【社会人のためのSTEAM教育】~「教養」で終わらない、課題解決力~「月刊先端教育」2022年12月号発売

地域×教育イノベーション特集は「香川県」/巻頭言 ニッセイアセットマネジメント株式会社 代表取締役社長 大関 洋氏

社会人向け専門職大学院の事業構想大学院大学と社会構想大学院大学を運営する学校法人先端教育機構(東京都港区、理事長:東英弥)出版部は、社会とリカレントを結ぶ教育専門誌「月刊先端教育」2022年12月号を11月1日(火)に発売しました。(https://www.sentankyo.jp/


【大特集】「教養」で終わらない、課題解決力 社会人のためのSTEAM教育
学校教育においてはSTEAM教育への取り組みが広がっていますが、現在の経済・産業を第一線で支える社会人に向けた取り組みは多くありません。本特集では、近年注目を集めるSTEAM教育やリベラルアーツといった、分野や科目を越えた学びに社会人がいかに取り組むかを考察します。
 

主体性を引き出す学びの「醍醐味」
東京大学生産技術研究所 所長、教授
「私たちは、今、STEAM教育などを通じて、既成の型を押し付ける従来型の教育を改革しようとしていますが、現在の硬直化した教育システムから脱却するには、保護者の意識も変える必要があると考えています。一番変わらなければいけないのは大人だと思います」(記事一部抜粋)
 

ものづくりの本質から考えるSTEAM
ユカイ工学株式会社 代表取締役 CEO 青木俊介 
「勉強してから実践しようというのではなく、『作りながら覚えよう』ということなのではないかと思います。(中略)プログラミングも『まず基礎をやってから』となってしまうと、やりたいことと離れてしまって楽しくなくなってしまいますよね」(記事一部抜粋)

 

 


















 
  • 地域×教育イノベーション香川
豊かな文化や自然に囲まれ、数々の地域資源を有する香川県。しかし、近年、少子化や若者の県外流出などにより、地域活力の低下が懸念される状況となっています。そうした中で香川県は、郷土の自然や歴史、伝統、産業への理解を深め、子どもたちの夢や志を育む教育を推進。また、民間においても、起業家教育やデータサイエンス教育、リベラルアーツなどを通して、自らの良さや可能性を見出すための挑戦が始まっています。本特集では、香川を舞台にした教育・人材育成プロジェクトを紹介します。
-郷土を愛し、支える人材を育てる/香川県教育委員会 教育長 工代祐司氏
-創発を起こし、地方分散型の社会へ/香川大学長 筧善行氏
-女性起業家を育成、共感の輪を広げる/株式会社サンクラッド 代表取締役 馬場加奈子氏
 
  • 特集STEAM教育 ワクワクが原動力!子どもの非認知能力を育む~
Science(科学)、 Technology(技術)、 Engineering(工学)、 Art/Arts(芸術/リベラルアーツ)、 Mathematics(数学)の頭文字を組み合わせたSTEAM教育。創造力や他者と協働する力、課題解決力などを育むために、未来社会を担う子どもたちに必要な学びとして、大きな注目を集めています。本特集では、STEAM教育の有識者をはじめ、学校教育での取り組み、民間教育事業者への取材を通じて、その魅力を探ります。

中島 さち子氏中島 さち子氏

-いま必要なSTEAM教育とは?/株式会社steAm代表取締役社長 中島さち子氏

-地域や学校と連携して創造性を育む/大分大学大学院 教育学研究科 教授 竹中真希子氏 

 

 



雑誌概要 「月刊先端教育」2022年12月号

出版社: 学校法人先端教育機構 出版部

価 格: 1,620円(税込)
ASIN : ‎B09M5HS87C
ご購入は全国の書店にて。Amazonでも販売中
 https://amzn.to/3sGSvC5


月刊先端教育について
2019年10月創刊。教育の未来を見通すメディアを目指し、学校教育を始め、就学前教育や社会人教育など、あらゆる「学び」に焦点をあてる教育専門誌です。社会変化や社会課題にリンクした教育テーマや政府の重点教育政策を特集するほか、企業内・社会人教育にフォーカスした特集、海外の教育動向や教育業界のイノベーターを取り上げる連載などを掲載し、教職員や自治体、企業、NPOなど教育に携わる人すべてに有益な情報・アイデアを提供して参ります。
https://www.sentankyo.jp/

■学校法人先端教育機構の概略

名称:学校法人 先端教育機構
理事長:東 英弥
所在地:東京都港区南青山3-13-16
設置校  事業構想大学院大学(本部:東京都港区南青山3-13-16)
     拠点:東京、仙台、名古屋、大阪、福岡
    社会構想大学院大学 (東京都新宿区高田馬場1-25-30)
    ※社会情報大学院大学は、2022年4月に「社会構想大学院大学」へ名称変更しました
付属機関:事業構想研究所、先端教育研究所、SDGs総研
出 版:月刊事業構想、月刊先端教育、書籍等

■事業構想大学院大学について
2012年4月に東京・南青山に開学した、事業構想と構想計画を構築・実践する社会人向け大学院です。事業の根本からアイデアを発想し、事業の理想となる構想を考え、実現するためのアイデアを紡ぎ、構想計画を構築していくことを対象とした多様なカリキュラムを提供しています。多彩な業界で活躍する教員・院生と議論を重ね、2年間で事業構想計画書の提出を経て、専門職学位の「事業構想修士(専門職)」
(MPD:Master of Project Design)が授与されます。拠点は東京、仙台、名古屋、大阪、福岡の5校舎で、現在11期目 計466名が修了し、数多くのイノベーションとなる新事業が生み出されています。また、本学の附属研究機関である「事業構想研究所」では、企業・事業のプロジェクトベースでの研究が活発に実施され、既に1,500名以上が課程を修了しているほか、月刊『事業構想』等の出版を始め、研究書籍を発刊しています。
その他、詳細は大学院HP(https://www.mpd.ac.jp/)をご覧ください。
*公益財団法人 大学基準協会の大学認証評価(専門分野別・機関別認証評価)で「適合」評価
*厚生労働省の教育訓練給付金(専門実践教育訓練)に指定(国から最大112万円を給付)

■社会構想大学院大学について(※1)
2017年4月に東京・高田馬場に開学。学校法人先端教育機構の「知の実践研究・教育で、社会の一翼を担う」の理念に基づき、組織の理念を基軸に広報・コミュニケーション戦略を立案・実行する人材の育成を目指し、コミュニケーションデザイン研究科(※2)を設置しています。修了者には、専門職学位の「コミュニケーションデザイン修士(専門職)」(Master of Communication Design)が授与されます。また、2021年4月に開設した実務教育研究科では、実践知の体系化により新たな知識を確立し、それを社会へと実装するための教育・人材育成を行う高度専門職業人を養成します。修了者には、専門職学位の「実務教育学修士(専門職)」
(Master of Professional Education)が授与されます。その他詳細は大学院HP( https://www.socialdesign.ac.jp )をご覧ください。
※1)2022年4月より社会情報大学院大学から「社会構想大学院大学」に名称変更しました
※2)厚生労働省の教育訓練給付金(専門実践教育訓練)に指定(国から最大112万円を給付)
公益財団法人大学基準協会の「広報・情報系専門職大学院認証評価」で初の適合評価
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人先端教育機構 >
  3. 【社会人のためのSTEAM教育】~「教養」で終わらない、課題解決力~「月刊先端教育」2022年12月号発売