あの「オフィスグリコ」が全国(一部地域除く)で利用可能に!コロナ禍での“訪問しない”販売方法を実現した新サービス「どこでもオフィスグリコ便」

2021年6月14日(月)より受付開始

江崎グリコ株式会社の子会社、グリコチャネルクリエイト株式会社は、置き菓子🄬サービス「オフィスグリコ」が全国(一部地域を除く)で利用可能になる新サービス「どこでもオフィスグリコ便」を、2021年6月14日(月)より公式ホームページ上で受付開始します。
 「オフィスグリコ」とは、2002年より本格的に開始した、職場など向けに菓子・食品・飲料の専用ボックスを設置し、ご利用は個人払いという「置き菓子®」方式のサービスです。本サービスはオフィスグリコのサービススタッフが定期的に訪問して商品管理や代金回収を行っているため、従来はサービスを提供できるエリアが限定されていましたが、今回の新サービスでは、職場に専用ボックスや商品を発送し、お客様自身のセッティングによる“訪問しない”販売方法の実現や、QR決済による支払いに限定することで、従来対応できなかったサービスエリア外のお客様や、部外者の立ち入りが許可されていない環境のお客様も利用することが可能になります。
 

 導入や運用にあたっての企業負担は0円で、30名以上在籍している職場であれば、沖縄・離島を除く全国どこでも申し込みが可能です。決済方法は「PayPay」「d払い」等のQR決済のみ可能で、現金を使用しないことで管理者の負担軽減にもつながります。

 職場内で気軽に食品が購入できるようになるため、コロナ禍における不要な外出の抑制や、災害備蓄のローリングストックとしても役立ちます。
 オフィスグリコは今後も時代や環境に合わせ、働く人が心身ともに健康で、意欲的に仕事に取り組む環境作りを応援します。

PayPayは、PayPay株式会社の登録商標です。
d払いは、株式会社NTTドコモの登録商標です。

 

  • オフィスグリコについて

 オフィスグリコは置き菓子🄬サービスのパイオニアとして2002年3月より本格的にサービスを開始し、首都圏・中京・近畿・九州エリアの主要都市にて徐々に規模を拡大してきました。2021年現在では、全国のコンビニよりも多い約10万台のサービス拠点を保有しています。利用者からは「仕事の息抜きにお菓子を食べリフレッシュできて効率が上がった」「お菓子を通じて職場のコミュニケーションが活性化した」等の設置によるメリットを感じるという声が届いています。また、2011年の東日本大震災以降はローリングストックのできるBCP(災害備蓄)としての利用や、2020年以降のコロナ禍においては外出を避けて購入ができる拠点としての利用など、新たな価値が生まれています。

■公式サイト
サービスの詳細や申し込みについては、オフィスグリコ公式サイトよりご確認下さい。
オフィスグリコ公式サイト: https://www.glico.com/jp/shopservice/officeglico/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 江崎グリコ株式会社 >
  3. あの「オフィスグリコ」が全国(一部地域除く)で利用可能に!コロナ禍での“訪問しない”販売方法を実現した新サービス「どこでもオフィスグリコ便」