目標に向かってチャレンジする「ZAMSTチャレンジャー」13選手、13チームが決定!!

-全国のアスリート、チームを応援する「ZAMSTチャレンジャープログラム」-

スポーツ向けサポート・ケア製品ブランド「ザムスト」を展開する、日本シグマックス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木 洋輔)は、全国のアスリート、チームを応援する「ZAMSTチャレンジャープログラム」のチャレンジャーとして、13名の選手、13のチームを決定しました。

  • 第一期ZAMSTチャレンジャーの皆さん

 個人部門(13名50音順)

​​ 有路 萌   ありじ もえ     :近代五種
 生山 ヒジキ いくやま ひじき :ロープスキッピング(縄跳び)
 猪股 亜衣  いのまた あい  :マラソン トレイルランニング
 倉坂 正人  くらさか まさと :ビーチバレー
 桑田 寛之  くわた ひろゆき :フットゴルフ
 佐々木 翔太   ささき しょうた :サッカー
 新山 駿   しんやま しゅん :バレーボール
 竹内 紘生  たけうち こうき :硬式野球
 中野 源一  なかの げんいち :アルティメット
 平墳 みなみ ひらつか みなみ :バドミントン
 宮崎 眞希夫 みやざき まきお :インラインスケート
 山田 梨央  やまだ りお   :パデル
 湯本 始   ゆもと はじめ  :サッカー

 チーム部門(13チーム50音順)
 アヴァンチ大阪            :ビーチサッカー
 SDFCアレグリーナ           :フットサル
 コルジャ仙台ブラインドサッカークラブ :ブラインドサッカー
 さいたまSAICOLO                 :フットサル
 下町ゴリラズ             :アメリカンフットボール
 TEAM ACT              :スピードスケート
 Team きりん             :テニス
 東京スリジエ             :バレーボール
 美少年倶楽部             :フットサル
 FEATHER                :ソフトバレーボール
 ふくしまトレイルランニングクラブ   :トレイルランニング
 MISTRAL                :ラクロス
 早稲田大学女子バレーボール部     :バレーボール

各選手・チームのプロフィール・コメントについては下記よりご覧ください。
https://www.zamst.jp/support-program/challenger/
 
  • 「ZAMSTチャレンジャープログラム」について

日本での、さらに世界での活躍を目指し日々スポーツ競技に取り組むアスリート、チームに対し、1年間ザムスト製品の提供を通じて応援するプログラムです。
 (1)  提供内容  ザムスト製品(アスリート個人5万円分 / チーム20万円分)
 (2) 提供期間  2020年10月1日~2021年9月30日(1年間)

プログラム開始の背景

ザムストではこれまでも各種競技の代表選手、契約アスリート、契約チームを中心として、製品提供によるサポートを行って参りましたが、オリンピアンやプロ契約して活躍するような一部のアスリートのほかにも、スポーツ競技を通じて自己実現・自己表現を目指す競技者の方々は数多くいます。当社のサポート・ケア製品を必要とするより多くの競技者の方々を広く応援する事によって、微力ながら日本のスポーツ競技のさらなる発展・普及に寄与したいと考え本プログラムをスタートいたしました。
  ZAMST(ザムスト)は医療メーカーとして整形外科向けの製品を46年にわたり開発・製造する日本シグマックス株式会社が1993年に設立したスポーツ向けサポート・ケア製品ブランドで、スポーツサポーター市場売上金額5年連続No.1※に認められています。人体を知り尽くした日本生まれのサポーターがケガや障害を未然に防ぎ、再発を予防。人の身体から生み出されるパフォーマンスを最大限に引き出すことを目指すブランドであり続けるために前進を続けています。

※ 2014年~2018年 スポーツサポーター(スポーツ販売チャンネルを主としたブランド商品対象)市場メーカー出荷金額ベース 株式会社矢野経済研究所調べ 2019年12月現在
 
  • ザムストパートナーズ
ZAMSTはバレーボール、バスケットボール、テニス、バドミントン、サッカーなど、あらゆるスポーツにおいて限界に挑み続けるアスリートや団体を応援しています。

松友 美佐紀選手(バドミントン)、穴井 詩選手(ゴルフ)、伊藤 竜馬選手(テニス)、日比野 菜緒選手(テニス)、綿貫 陽介選手(テニス)

トレイ・ヤング選手(バスケットボール)、髙野 直哉選手(バレーボール)、山本 智大選手(バレーボール)、樋口 裕希選手(バレーボール)、その他、アスリート、チーム多数。  所在地: 東京都新宿区西新宿6-8-1
 創  業: 1973年6月1日
 資本金: 9,000万円
 代表取締役社長: 鈴木 洋輔
 社員数: 260(2020年3月末)
 売上高:103.6億円(2020年3月期)

日本シグマックスは「身体活動支援業」を事業ドメインとし、医療、スポーツ、ウェルネスの分野で人々の身体活動を支援する製品・サービスを提供しています。創業以来「医療」、中でも「整形外科分野」に特化して各種関節用装具やギプスなどの外固定材、リハビリ関連製品などを製造・販売してまいりました。また、医療機器分野では、医療用の冷却療法のためのアイシングシステムのパイオニアであり、国内初のコードレス超音波骨折治療器「アクセラスmini」、超音波診断装置の活用範囲を広げ利便性を飛躍的に変えたポータブル超音波診断装置「ポケットエコーmiruco」など、特徴のある医療機器を提供しています。

また、スポーツ分野では、「ZAMST(ザムスト)」がスポーツサポーター市場No.1ブランドとしてマラソン、陸上競技、野球、バスケット、ラグビー、バレーボール、サッカー、相撲など、あらゆるスポーツのアスリートおよびユーザーから高い評価と信頼をいただいています。2010年からはロコモティブシンドロームを予防するための啓蒙活動「ロコモチャレンジ!推進協議会」の正会員企業として、医療向け、コンシューマー向けにかかわらず、社会に「身体を動かす喜び」を提供し続けています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本シグマックス株式会社 >
  3. 目標に向かってチャレンジする「ZAMSTチャレンジャー」13選手、13チームが決定!!