大阪名古屋でも開催決定!リアル脱出ゲームのSCRAPが贈る新たなエンターテインメント現場捜査ゲーム「演じすぎた男」

【報道関係者各位】
2020年2月吉日
株式会社SCRAP
 



株式会社SCRAP(所在地:東京都渋谷区、代表者:加藤隆生)は、参加者が実際に事件現場を捜査しながら物語を進める『現場捜査ゲーム「演じすぎた男」』の大阪、名古屋公演を開催することを発表いたします。
イベント特設サイト:https://realdgame.jp/genba_sousa/
現在、SCRAPナゾビル吉祥寺にて開催中の『現場捜査ゲーム「演じすぎた男」』は、専用デバイスを駆使して現場を捜査し、ヒラメキと推理で犯人を追い詰めていく体験型イベントです。参加者からも実際に刑事になったような気持ちになれると好評なエンターテインメントとなっております。
リアル脱出ゲームを手掛けるSCRAPと、鈴木おさむ氏脚本による超豪華タッグで贈る今回の事件では、個性派俳優として活躍する岡田義徳氏が犯人役を務めます。
 名古屋公演は4月24日(金)より、大阪公演は5月15日(金)より開催いたします。チケットの発売は、少年探偵SCRAP団(SCRAPファンクラブ)団員先行発売が2020年3月7日(土)12:00~13日(金)23:59、一般発売が2020年3月14日(土)12:00からとなります。
豪華タッグで贈るここでしか見ることができない撮り下ろし映像とこの新たな物語体験を、大阪、名古屋でもどうぞご堪能ください。

今回、とても楽しくこの脚本を書かせていただきました。
現場に行かないと体験できないこのドラマと謎解き。
新しいチャレンジをしようとするリアル脱出ゲームのチームに沢山の刺激をいただき、
新しいものが出来たと確信しています。
是非、ドラマの主人公として捜査をしてください!!
―――鈴木おさむ

子どもの頃あこがれていたのは、鮮やかに謎を解く名探偵でした。
できれば少年探偵団に入りたかったけど、入れないまま少年時代が終わってしまいました。
現場を捜索し、可能性を検証し、推理し、隠された真実にたどり着く。
その夢みたいな体験ができるのがこのゲームです。
大切なのは観察力、推理力、そして現場捜査力。
日本中にたくさんの名探偵が生まれるのを楽しみにしています!!
―――SCRAP 加藤隆生


■現場捜査ゲームとは?
刑事となったあなたが実際に事件現場を捜査し、推理とヒラメキで犯人を追い詰める体験型ゲーム・イベントです。ドラマで、映画で、小説で、憧れたシチュエーションに入り込み、この物語のエンディングに辿り着いてください。

■ストーリー
その部屋には他と違う部分がひとつだけあった。
それは天井からぶら下がった死体。

現場は劇団アルバンが公演を行う劇場の楽屋。部屋では脚本家の吉川昌之が死んでいた。
第一発見者は劇団員の染谷太一。
「以前から自殺をほのめかすようなことを言っていたので、嫌な予感がしたんですよ」
よどみなく語る彼の話と、ある現場の状況から自殺であることは決定的だった。

しかし、刑事であるあなたは現場の“小さな違和感”に気がつく。
「少し時間をいただけますか? この事件はみなさんが思っているよりも複雑なようです」
あなたは確信していた。これはただの自殺ではないということを。

さあ、あなたは細かな観察力と大胆な推理で犯人を追い詰めることができるだろうか?

■開催日程 
名古屋公演2020年4月24日(金)~
大阪屋公演2020年5月15日(金)~

■開催地 ナゾコンプレックス名古屋、アジトオブスクラップ大阪ナゾビル

■チケット発売
・名古屋公演、大阪公演
 【少年探偵SCRAP団(ファンクラブ)発売】2020年3月7日(土)12:00~3月13日(金)23:59
【一般発売】2020年3月14日(土)12:00~

■料金 
▽トリオチケット:前売 2,700円/人(8,100円)、当日 3,200円/人(9,600円)
▽ペアチケット:前売 2,900円/人(5,800円)、当日 3,400円/人(6,800円)
▽ソロチケット:前売 3,900円、当日 4,400円
※すべて税込。
※前売券が完売した場合、当日券の販売は行いません。
 ※入場受付は各公演時間の10分前より開始します。
 ※すべてのチケットは、スクラップチケット(スクチケ)にて取扱。
 チケット絶賛発売中!!

■ゲームシステム
  制限時間:40分
  所要時間目安:約70分
  チーム人数:1~3人
  場所:屋内
■主催/企画制作 SCRAP
■制作協力 鈴木おさむ、ROBOT
※岡田義徳氏は、映像での出演となります。

■イベント特設サイト
https://realdgame.jp/genba_sousa/


SCRAPとは
2008年、株式会社SCRAP設立。遊園地やスタジアムを貸し切ってリアル脱出ゲームを作ったり、本やアプリ、TV番組にも謎をしかけ、企業の謎解きプロモーション企画をお手伝いしたりしているうちに、すっかり謎イベントの制作会社として世間に認知されてしまった京都出身のフリーペーパー制作会社(しかもフリーペーパーは絶賛休刊中)。勢いに乗ってファンクラブ「少年探偵SCRAP団」も結成。テレビ局・レコード会社などともコラボレーションを行い、常に新しいエンターテインメントを生み出し続けている。※「リアル脱出ゲーム」は株式会社SCRAPの登録商標です。
★公式サイト http://www.scrapmagazine.com/ ★Twitterアカウント @scrapmagazine
★リアル脱出ゲーム公式サイト http://realdgame jp/ ★リアル脱出ゲームTwitterアカウント @realdgame








鈴木おさむ プロフィール


放送作家。1972年生まれ。多数の人気番組の企画・構成・演出を手がけるほか、
エッセイ・小説や漫画原作、映画・ドラマの脚本の執筆、映画監督、ドラマ演出、
ラジオパーソナリティ、 舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。


岡田義徳 プロフィール


俳優。1977年生まれ。1994年にTVドラマ「アリよりさらば」(TBS)で俳優デビュー、
翌年には「渚のシンドバッド」で映画初出演を果たす。その後数多のドラマ・映画に出演し
個性派俳優として活躍するほか、アニメの吹き替え声優としても幅広く活動。
代表作に『木更津キャッツアイ』(うっちー役)など。
近年の出演作に近年の主な出演作に「コンフィデンスマンJP」「今日も嫌がらせ弁当」

「王様になれ」「三人の信長」「いつかのふたり」「生理ちゃん」(19)、『good people』(19)など。




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SCRAP >
  3. 大阪名古屋でも開催決定!リアル脱出ゲームのSCRAPが贈る新たなエンターテインメント現場捜査ゲーム「演じすぎた男」