STYLE HAUS『コロナ・外出自粛明けに「売れたモノ」ランキングTOP10|女性編』を公開

https://stylehaus.jp/articles/16221/?af=601

株式会社エニグモ(代表取締役最高経営責任者:須田将啓 本社:東京都港区、東証第一部:証券コード3665)が運営する、ファッションメディア『STYLE HAUS(スタイルハウス)』 は、同社が運営するスペシャルティ・マーケットプレイス『BUYMA(バイマ)』において新型コロナウイルスの影響で何が売れたか男女市場別に調査した結果を2020年9月8日(火)に公開いたします。
外出自粛要請が解除され、6月以降から徐々に外へ出掛ける機会が増えてきました。
それでもやはり完全に元の生活に戻ったわけではなく、新型コロナウイルス感染症から自分自身や周りの人、そして地域やコミュニティーへの感染拡大を守るため、一人ひとり生活に合った「新しい生活様式」を自然と取り入れながら過ごすようになってきたのではないでしょうか。

そこで今回は、 緊急事態宣言解除以降の6月~7月の2ヶ月間で、女性消費者の生活意識や購買動向がどのように変わったか会員数750万人を超える海外通販BUYMA(バイマ)の購買データを元に調べてみました。

※対象期間 :外出自粛期間(2020年4月-5月)と外出自粛解除期間(2020年6月-7月)を比較し売上等が伸びている
商品項目を算出しました。
※海外通販BUYMA(バイマ)の売上金額・売上件数のデータを元に独自にランキングを生成しています。
 

 

▼ 外出自粛解除以降、売れたモノランキングTOP10(女性市場)
 

【1位】エコバッグ…レジ袋有料化でマイバック促進
2020年7月1日よりレジ袋有料化がスタートしたことをきっかけに、注目が一気に高まったエコバッグ。外出自粛が解除されると同時に、6月から徐々に百貨店やスーパーなども営業を再開したことで買い物頻度が増えエコバッグの需要が急速に高まりました。特にBUYMAでは日本で入手できない海外限定デザインのエコバッグが人気です。

【2位】キャンドル…おうちで映画・ドラマ鑑賞時間UP
新型コロナの影響で過去最高益を出したネット配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」。これは4月~6月にかけて在宅時間が増えたことで、今までNetflixを観ていた人はより視聴時間が増加し、また今まで見ていなかった人もコロナをきっかけにネット配信サービスを契約して家で映画やドラマをみるようになったと考えられています。そんなNetflixオリジナルシリーズで大ヒットを記録した韓国ドラマ『愛の不時着』。このドラマで登場したアロマキャンドル「soohyang(スヒャン)」が話題となり注文が殺到しました。

【3位】ビキニ・ワンピース水着…夏の遊泳を期待!?
意外にも水着の需要が伸びていました。おうち時間が長く、なにかと制約されることが多かったことから、我慢してきたことが一気に爆発!?「お出かけしたい!」「夏を楽しみたい!」という思いがビキニやワンピース水着を購入する動機に繋がったのでしょうか。

【4位】アイケア・アイメイク…化粧は目元だけ!
外出時にマスクをすることが当たり前になってしまった昨今。マスクで覆われない目元部分の化粧品(マスカラ、アイシャドウ、コンシーラー、アイクリーム)の需要が顕著に伸びました。その中でも特に目立っていたのが韓国コスメブランドのアイシャドウパレット。手ごろな価格ながら、日本人の肌の色になじむカラーと程よいラメが効いたアイシャドウが人気でした。

【5位】サンダル・ミュール…快適なスポーツサンダル!
季節的にサンダルの需要が伸びる時期ですが、目立って売れていたのがこちらのNIKE(ナイキ)から発売されたAir Max Koko(エアーマックスココ)というスポーツサンダル。スニーカーのような履き心地でどんなに動いても疲れない機能性をも兼ね備えた新感覚のサンダルです。在宅期間が長かったことで運動不足気味な女性やヒールやパンプスを履かなくなった通勤OLさんたちにヒットしたようです。

【6位】トート・ハンドバッグ…ノートPC収納可な通勤バッグ!
外出自粛解除から久々にオフィスへ出勤する人が増えたことが影響し、トート・ハンドバッグの需要が伸びました。なかでもノートパソコン(ノートPC)を入れて持ち歩ける大容量タイプやA4収納タイプが人気を集めています。これはwithコロナ時代の新たな働き方として、オフィスと家との2カ所で働くワークスタイルが浸透してきているのかもしれません。

