やる気スイッチグループ、紫外線殺菌機器を教室に設置

教室の安全と健康に配慮した”対人”・”対空間”の対策を強化(※本ニュースリリースは2020年3月30日時点の更新版です。)

総合教育サービス事業を展開する株式会社やる気スイッチグループ(東京・中央区、代表取締役社長:高橋 直司 以下、やる気スイッチグループ)は、このたび、新型コロナウイルスの感染拡大防止を機に、同社が展開する7つのスクールブランドの生徒と保護者の皆様に安心してご利用いただける教室づくりの一環として、空気中の浮遊カビ・浮遊菌・浮遊ウイルスの除去性能の高い紫外線殺菌機器を随時グループの教室に設置します。(2020年3月27日時点で350教室への導入が決定)なお、教室環境の状況等により導入しない教室もございます。
この高出力紫外線発生装置は、米国ステリルエア社(https://www.steril-aire.com/)製の高出力紫外線発生装置「B-ZONE」を採用、同製品は一般財団法人北里環境科学センターによる除去性能評価試験*で空気中の浮遊菌(99%)・浮遊カビ(99.87%)・浮遊ウイルス(98.7%)の高削減率が実証されています。紫外線(UVA~UVC)の中でも細胞のDNAまで破壊する最も殺菌力のある波長UVC(253.7nm)の殺菌灯を活用し、吸排気機能を備え、広いエリアに対応した空気殺菌を強化します。

やる気スイッチグループは、新型コロナウイルス感染拡大防止において、うがい・手洗い・従業員のマスク着用の励行、換気の徹底、消毒薬の設置等のすでに実施している“対人”を中心とした対策に加えて、教室に殺菌装置を設置することにより”対空間”の対策を実施し、生徒と保護者の皆様、従業員の安全と健康に配慮した教室づくりを進めます。

以上

*『高出力紫外線発生装置「B-ZONE」による浮遊カビの除去性能評価試験(25 m3 空間)』試験報告書2019_0187 ~2019_0189 号(2019年9月2日)

株式会社やる気スイッチグループ
やる気スイッチグループは、個別指導学習塾「スクールIE」や知能育成(知育)と受験対策の幼児教室「チャイルド・アイズ」、子ども向け英語・英会話スクール「WinBe(ウィンビー)」、英語学童教室「Kids Duo(キッズデュオ)」、幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン」、 バイリンガル幼児園「キッズデュオインターナショナル(KDI: Kids Duo International)」、バイリンガル×アクティブ幼児園「アイキッズスター(i Kids Star)」の7つのスクールブランドを展開する総合教育サービス会社として、現在国内外でおよそ1,700の教室・ラボを展開し、およそ10万人の子どもたちの学びをサポートしています。やる気スイッチグループは、一人ひとりが持つ"宝石"を見つけ、その無限の可能性を引き出すことで、世界中の子どもたちの夢と人生を応援します。https://www.yarukiswitch.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社やる気スイッチグループ >
  3. やる気スイッチグループ、紫外線殺菌機器を教室に設置