦したい」人は27.5%、「パブリックビューイングで観戦したい」人は10.8%、「スポーツバーなどお店で観戦したい」人は11.0%でした※。
競技場で観戦したい競技を聞いたところ、男性は「サッカー」や「野球」(ともに50.0%)が最も多い回答でした。女性は「陸上競技」(41.7%)が最も多く、次いで「体操競技」(35.4%)でした※。

 

■2020年夏のスポーツ祭典でボランティアをしたい約3割が、「外国語を勉強中」
2020年夏に東京で開催される世界的スポーツ祭典にボランティアとして参加したい男性は18.7%、女性は13.2%でした。ボランティアとして参加したい内容としては、男性からは「競技運営のサポート」(19.4%)、女性からは「競技場の来場案内」(23.5%)が最も多く挙がりました※。
ボランティアとして参加するために「外国語を習っている」人は28.4%で、そのうち32.5%が月額1万円以上かけていることがわかりました。

※ 複数回答あり。



【調査の実施概要】
調査名:『スポーツに関する意識調査』
調査期間 :2016年11月2日(水)~11月4日(金)
調査対象 :20~40代の男女772名
質問項目 :
    ・2016年夏から、新たに始めたスポーツはありますか?
    ・2016年夏から、新たなスポーツを始めた目的を教えてください。
    ・2020年夏、東京で行われる世界的スポーツ祭典の競技で、やってみたいものはありますか。
    ・2020年夏、東京で行われる世界的スポーツ祭典に、ボランティアなどで参加したいと思いますか。
    ・2020年夏、ボランティアやダンサーなどとして参加するために、準備していることはありますか。
    ・2020年夏、東京で行われる世界的スポーツ祭典の競技をどのように観戦したいですか。
    ・2020年夏、試合会場で観戦したい競技を教えてください。
    ・2020年夏、パブリックビューイングで観戦したい競技を教えてください。
    ・2020年夏、スポーツバーなどお店で観戦したい競技を教えてください。
  (4歳~中学生の子どもがいる人)
    ・子どもに、今後やらせたいと思う競技はありますか
    ・子どもに、スポーツをやらせる目的は何ですか。
    ・子どもに、スポーツをやらせるために、支払える月額費用の上限を教えてください。

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャストシステム >
  3. 子どもに取り組ませたいスポーツは、「テニス」が「野球」を上回る