【7位】ブレスレット・指輪…手元のお洒落を楽しみたい!
外出自粛中はピアスやネックレスなど顔まわりを華やかに飾るアクセサリーが伸びていましたが、自粛明けからはブレスレットや指輪という手元に付けるアクセサリーが売れていました。ちょうど梅雨~夏という季節で半そでやノースリーブの服を着る機会が増え、手元のお洒落を楽しみたいという人が増えたようです。

【8位】コップ・タンブラー…自転車通勤&zoom会議で必須!
Myボトルをもって再びオフィスへ出勤する人、自転車通勤する人が増えました。また、自宅でリモートワークをする人は、zoom会議中に映り込んだときに目にとまるようなお洒落な“映え”コップやマグカップの需要が高まっています。

【9位】折りたたみ財布…加速するキャッシュレス決済!
コロナウィルスへの感染リスクを回避するため、益々キャッシュレス決済が浸透し、現金を持たなくなりお財布をミニ財布にシフトする人が増えました。ちょうど10万円の特別定額給付金が支給されたこともあり、BALENCIAGA(バレンシアガ)をはじめCELINE(セリーヌ)やLOEWE(ロエベ) といった高額なハイブランドの財布をご褒美買いする人が目立ちました。

【10位】スキンケア・化粧水…マスク荒れでスキンケア!
肌が“マスク荒れ”してしまったという女性が急増。梅雨のじめじめも相まってニキビや吹き出物ができてしまったというニュースを見かけることがありましたが、実際にニキビや吹き出物を鎮静化させる作用のある化粧水やフェイシャルマスクなどのスキンケア商品が自粛解除後増えていました。また最近では、植物性製品やオーガニック系のスキンケアアイテムが注目されています。

【番外編】お洒落なブランドマスク
もはやマスクはマナー!付けて出掛けるのは当たり前!
とは言ったものの、市販されている白いマスクだと気持ちは高まりません。。そう、今やマスクはファッションの一部です。コロナ以降、Tory Burch(トリーバーチ)やCoach(コーチ)やTHE NORTH FACE(ザノースフェイス)といった日本でも知名度のある海外のファッションブランドやスポーツ・アウトドアブランドからお洒落なデザインのマスクや、機能的なマスクが数多く展開され、7月以降からBUYMA(バイマ)でもファッションマスクの売上が飛躍的に伸び続けています。


【BUYMA(バイマ) 】https://www.buyma.com/?af=601
BUYMAは、世界163カ国に在住する15.2万人以上のパーソナルショッパー(出品者)から世界中の魅力的な商品をお得に購入できるこれまでにない新しいスペシャルティ・マーケットプレイスです。会員数は758万人を突破、取扱ブランド数は13,000を超え、日本未上陸ブランド、国内完売アイテムをはじめとした世界中のファッショントレンドアイテムからコスメ、インテリア雑貨まで幅広く揃っています。
 

※iPhone版のアプリ(無料)はこちらからダウンロード 
https://apps.apple.com/jp/app/buyma/id824042539
※Android版のアプリ(無料)はこちらからダウンロード   
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.buyma.buymaapp

【BUYMAで活躍するパーソナルショッパーとは】
会員数758万人を超える海外通販サイト「BUYMA」内で活躍する、買い物をサポートする日本人スペシャリストを指します。自分のセンスや感性を活かし最新のトレンド情報をキャッチし、お客様の嗜好に合わせてスタイリングやアイテムを紹介するなど、より一層ショッピングを楽しめるようホスピタリティ溢れるサービスを提供しております。

【STYLE HAUS(スタイルハウス)】https://stylehaus.jp/?af=601
  "世界中のリアルなトレンドがわかるファッションメディア“

【受賞歴】
■2012年12月
「2012 Red Herring Top 100 Global(2012年レッドヘリンググローバルトップ100社)」を受賞
■2015年7月 
米国経済誌「Forbes Asia」の「アジアの売上10億ドル以下の優良企業200社リスト(Forbes Asia's 200 Best Under A Billion)」に選出
■2016年6月
『カンヌライオンズ2016』デザイン部門でプロモーションビデオ「A Kind Drone ~親切なドローン~」がシルバー受賞
その他多数受賞

【BUYMAの安心への取り組み 】 http://www.buyma.com/contents/safety/?af=601
BUYMAでは、お客様に安心してお買い物していただけるよう充実した補償サービスを提供させていただいております。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エニグモ >
  3. STYLE HAUS『コロナ・外出自粛明けに「売れたモノ」ランキングTOP10|女性編』を公開