SUUMOが運営する“街との出会いを提供する”Webメディア「SUUMOタウン」の書籍化が決定

~ 2019年12月11日(水)ポプラ社より刊行~

不動産・住宅に関する総合情報サイト「SUUMO(スーモ)」を提供するリクルート住まいカンパニー(本社:東京都港区 代表取締役社長:淺野 健)が2014年から運営するWebメディア「SUUMOタウン」が、書籍化されることが決定しました。2019年12月11日(水)、ポプラ社より刊行されます。



■Webメディア「SUUMOタウン」とは
「SUUMOタウン(https://suumo.jp/town/)」は、“街との出会いを提供する”をコンセプトに、リクルート住まいカンパニーが運営するオウンドメディアです。有名無名を問わず、さまざまな書き手が街への熱い思いを情感たっぷりに語る記事や、著名人の上京インタビューがそろっています。

■書籍「わたしの好きな街――独断と偏愛の東京」について
総勢20名が本音で書き、語る。東京で暮らすこと、働くことのすべて。みうらじゅん、東村アキコらの上京インタビューも収録。
 

目次  ※一部抜粋
15 名による珠玉の「街エッセイ」
雨宮まみ『都会と下町、まるで違う二つの顔を持つ街「西新宿」』
山田ルイ53世『一発屋であることを呑み込んだ「中目黒」』
山内マリコ『吉祥寺で過ごした二十代は悲惨だった』
小野寺史宜『ノー銀座、ノーライフ――この街に住むことをあきらめない』
pha『東京に住んでいるのは嘘なんじゃないかって今でもときどき思ってしまう』


5名が語るそれぞれの「上京物語」
みうらじゅん『東京で暮らすなら、いつも心に「不真面目」を』
東村アキコ『家賃を稼がなくちゃいけないから、ここまで描いてこられた』
鈴木敏夫『ジブリの秘密は“4階”にあった――「時間と空間」をめぐる五十年』
加藤一二三『東京で「棋士」として生きる――千駄ヶ谷で過ごした六十年』/
赤江珠緒『「人を愛せば愛される、土地を愛せば愛される」――街を好きになるために欠かせない心構え』

■書籍概要
・タイトル:わたしの好きな街――独断と偏愛の東京 
・発売日 :2019年12月11日(水)
・定価  :1,400円(税別)
・監修  :SUUMOタウン編集部

是非、書店でチェックしてみてください!

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リクルート住まいカンパニー >
  3. SUUMOが運営する“街との出会いを提供する”Webメディア「SUUMOタウン」の書籍化が決定