株式会社温泉道場と横瀬町が「地方創生及び地域ブランドづくりに関する包括連携協定」を締結

オンラインで調印式ならびに記者会見をおこないました。

株式会社温泉道場(埼玉県比企郡ときがわ町、代表取締役 山﨑寿樹)と横瀬町(町長 富田能成)は2021年2月2日、「地方創生及び地域ブランドづくりに関する包括連携協定」を締結いたしました。

本協定は、人口減少対策や雇用の創出、観光・農林業をはじめとする地域産業の振興等の地域の諸課題の解決に向け、温泉道場と横瀬町が双方の持つ強みを活かし、連携・協働することにより、横瀬町の地方創生及び地域ブランドづくりを図ることを目的としています。

今回の協定締結により、具体的には、町有施設等の利用促進や空き家の利活用に向けた施策の展開、農商工連携による地域ブランドづくりの推進、地域資源を活用した移住促進及び観光施策の展開と地域情報の発信等について連携し協力してまいります。

■株式会社温泉道場
2011年3月創業。埼玉県を中心に「おふろcafe(R)」ブランドをはじめとする温浴施設や、リゾート施設の運営やコンサルティング、地域事業投資再生支援を行う。「おふろから文化を発信する」の企業理念の下、業界での新たな価値創造、地域活性化への貢献、人材の育成を目指して活動しています。
http://onsendojo.com/
 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社温泉道場 >
  3. 株式会社温泉道場と横瀬町が「地方創生及び地域ブランドづくりに関する包括連携協定」を締結