商品受取専用ロッカーを過半数が認知するも、利用増加率は5.3%

『ECサイトの配送に関する意識調査』

~3人に1人が「ドローン宅配便」に期待。その理由の1位は「送料」~
株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『ECサイトの配送に関する意識調査』結果を発表します。本調査は、事前調査で「月に1回以上、ECサイトで買い物をする」と回答した20~59歳の男女900名を対象にしています。
また、集計データとしてまとめた全50ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。


【調査結果の概要】                                                        
■商品受取専用ロッカーを過半数が認知するも、利用者の増加率は5.3ポイント
ECサイトで購入した商品が受け取れる専用ロッカーを「知っていて、利用したことがある」人は12.8%(前回の2016年4月時調査では7.5%)、「知っている」人は55.1%(前回調査では48.8%)でした。利用率、認知率ともに増加したものの、利用率は5.3ポイント、認知はしている人の割合は6.3ポイントの増加にとどまりました。また、受取専用ロッカーの設置希望場所は前回調査結果と同様に、「コンビニ」(57.1%)が最も多く、次いで「駅」(36.1%)、「スーパー」(33.8%)でした※1。

■3人に1人が「ドローン宅配便」に期待。その理由の1位は「送料」
「ドローン宅配便」に期待している人は36.7%でした※2。年代別に見ると、20代は47.6%、30代は42.0%、40代は33.3%、50代は24.2%で※2、年齢が若いほど期待している人が多いことがわかりました。「ドローン宅配便」の普及で期待することは、「送料が安くなる」(64.7%)が最も多く、次いで「配送日数や時間の短縮」(61.6%)でした※1。

■約7割が「配送料」に理解を示すも、その6割超が「ECサイトに負担を希望」
ECサイトで購入した商品について、「配送料がかかるのは理解できる」と答えた人は66.2%でした※3。しかし、その一方で、配送料に理解がある人でも、配送料は「購入者が全額負担すべき」と答えた人は23.2%にとどまりました。「購入者とECサイトが折半すべき」が48.3%、「ECサイトが全額負担すべき」が15.4%で、ECサイト側にある程度の負担を求める人が63.7%いました。

■「即日配送」を利用する20代男性の4割超が、「必ず最短納期で設定」 
「即日配送」「翌日配送」など短納期の配送サービスをこれまでに利用した経験がある人は62.3%でした。経験者のうち、「即日配送」「翌日配送」を「必ず最短納期になるよう設定する」人は24.6%(20代は36.5%、30代は25.5%、40代は17.2%、50代は16.3%)でした。20代男性に限ってみると44.3%にのぼり、最短納期を望む傾向が強いことがわかりました。

■「宅配ボックス」を持たない世帯の4人に1人が、「自費でもいいので設置したい」
「宅配ボックス」がある世帯は21.0%でした。「宅配ボックス」がない世帯に設置について聞いたところ、「自費でかまわないので、ぜひ設置したい」人は5.7%、「どちらかというと自費でもいいので、設置したい」人は19.7%でした。

※1 複数回答可。
※2 「非常に期待している」「どちらかというと期待している」の合計。
※3 「配送料金がかかるのは当然だと思う」「どちらかというと、配送費用がかかることは理解できる」の合計。


【調査の実施概要】
調査名:『ECサイトの配送に関する意識調査』
調査期間 :2017年4月6日(木)~4月7日(金)
調査対象 :事前の調査で「月に1回以上、ECサイトで買い物をしている」と回答した20~59歳の男女900名
質問項目 :
    ・「店頭受取」を利用したことがありますか。
    ・ECサイトで購入した商品を初回配達時に受け取れるよう、配慮していることを教えてください。
    ・「はこぽす」など、ECサイトで購入した商品をロッカーで受け取れるサービスを知っていますか。
    ・商品受取用のロッカーを、今後設置してほしい場所を教えてください。
    ・「即日配送」や「翌日配送」など、短納期で配送されるサービスを利用したことがありますか。
    ・ECサイトで買い物をするとき、「送料」がかかるかどうかを気にしていますか。
    ・ECサイトの商品配送にかかる「送料」は、誰が負担すべきだと思いますか。
    ・年会費の支払いで、送料無料などの特典が受けられるサービスを魅力に感じますか。
    ・自宅用に「宅配ボックス」を設置したいと思いますか。
    ・「梱包」に関して、何か要望はありますか。
    ・「ドローン宅配便」の本格稼働に向けて、実証実験が進んでいることは知っていますか。
    ・「ドローン宅配便」に、期待していることを教えてください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャストシステム >
  3. 商品受取専用ロッカーを過半数が認知するも、利用増加率は5.3%