アジアサッカー連盟とのパートナーシップを拡充

クラブ大会に加え、各国代表大会のゲーム化権を取得

株式会社コナミデジタルエンタテインメントはAFC(アジアサッカー連盟)とのパートナーシップ契約について、さらに内容を拡充して延長することをお知らせします。
今般の契約更新により、AFC Champions League(以下ACL、アジア各国のクラブチームによる選手権大会)だけでなく、AFCが主催する各国代表チームの大会に関するゲーム化も取得する運びとなりました。

ACLのゲーム化をはじめとするAFCとの取り組みについては、今後「ウイニングイレブン」(海外名「PES」)シリーズの公式サイトなどにて、ご案内してまいります。

AFCとのパートナーシップの範囲が拡大されることで、アジアのサッカーのさらなる魅力や価値向上に繋げ、世界中の方々にサッカーゲームの楽しさをお届けして参ります。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社コナミデジタルエンタテインメント >
  3. アジアサッカー連盟とのパートナーシップを拡充