刈谷工場敷地内に、工作機械のショールームを新設

ブラザー工業株式会社(社長:佐々木一郎)は、今後売上拡大が見込まれる産業機器事業において、刈谷工場敷地内に工作機械のショールームを新しく建設いたします。新ショールームは、総建設費10.5億円、延べ床面積約2,500平方メートルの2階建てとなる予定です。

■新ショールームの概要

所在地 ブラザー工業株式会社 刈谷工場敷地内(愛知県刈谷市野田町北地蔵山1番地5)
施設用途 工作機械の展示、セミナー開催等
着工予定 2019年7月
竣工予定 2020年8月
建築面積 1,250m2
建築延床面積 2,500m2


 

■建設場所■建設場所

 

 

■完成イメージ(外観)■完成イメージ(外観)

 

 

 

■完成イメージ(内観)■完成イメージ(内観)


今回、新ショールームを建設することで、展示エリアは従来の2倍の面積になり、工作機械本体の展示台数を増加できるだけではなく、周辺機器やお客様へのソリューション提案を展示することも可能

 

となります。さらに、ショールーム内には、約100人収容可能なセミナールームも新設し、プライベートショーをはじめ今まで以上に大規模なイベントなども開催できるようになります。 

ブラザーは、新たなショールームを活用して今まで以上にお客様のビジネスへ貢献できるよう努めてまいります。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ブラザー工業株式会社 >
  3. 刈谷工場敷地内に、工作機械のショールームを新設