「洋服を売る以上のことをしよう(Do more than sell clothes)」 Gapのリサイクルプロジェクトがスタート

2021年3月1日(月)から5月31日(月)まで、全国のGapストアで実施

1969年にアメリカ・サンフランシスコでデニムをメインに扱うセレクトショップとして創業以来、世界的なカジュアルファッションブランドとして、常にモダンなアメリカン・カジュアルを提案し続けているGap。

Gapは、創業当時から企業理念として掲げている「洋服を売る以上のことをしよう(Do more than sell clothes)」という信念のもと、2017年から今年で5年目となるリサイクルプロジェクトを2021年3⽉1⽇(月)から5⽉31⽇(月)までの期間、全国のGapストアにて実施します。※⼀部店舗をのぞく

このリサイクルプロジェクトとは、不要になった⾐服を回収し、貧困に苦しむ⼈々を⽀援する活動です。集まった⾐服は、国際協⼒⽀援を⾏うNPO法⼈ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)を通じ、古着業者に買い取られ、その換⾦された資⾦はミャンマーとベトナムの貧困に悩む⼈々のサポートに活かされます。2020年は11.7トンもの洋服をお預かりし、その資⾦でミャンマーの⼦供達には図書とおもちゃを贈呈し、ベトナムの⼦供達には奨学⾦のサポートなど様々な⽀援活動を行いました。

ステイホームの時間を活用し、不要な衣類をGapストアへ持参してサステナブルな活動に是非ご参加ください。

■回収期間:2021年3⽉1⽇(月) 〜 2021年5⽉31⽇(月)
■対象店舗:全国の Gap, babyGap, Gap Outlet, The Gap Generation, Gap Factory Store(※福岡三越店、GapFitストアは対象外)
■Gap公式ニュース詳細ページ:https://gapnews.jp/news/74

回収対象品
・洋服であることが条件となります(※洋服以外の製品、アクセサリーは対象外)
・Gap以外の洋服もOK
・多少の汚れ・シミ・破れもOK

■ Gapコロナ対策について
新型コロナウィルスの感染防止策としての弊社の対応、および取り組みにつきまして詳しくは以下をご覧くださいませ。http://gapnews.jp/news/94

■ Gapについて
Gapは世界で最もアイコニックなアパレル、アクセサリーブランドであり、アメリカンカジュアルスタイルブランドのオーソリティです。1969年、サンフランシスコで生まれたGapのコレクションは、全てのデニム、クラシックなオックスフォードシャツ、カーキ、そして必須のトレンドアイテムまで幅広く展開し、モダンなワードローブの基礎を築くためにデザインされています。Gapではウィメンズ、メンズのアパレルとアクセサリー、GapKids、babyGap、GapMaternity、Love by Gap、GapFitといったコレクションを展開しています。Gapブランドはまた、Gap OutletとGap Factory Storeのために特別にデザインされたコレクションを価格重視のカスタマーに向けて提供しています。Gap Inc.はGap、Banana Republic、Old Navy、Athleta、Intermix、Janie and Jack、Hill Cityを傘下に持つ世界有数の専門小売企業、Gap Inc. (NYSE: GPS)の社名を冠したブランドです。詳しくは、www.gapinc.com をご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ギャップジャパン株式会社 >
  3. 「洋服を売る以上のことをしよう(Do more than sell clothes)」 Gapのリサイクルプロジェクトがスタート