AI自動翻訳のロゼッタ ウェビナー『WikiWorks×T-3MTで実現 ~DXで変わる産業翻訳~』12月21日(火)開催

高精度AI自動翻訳の開発・運営を行う株式会社ロゼッタ(本社:東京都千代田区 代表取締役:渡邊 麻呂)は、無料ウェビナー『WikiWorks×T-3MTで実現 ~DXで変わる産業翻訳~』を2021年12月21日(火)に開催いたします。
今回のウェビナーは、翻訳業務において外注するとコストがかかる、内製するには膨大な手間がかかるなど翻訳に関する課題を抱えている方に向けた課題解決の機会となります。

■『WikiWorks×T-3MTで実現 ~DXで変わる産業翻訳~』
【概要】

言語数増大・スピード化に対応するための機械翻訳とSaaS型の製品、業務マニュアルに有効なCMSを活用した新たな取り組みを 産業翻訳において高スコアを実現するT-3MTの基本的仕組みを実績も踏まえながらご紹介します。
また、ウェビナー内では機械翻訳との組み合わせによるスピード化がどのように図られるかを図版内の翻訳、 動画字幕にも対応可能なシーンを翻訳コーディネーターの作業工数が圧倒的に削減するプロセスをお見せします。

【このような方におすすめ】
・開発案件における資料の改変と作成を必要としているお客様
・社内用語や過去の表現が多用されるため、メモリとエンジン側にも対訳登録が必要なお客様
・マニュアル作成時の多言語化に機械翻訳を活用し、低コスト化と翻訳にかかる時間を削減されたいお客様
・過去の文章を自部門、他部門が作成したコンテンツに再利用し効率を上げたいお客様
・Confluenceをお使いで、内部コンテンツの翻訳作業の効率を高めたいお客様

【開催日時】
2021年12月21日(火) 11:00~11:40

【申し込み方法】
お手数ですが、こちらのURLから情報入力をお願いします。
※情報入力後に参加登録完了となりますのでご注意ください。
https://www.rozetta.jp/webinar/detail/211221.html

【開催方法】
Zoomにて開催。
参加お申込みいただいた方には開催日前日にZoomのURLをメールでお送りします。

【参加費】
無料

【ご注意】
・複数名でのご参加の場合でも、お一人ずつ参加申し込みしてください。
・同業他社、個人の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

【スピーカー】

ナレッジオンデマンド株式会社
代表取締役CEO
宮下知起
株式会社富士通ビーエスシーでシステムエンジニア、株式会社アスキーで雑誌編集を経験した後に独立しフリーランスライターへ。 その後アットマーク・アイティ(現アイティメディア)の寄稿編集者を務めながらナレッジオンデマンド株式会社を設立。 当初は編集プロダクションであったが、2014年からマニュアル制作・公開プラットフォーム「WikiWorks」の開発・販売を軸に、顧客のドキュメンテーションを効率化するさまざまなサービスを提供している。
 

株式会社ロゼッタ
MT事業部 マネージャー
木村 雄一
前職Memsource社では日本のエンタープライズ営業を担当。
その経験を活かし、他システムとの連携を含め、翻訳業務を包括的に効率化する方法を提案しています。


■株式会社ロゼッタについて
ロゼッタは、「我が国を言語的ハンディキャップの呪縛から解放する」という企業ミッションの下、AI 自動翻訳の開発・運営を行っています。ロゼッタの自動翻訳は国内外5000以上の企業・団体で導入されており、医薬、製薬、ライフサイエンス、バイオベンチャー、省庁、国立研究所、大学、病院、化学、環境、エネルギー、石油、食品、飲料、農林水産、土木・建設、法務、法律事務所、特許事務所、金融、IT、通信、半導体、産業機械、電気機器、精密機器などなど様々な分野でご活用いただいています。
URL:https://www.rozetta.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ロゼッタ >
  3. AI自動翻訳のロゼッタ ウェビナー『WikiWorks×T-3MTで実現 ~DXで変わる産業翻訳~』12月21日(火)開催