建築家とつくる高性能デザイナーズ住宅「R+houseネットワーク」 子会社による住宅総合展示場へ出展が決定

~総合展示場展開ノウハウの開発強化へ~

ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(本社:品川区上大崎 代表:濱村聖一 以下、ハイアス)は、アトリエ建築家とつくる高性能デザイナーズ注文住宅「R+house(アール・プラス・ハウス)」を建てる地域工務店ネットワーク「R+houseネットワーク」の運営をしております。この度、当社の子会社である株式会社ウェルハウジング(本社:茨城県守谷市 代表:中嶋 徳夫 以下、ウェルハウジング)の、千葉県柏市内にある住宅総合展示場『住まいるパーク柏の葉』出展を決定いたしました。オープンは2018年4月6日を予定しています。
「R+houseネットワーク」では、現在、岡山県、愛知県、福岡県、埼玉県、広島県、熊本県の計6か所で加盟企業6社による住宅総合展示場出展を通じて、「R+house」モデルハウスの販促、ブランディング効果の高さに手応えを感じております。今回、これらの成功事例を踏まえ、当社の子会社であるウェルハウジングの住宅総合展示場展開を図ることで「R+house」の受注実績をさらに伸ばすとともに、住宅総合展示場の運営ノウハウを構築してまいりたいと思います。ウェルハウジングとしては、2018年度に30棟、2019年度に60棟の「R+house」実績を見込んでおります。

【住宅総合展示場「住まいるパーク柏の葉」について】
住所:〒277-0804 千葉県柏市新十余二15-2
区画数:24区画
HP:https://www.e-a-site.com/showrooms/detail/19

「R+houseネットワーク」では2018年度に年間2,000棟の実績を目標として、今回の住宅総合展示場出展の取り組みを全国の加盟企業にも共有することで、今後の総受注棟数の倍増計画を推進する一つの施策としてまいります。2019年度中には全国20箇所の出展を当面のマイルストーンとして、ネットワーク本部と加盟企業が力を合わせて住宅総合展示場への出展を今後も進めていく方針です。

ハイアスは、「R+house」で顧客満足度No.1ブランドを目指し、省エネルギー性能、デザインクオリティー、コストダウン手法、販売手法、ブランディング戦略、新商品開発、すべての分野において進化を続けてまいります。「R+houseネットワーク」では、これからも会員企業様の成果創出に向けて、更なる商品開発・ブランディング活動に力を入れて年間10,000棟を目指していきます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ハイアス・アンド・カンパニー株式会社 >
  3. 建築家とつくる高性能デザイナーズ住宅「R+houseネットワーク」 子会社による住宅総合展示場へ出展が決定