WiFiレンタルWi-Ho! 最新型AI翻訳機「POCKETALKⓇ(ポケトーク)S」のレンタルスタート!

海外旅行中のコミュニケーションもこれで安心!

株式会社テレコムスクエア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉竹 雄次、以下当社)が提供する世界各国のモバイル通信機器のレンタルサービス「Wi-Ho!」は、「POCKETALK(ポケトーク)S」のオプションレンタルを2020年2月18日より開始いたします。この最新型AI翻訳機は、74言語に対応し(55言語は音声・テキスト、19言語はテキストに翻訳)双方向に翻訳可能で、カメラ翻訳機能が搭載されています。

 

本オプションのポイント
 

1. 55言語対応のポケトークSで自国語のまま対話ができる
 ポケトーク Sは、互いに相手の言葉を話せない人同士が自国語のままで対話できる双方向の音声翻訳機です。



 

2. カメラ翻訳機能でレストランでの注文や交通機関のご利用時にも便利!
 ポケトークSには、カメラが搭載されており、文字を撮影すると、自動で55言語を認識して翻訳し、画面上に表示します。


 

3. 長文もカジュアルな会話もOK!
 AI(人工知能)により、ニュースのような長文も、くだけた会話も瞬時に訳せるので、現地の方とのスムーズなコミュニケーションが可能です。


 

4. Wi-Ho!で取り扱う翻訳機史上、最高のスペック!
 名刺サイズで重さ75g にして、スクリーン画面は2.8インチと大きく、使いやすい設計となっております。



 音声翻訳機の世界市場規模は2017年末から9倍増となっており、2019年11月時点でソースネクスト社の「POCKETALK」は、累計工場出荷台数 世界No.1です※。世界中で旅のスタイルが変わってきていることから、テレコムスクエアでは、渡航者のニーズに合わせて、渡航先でのコミュニケーションバリアを取り除き、豊かな旅にしていただけるよう、便利なオプションアイテムを随時展開予定です。

製品詳細:https://pocketalk.jp/
※出典:MM総研

 

POCKETALK(ポケトーク) S 基本情報


■詳細ページ:https://www.wi-ho.net/charge/option/
■レンタル料金:880円/日/台(税込)
■申込方法:WEB事前のみ

 
会社概要

株式会社テレコムスクエアは、モバイル通信サービスのパイオニアとして27年余にわたり、世界を旅する人たちへ、旅行中の「安心、便利、楽しさ」をお届けしています。Wi-Fiルータ―のレンタルやプリペイドSIM販売などの通信サービスに加えて、ARナビゲーションアプリ“PinnAR”や訪日外国人向けメディア“日本放題”など様々なデジタルメディアの運営をおこない、旅がより自由で豊かになるような「新たな価値」の提供と挑戦をし続けている会社です。 

社名:   株式会社テレコムスクエア
代表者:  代表取締役社長 吉竹 雄次(よしたけ ゆうじ)
本社:   〒102-0076 東京都千代田区五番町6-2 ホーマットホライゾンビル3F
創業:   1992年(平成4年)
従業員:    371人(2020年1月1日現在)
事業内容:   モバイルサービス通信事業(Wi-Fiルーターや携帯電話のレンタル、プリペイドSIMカードの販売
など国際モバイル通信機器の提供)
                  デジタルメディア事業(ARナビゲーションアプリや訪日外国人向けメディアの提供)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社テレコムスクエア >
  3. WiFiレンタルWi-Ho! 最新型AI翻訳機「POCKETALKⓇ(ポケトーク)S」のレンタルスタート!