2025年開催大阪万博のテーマ“SDGs”を知り、取り組むきっかけをつくる3日間「未来をつくるソーシャルサミット『SDGs 未来会議』開催決定」

G20大阪サミットを目前に行われる20,000人来場予定のSDGsイベント!

貧困や環境破壊などの様々な社会課題の解決のために、私たちができることとは――。株式会社宣伝会議、一般社団法人大阪青年会議所からなる、未来会議実行員会は、体験や学びを通じて持続可能な社会づくりについて考えるイベント「SDGs未来会議-未来をつくるソーシャルサミット」を、6月13日から15日まで、大勢の人たちが行き交う大阪を代表するショッピングモール、グランフロント大阪にて開催します。

子ども向けのSDGs特別講座や、豪華プレゼントが当たる巨大ガチャも!

「持続可能な開発目標(SDGs:エスディージーズ)」とは、世界が抱える様々な問題を2030年までに解決するために作られた世界共通の目標で、2015年9月の国連サミットで採択されました。世界中で、そして日本でも国や自治体、企業、NPOなどが様々な取り組みを始めています。また、2025年の開催が決定している大阪万博が目指す目標としてもSDGsが掲げられています。

その半面、SDGsの取り組みについての認知度は低く、2019年に宣伝会議が実施した調査によると認知度は社会人で14.7%と世間一般的にはまだまだ知られていないのが実状です。

そのような中、未来会議実行委員会では次の時代を担う子どもたちとファミリー向けに、展示や体験を通じて社会の様々な課題について体験・体感しながら考える場、For FAMILY「SDGsこどもサミット」を開催し、また、大阪万博を見据え、ビジネス向けに政府関係者や学識経験者らがSDGs達成に向けた取り組みや課題などについて議論するほか、企業や自治体の取り組み事例を紹介する、For BUSINESS「SDGsフォーラム」を実施します。

 ファミリー向けの「SDGsこどもサミット」では、芸人兼テレビ局ディレクターとして活躍している、たかまつななさんによる子ども向けSDGs講座など、SDGsを楽しく学べるコンテンツを多数ご用意しています。さらに会場に設けられているSDGsスタンプラリーを全部回ると豪華景品をゲットできる巨大ガチャも設置。順次プログラム内容を発信していきますので、未来会議のHPやSNSをチェックし、是非、ご家族でお越しください。

■SDGs MIRAI KAIGIとは

「持続可能な開発目標(SDGs:エスディージーズ)」の達成という大きなゴールに向け、SDGsの意義や狙いを幅広い人たちに理解してもらい、一人ひとりの行動につなげていくことを目的に開催するイベントです。子どもや家族向けのFor FAMILY「SDGsこどもサミット」では、子ども向けSDGs講座や展示ブースでの体験などを通じて、世界の様々な社会課題について学んだり、現在の課題を次の世代に残さないためにできることを考える機会を提供します。ビジネスパーソン向けのFor BUSINESS「SDGsフォーラム」では、講演やパネルディスカッションでSDGsをめぐる世界の動向や企業の取り組み事例を紹介します。会場は、JR大阪駅直結の「グランフロント大阪」。SDGsをテーマに2025年国際博覧会(万博)の開催が決まっている大阪から、SDGsのムーブメントを起こします。

■SDGs MIRAI KAIGI概要

主催      :SDGs未来会議実行委員会(株式会社宣伝会議・一般社団法人大阪青年会議所)
テーマ   :世界を変えるための17の目標を知ろう、触れよう、達成しよう
後援  :外務省・文部科学省
特別協力:学校法人先端教育機構
HP        :www.sdgs-miraikaigi.com

◆For FAMILY「SDGsこどもサミット」

日時:6月13日(木)~15日(土)11:00~18:30(10:30開場)
場所:グランフロント大阪 北館タワーC 1F ナレッジプラザ
(大阪市北区大深町3-1)※イベント会場の詳細はHPをご確認ください。
参加費   :無料(※事前登録制のセミナーあり)

◆For BUSINESS「SDGsフォーラム」

日時:6月13日(木)10:00~20:30
6月14日(金)10:00~18:00
場所:グランフロント大阪 北館タワーC 8F カンファレンスルーム(大阪市北区大深町3-1)


■宣伝会議について

1954年に日本で最初の宣伝・広告の専門誌、月刊『宣伝会議』を創刊しました。以来、出版事業と教育事業を通じて、マーケティング、コミュニケーション、クリエイティブ分野の最新の話題や事例を提供。知識と情報を通じて人材を育成し、広告界の発展に貢献しています。
 

 

■大阪青年会議所について

一般社団法人 大阪青年会議所(大阪JC)は、昭和25年の戦後の荒廃の中、「青年」-それはあらゆる価値の

 

根源であるとの考えから、祖国のあやまりなき再建と世界平和の実現への貢献を企図し、日本で2番目に設立された青年会議所(LOM)です。公益活動を目的とし、一般社団法人格を有し、25歳から40歳まで青年で構成されています。 平成30年1月1日時点で、1,050名の現役会員と卒業生である名誉会員、特別会員の約2,851名で構成される世界最大のLOMとなっています。他の青年会議所と同様、単年度制をとっており、毎年示される理事長所信に基づき、会員は、「奉仕」「修練」「友情」の3信条の下、明るい豊かな社会の実現を目指し、「整肢学院事業」「TOYP事業」「わんぱく相撲」などの継続事業をはじめ、日々、時代に先駆けた青年会議所運動に邁進しております。

■先端教育機構について

「知の実践研究・教育で、社会の一翼を担う」を理念とし、新事業を開発する人材を育成する事業構想大学院大学と、経営戦略を担う広報・情報人材を育成する社会情報大学院大学を運営しています。附属機関の「SDGs総研」では、SDGsの理解を深め、組織における実践を担う人材教育を行っています。




 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社宣伝会議 >
  3. 2025年開催大阪万博のテーマ“SDGs”を知り、取り組むきっかけをつくる3日間「未来をつくるソーシャルサミット『SDGs 未来会議』開催決定」