国内最大規模の花の展覧会が開催~第68回関東東海花の展覧会~

国内最大規模の花の展覧会が2月1日より3日間開催

2019年2月1日(金)~2月3日(日)、サンシャインシティ(東京・池袋)で「関東東海花の展覧会」が開催される。国内最大規模の花の展覧会として知られる本展覧会は、今年で68回目を数える歴史ある催しだ。開催期間中、品評会やフラワーデザインコンテストが開催される他、今回当番都県を務める埼玉県による特別展示「埼玉の花~日々の暮らしに彩を~」が開催。日々の暮らしに花を気軽に取り入れられるように、様々なライフスタイルを想起させる内容となっている。本特別展示の企画設計を株式会社ポニーキャニオンが担当、施工を株式会社フジアールが担当した。

 

 2019年2月1日(金)~2月3日(日)、サンシャインシティ(東京・池袋)で「関東東海花の展覧会」が開催される。本展覧会は、関東から東海地方までの1都11県及び花き関係6団体が主催する国内最大規模の花の展覧会として知られる。今年で68回目を数える歴史ある催しだ。

 開催期間中、品評会やフラワーデザインコンテストが開催される他、今回当番都県を務める埼玉県による特別展示「埼玉の花~日々の暮らしに彩を~」が開催される。全国第2位の花き産出額を誇る花植木産業を有する埼玉県が、一般消費者に埼玉県産の花の魅力を知ってもらうため、日々の暮らしに花を気軽に取り入れられるように、様々なライフスタイルをテーマに展示を行う。

株式会社ポニーキャニオンは本特別展示の企画設計を担当、施工を株式会社フジアールが担当した。

【特別展示「埼玉の花~日々の暮らしに彩を~」】


大掛かりな「いけばな」で始まる本特別展示。来場者を「花のある生活へご招待する」というメッセージが込められている。


日本庭園の中で映える植木は、日本人の心に響く空間となっている。茶室や池を泳ぐ鯉を鑑賞しながら、埼玉県の名産である狭山茶を試飲できるブースもあり、「生活の癒し」を体感できる。


切り花を使用した室内花装飾で、ガーデン・エクステリアやフラワーアレンジメントで表現される。まるで自分の誕生日を祝われているような気分になれる。


洋らんをふんだんに使用したゴージャスな空間は、「人生の記念日」をお祝いする空間となっている。


今年新設されるステージエリアは、来月に控えたバレンタインデーをイメージし、「気持ちを伝える日」をテーマとしている。


本特別展を締めくくるエリアは、ブライダルをイメージに、花苗を使用したブーケを装飾。

誰でも家庭や生活で取り入れたりできるような花植木の装飾や、記念日を題材に表現される本特別展示は、生活を豊かにするヒントとなるかもしれない。

■開催期間
2019年2月1日(金)~2019年2月3日(日)

■開催時間       
2月1日(金) 13:00~18:00
2月2日(土) 10:00~18:00
2月3日(日) 10:00~12:30 

■開催場所
サンシャインシティ 文化会館ビル2F 展示ホールD(東京都豊島区東池袋3丁目1ー4)

■料金  
入場無料

■詳細
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0904/shigoto/nogyo/noson/nosakumotsu/kaki/20190201_kankaten.html 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ポニーキャニオン >
  3. 国内最大規模の花の展覧会が開催~第68回関東東海花の展覧会~