[予測-2030年]グローバルサイバーセキュリティ市場ー[詐欺、サイバー犯罪、リスク、脅威、および脆弱性などの増加]オファリング別、セキュリティタイプ別、組織の規模別:トレンド予測と成長機会

Kenneth Researchは、2020-2030年までの予測期間の詳細な分析と業界の洞察で構成されるグローバルサイバーセキュリティ市場に関するレポートを2020年8月11日に発刊しました。市場価値の分析と予測期間中のCAGRの計算に基づいて、市場の最新の動向とビジネスチャンスがレポートで説明されています。グローバルサイバーセキュリティ市場は2020-2030年の予測期間中に大幅なCAGRを登録すると予測されます。グローバルサイバーセキュリティ市場はオファリング別(サービス、ソリューション)、セキュリティタイプ別、展開モード別(クラウド、オンプレミス)、組織の規模別、エンドユーザー別、地域別によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。
[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-cybersecurity-market/10326704


サイバーセキュリティとオンラインの脅威に対する防御は、デジタル変化するテクノロジーでより重要になります。詐欺、サイバー犯罪、リスク、脅威、および脆弱性が急速に増加しているため、組織の中で非常に重要になっています。バンキング、小売、情報技術、防衛、製造の各セクターにおける破壊的で新興のテクノロジーは、最近では新しい機能を提供し、使いやすさを提供しています。ただし、これらのテクノロジーは、エクスプロイト、脆弱性、マルウェアの世界的な脅威の状況を発展させる主な要因として浮上しています。世界的なデジタル時代のサイバー犯罪活動の増加により、新たな脅威の状況が観察されています。デジタル化の人気の高まりにより、組織はデジタル化された情報に大きく依存することを余儀なくされています。

グローバルなサイバーセキュリティ市場は、2030年までに5,345億米ドルに達し、データの安全性とサイバーセキュリティ管理に対する需要の高まりにより、2020-2030年にかけて毎年11.8%成長率で成長すると予測されます。

世界中の外部および内部環境で膨大な量のデータを共有することにより、組織はさまざまな形の攻撃によってサイバー犯罪の餌食になっています。オンライン攻撃が成功すると、企業だけでなく、その評判やブランドも損なわれる可能性があります。さらに、競争上の優位性が失われ、財務上の大きな打撃を与える可能性があります。したがって、ビジネスの勢いを妨げる可能性のあるサイバー犯罪活動の防止への関心が高まっているため、サイバーの安全性は組織にとって戦略的な必須要素になっています。


COVID-19パンデミックが原因で、業界全体で観察されたサイバー犯罪のいくつかの発生率と事例

モノのインターネット(IoT)などのテクノロジーや新しいビジネスモデルは、その成長のためにグローバルなデジタル化に広く依存しています。システムがより複雑になり、相互接続され、より多くの情報を処理するようになると、攻撃対象にさらされることがはるかに容易になります。COVID-19の流行をきっかけに、いくつかの業界でサイバー犯罪の発生と事例が観察されました。サービスとしてのサイバー犯罪は、COVID-19またはコロナウイルスとして名前で登録された悪意のあるドメイン名を使用して、COVID-19に関連する情報を検索する人口統計のあらゆる部分をますますターゲットにしています。Palo Alto Networksによると、2020年3月末に、約40,261の不審な登録済みドメイン名が特定されました。

グローバルサイバーセキュリティ市場における業界のリーダー
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のmarket name市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。グローバルサイバーセキュリティ市場における業界のリーダーはAVG Technologies、Check Point Software Technologies Ltd、Cisco Systems, Inc.、Dell Technologies Inc.、FireEye Inc、Fortinet Inc.、Google、Imperva、Intel Corporation、International Business Machine Corporation、McAfee LLC、Micro Focus、Microsoft、Palo Alto Networks, Inc.、Proofpoint Inc.、Rapid7、Symantec Corporation、Trend Micro Incorporatedなどです。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10326704

 オファリング別によって市場はマネージドセキュリティサービス、プロフェッショナルサービス[ アイデンティティおよびアクセス管理(リスクおよびコンプライアンス管理、分散型サービス拒否の緩和、暗号化、ファイアウォール、 災害からの回復、侵入検知システム/侵入防止システム、アンチウイルス/アンチマルウェア、メールセキュリティ、セキュリティと脆弱性管理、 統一された脅威管理、セキュリティ情報とイベント管理、その他のソリューション)などに分割されます。

 Eurostatによると、ICT製造とICTサービスを含む、ヨーロッパのICTセクターの合計額は、2017年に4,750億ユーロを超えると推定されています。このセクターでは、ICTサービスがICT製造業が保有するシェアの10倍になると予測されているため、ICTサービスが大きなシェアを占めています。ICTサービスは、コンピュータープログラミング、コンサルティング、および関連する活動で構成され、2017年には、約49.1%のシェアを占め、電気通信活動は、このセグメントで約30.3%のシェアを占めました。これらの要因は、今後数年間で市場の成長にプラスの影響を与えると推定されています。

地理に基づいて、グローバルサイバーセキュリティ市場は以下の地域に分割されています。
  • 北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. [予測-2030年]グローバルサイバーセキュリティ市場ー[詐欺、サイバー犯罪、リスク、脅威、および脆弱性などの増加]オファリング別、セキュリティタイプ別、組織の規模別:トレンド予測と成長機会