【ヘイズ採用動向リポート 「インサイドストーリー」 テクノロジー業界編を公開】企業のテレワーク推進により、テクノロジー部門の求人が増加

https://www.hays.co.jp/theinsidestory/technology

外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:リチャード・アードリー、以下ヘイズ)はこの度、業界動向レポート「インサイドストーリー」のテクノロジー業界編を公開しました。



新型コロナウィルスによる影響で、市場の先行きは依然として不透明です。その一方で、多くの企業がテレワーク導入に際し、従来のツールや仕事の仕組みを抜本的に見直すようになり、テクノロジー産業は活況を呈しています。クラウド技術やサポートに携わるプロフェッショナルについては、これまでも慢性的に人材不足とされてきましたが、現在、こうした人材への需要は特に高く、テクノロジー分野において過去に例を見ないほど重要な収益源となっています。

テレワーク推進に伴いデジタル化に転機
新型コロナウィルスの影響で、ソーシャルディスタンスの概念が広がり、多くの企業がテレワークの推進やインフラの整備への対応を迫られましたが、この動きは日本のデジタル化において大きな転機となるものと予測されます。ビジネスの変革は加速度的に進み、ITやテクノロジーに関する職種への需要も今後、安定して推移するものと予測されます。また、これまで動きが鈍いとされてきた日本の転職市場ですが、テレワークを模索する動きに伴い、新しい、より柔軟な働き方を加速させるものとみられます。

テクノロジー関連の求人は安定した見通し
こうした人材の動向や安定した需要により、日本のテクノロジー分野の見通しは明るいものとなっています。現在意欲的に採用活動を展開している企業は殆どが多国籍企業で、こうした企業は既に事業拡大計画を決定済みで、採用について本社の承認も獲得しています。その一方で、クラウド関連の企業など日本企業も採用に向けて動き始めています。また、ITベンダー企業も、収益増などで戦略的に重要となる人材を中心に、引き続き採用活動を行っています。現在は、ジュニアレベルとシニアレベルの人材の募集が多く見られます。

求められるシステム統合スキル
テレワークの導入の際に明らかになった課題の解決に向けて、今後はインフラ強化に着手する企業が増加すると見込まれており、システム統合に関する職種のニーズが高まるものとみられます。マイグレーションとインテグレーションのスキルは、非常に専門性が高く、特に、企業を対象としたマイグレーションの経験を持つ人材が求められています。

今回のコロナ危機においては、変化への順応性や自発性、新たな仕事のプロセスを立ち上げる能力など、一定のソフトスキルに対する評価も向上しました。日本の企業では、上司から明確な指示を頻繁に受けて行動する文化が定着していますが、こうした行動様式はテレワークでは機能しません。企業は今後、自主的に行動出来る人材を求めるようになるでしょう。数人単位のチームを統括する「サブリーダー」のような職務の需要が高まるものと予想されます。

ヘイズ・ジャパンのマネージング・ディレクター、リチャード・アードリーは、次のように述べています。「日本の企業は特定の技術分野で最先端にありながら、テレワークの利便性が低いことから多くの課題に直面しています。今回の危機を契機として、日本では長期にわたり技術革新が進むことでしょう。書面に印鑑を押さなければならない制度など、オンライン処理出来ない日本独特の慣習を見直す議論も活発化しています。今、テクノロジー分野の求職者に求められているのは、この技術革新で必要とされる適切なスキルを身につけることです。また、企業経営者は、会社存続に向けてカギを握るテクノロジーを見定めた上で採用を行うことが重要です。」

日本のテクノロジー分野に関するインサイドストーリーの全文は、 以下のリンクからダウンロードできます。
https://www.hays.co.jp/theinsidestory/technology

ヘイズは、専門性の高いプロフェッショナルを対象に人材紹介サービスを提供しているリクルートメントのグローバル・エキスパートです。


ヘイズスペシャリストリクルートメントジャパン株式会社 について
ヘイズの日本法人として2001年に東京で設立されたヘイズ・ジャパンは、3つの国内拠点(日本本社、大阪支店、横浜支店)を有する外資系人材紹介会社です。17の専門分野(経理・財務、金融、ファイナンステクノロジー、デジタルテクノロジー、マーケティング・デジタル、人事、IT、保険、法務、ライフサイエンス、オフィスプロフェッショナル、不動産、セールス・マーケティング、サプライチェーン、マニュファクチャリング)に精通した経験豊富なコンサルタントが、「正社員紹介」「契約・派遣社員」「採用アウトソーシング(RPO)」「ITソリューションズ(業務委託)」の4つのサービスを提供し、企業の人材採用と個人のキャリアアップを支援しています。

ヘイズについて
ヘイズ(本社:英国)は、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社です。2019年6月30日現在、世界33カ国と地域*、265 の拠点(総従業員11,500人)において、20の専門分野に特化したハイスキル人材サービスを提供しています。(*日本、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ)



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヘイズ・ジャパン >
  3. 【ヘイズ採用動向リポート 「インサイドストーリー」 テクノロジー業界編を公開】企業のテレワーク推進により、テクノロジー部門の求人が増加