TBMが運営するECサイト「ZAIMA」、古い着物地をアップサイクルするブランド「WATALIS」の販売を開始

TBM
株式会社TBM(本社:東京都千代田区、以下TBM)は、TBMが運営するECサイト「ZAIMA(ザイマ)」で、株式会社WATALIS(本社:宮城県亘理郡、以下WATALIS)が企画、製造、販売する、箪笥(タンス)に眠る古い着物地をアップサイクルするブランド「WATALIS(ワタリス)」の取り扱いを開始しました。
WATALISは、箪笥に眠る古い着物地をリメイクし、アップサイクルに取り組むブランドです。今後ZAIMAでは、再生材料、カーボンニュートラル、枯渇性リスクの低い環境配慮型素材等、素材に着目した環境配慮型の製品を通して、サステナブルな価値観の醸成を図っていきます。

■ ZAIMAについて
ZAIMAは商品ラインアップにおいて素材の環境負荷に着目して、再生材料、カーボンニュートラル、枯渇性リスクの低い環境配慮型の素材を使用した製品を揃えるマーケットプレイスです。製品や素材のライフサイクル等に関する環境影響を紹介、各製品の配送におけるカーボンオフセット機能を搭載しています。今後、廃棄物の削減やリサイクルを促進する仕組みをインクルーシブな価値として顧客に還元し、マーケットプレイス全体で地球に再生的な影響を与えていくことを目指しています。
TBMの運営するECサイトZAIMA:https://zaima.in/

■ WATALISについて
WATALISは、箪笥に眠る古い着物地をリメイクし、アップサイクルに取り組むブランドです。着物地の色や柄を活かしながら、ひとつひとつ丁寧に手作りし、長い歴史の中で培われてきた日本の意匠の美しさに新たな命を吹き込んでいます。

[商品ラインアップ]

WATALIS きものストールプレミアム
価格:22,000円(税込)
https://zaima.in/products/watalis-stole

■ 環境への貢献
日本で処分される衣服の量は、年間約77万トンです。このうち約63%は焼却・埋立処分されています。毎日大型トラック約130台分*1の衣服が焼却・埋め立てされている状況です。大量の衣服を処理するために運搬・焼却などを行うことで環境負荷が生じています。WATALISは、箪笥に眠る古い着物地をストールの生地として再活用します。*1 環境省、 サステイナブルファッション

■ WATALISからのメッセージ
WATALISは、東日本大震災の被災地である宮城県亘理町で、地域の女性たちが立ち上げ、箪笥に眠る古い着物地をリメイクし、再び世に送り出す「アップサイクル」に取り組んでいるブランドです。
衣類として役割を終えた着物。けれども、それはただの古い布ではなく、一枚一枚のまとう人の幸せを願う限りない心が込められた品です。着物は「日本の美しさ」の象徴であるとともに、時を超えてたくさんの「愛情」や「感謝」を伝えてくれるものでもあります。今回のプロジェクトを通して、アップサイクルにつながるきっかけづくりになればと思います。

■ 株式会社TBM
代表取締役CEO    山﨑敦義
本社                   東京都千代田区有楽町 1-2-2 15F
設立                   2011 年
資本金                234 億 2,993 万円(資本準備金含む)/ 2021 年 7 月時点
事業内容             環境配慮型の素材開発及び製品の製造・販売、資源循環を促進する事業等
URL                   https://tb-m.com/

■ 株式会社WATALIS
代表取締役          引地 恵
設立                   2015年
取組内容             着物地によるリメイク雑貨の製造販売
URL                   https://www.watalis.co.jp/

*本リリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
*本リリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TBM >
  3. TBMが運営するECサイト「ZAIMA」、古い着物地をアップサイクルするブランド「WATALIS」の販売を開始