クラスメソッド、株式会社トモズのLINEミニアプリ『どこでも処方せん送信』の開発を支援

クラスメソッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:横田 聡、以下「クラスメソッド」)は、株式会社トモズのLINEミニアプリ『どこでも処方せん送信』の開発を支援しました。
株式会社トモズが、2021年5月24日に提供開始したLINEミニアプリ『どこでも処方せん送信』は、LINE経由でどこからでもトモズの店舗に処方せんの画像を送り、お薬の手配を依頼できるサービスです。薬局での待ち時間を減らすことで利用者への負担を軽減し、感染症のリスクも低減することができます。
クラスメソッドは、このLINEミニアプリの開発について、インフラとアプリケーションの設計・開発からUI/UXデザインまでを技術支援しました。

【事例概要】
支援内容:株式会社トモズのLINEミニアプリ『どこでも処方せん送信』の開発
・AWS上へのサービスインフラの設計・構築
・サービスのLINEミニアプリへの設計・実装
・UI/UXデザイン
提供サービス:AWS総合支援「クラスメソッドメンバーズ」、LINEサービス総合支援
プロジェクト期間:2020年12月〜2021年5月

【LINEミニアプリ『どこでも処方せん送信』について】
LINEミニアプリ『どこでも処方せん送信』は、LINEから処方せんをお近くのトモズに送り、薬の手配を依頼できるサービスです。
『どこでも処方せん送信』は、トモズ公式アプリやLINE公式アカウントからのリンク、店頭のQRコードを読み込むことで起動します。 最寄りのトモズを選択して、処方せんをスマホで撮影、送信するだけで、どこからでも調剤を依頼できます。処方せんの受信、調剤開始、お薬の準備完了のタイミングでトモズからメッセージが送られてくるため、薬局での待ち時間なく、お薬を受け取ることができます。
LINEアプリへの設定を行うことでLINEホームタブからも起動できるようになるため、さらにスムーズに利用することができます。

[利用イメージ]


[店舗からの受付完了メッセージ]



【クラスメソッドについて】
クラスメソッド株式会社はアマゾン ウェブ サービスをはじめ、データ分析、モバイル、IoT、AI/機械学習等の分野で企業向け技術支援を行っています。AWS支援では2015年から継続して最上位のプレミアコンサルティングパートナーに認定され、2018年と2020年には「AWSコンサルティングパートナー オブ ザ イヤー」を受賞。現在までの支援実績は2,300社10,000アカウント以上となりました。社員による技術情報発信にも注力し、オウンドメディア「DevelopersIO」では2万5千本以上の記事を公開中です。「すべての人々の創造活動に貢献し続ける」という企業理念のもと、最適な技術を提案してまいります。

本社所在地: 東京都千代田区神田佐久間町1-11 産報佐久間ビル8階
オフィシャルサイト: https://classmethod.jp/
技術ブログ「Developers.IO」: https://dev.classmethod.jp/
Facebookページ :https://www.facebook.com/classmethod/

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クラスメソッド株式会社 >
  3. クラスメソッド、株式会社トモズのLINEミニアプリ『どこでも処方せん送信』の開発を支援