ネットプロテクションズ、「NP掛け払い」のリブランディングを実施。決済業務代行に留まらず、ビジネスの挑戦を支援するサービスへ

~本日からブランドブックを公開~

 株式会社ネットプロテクションズ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長(CEO):柴田 紳、以下当社)が提供する企業間決済サービス「NP掛け払い」は、リブランディングを実施し、ブランドブックを公開いたしました。今回のリブランディングから「自由になれる、決済。もっと自由に。もっときもちよく。もっと遠くまで。」を新たなタグラインに制定しています。これは単なる決済代行サービスに留まらず、企業活動に伴うあらゆる決済関連の障壁を取り除くとともに、ビジネスの可能性を最大限に広げるサービスを提供するという思いを込めています。ブランドブックは下記URLからご覧いただけます。
 ブランドブックの詳細はこちら:https://np-kakebarai.com/pdf/brandbook.pdf

■ブランドに込めたメッセージ
 「もっと自由に。」
には、社会をよりよくしようとするプレイヤーが、取引を、やりたいことを、自然に行える環境を整える。という想いを。
 「もっときもちよく。」には、取引に伴う決済をすべての人が円滑に実現できるよう、あらゆる阻害要因を取り除く。という想いを。
 「もっと遠くまで。」には、決済を通して様々な企業や人が、互いを信じあい自らのミッションを実現できる環境をつくる。という想いを込めています。

 決済というビジネスの重要なステップにおいて、存在するあらゆる障壁と戦い、決済が変革を生むきっかけとなる、「自由になれる、決済。」を体現していきます。

 またブランドカラーには、海をモチーフとしたブルーを採用しています。社会の変化や様々な商取引の形に対して柔軟に、広く、深く順応していきたいという想いを込めています。

■リブランディングの背景
 「NP掛け払い」は企業間取引において発生する、与信審査、請求書の発行、入金管理、未回収金保証などの企業間決済の業務をまるごと代行する決済サービスです。2011年のサービスリリースより、決済というフィールドからお客様のビジネスの活性化と成長を支えるパートナーであるべく邁進し、今年10周年という節目を迎えます。
 働き方改革の推進、消費税法の改正と軽減税率制度の導入、新型コロナウィルスの流行など、目まぐるしく変化する社会の中で、様々なステークホルダーと成長を共にしてきました。デジタル化やDXなどのキーワードを目にすることが増え、ITサービスを活用した事業推進は珍しくないように思われます。一方で、過去から踏襲されてきた商習慣上の理由で対面での現金集金を続けている業界や、社会情勢によって難易度を増す債権管理に頭を抱える企業など、ビジネスに悩む数々の現場を我々は知っています。今年9月にはデジタル庁の創設も予定されており、誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化を目指す傍、「NP掛け払い」の担う役割は拡大していくものと考えています。
 10年前には存在しなかった未回収金保証型の決済代行サービスは、今では年間流通総額750億円という規模に成長し、年間の利用企業数は41万社にものぼりました。これまで「NP掛け払い」に期待をし共に歩んでくれた方々、またこれから共に歩んでくれる方々に対して、我々は何をすべきなのか。決意を新たに再スタートを切る第一歩として、この度リブランディングを実施します。
 今後も「NP掛け払い」はサービス提供を通じて、あらゆるステークホルダーがより自由に挑戦や成長ができる環境づくりに貢献できるよう努めてまいります。

■「NP掛け払い」について
 「NP掛け払い」は、企業間取引向けの後払い決済サービスです。当社が企業(売り手)と企業の顧客(買い手)の間に入り、買い手への与信から請求書発行、代金回収までの決済・請求業務全てを請け負い、未回収リスクを100%保証します。「NP掛け払い」の導入により、売り手は決済・請求業務をまるごとDX化し、かつコア業務に集中できます。また未回収金をゼロにすることで経営基盤の安定化を図れます。加えて、従来の信用機関に依存しない独自の与信審査によって個人事業主に対しても柔軟に掛け売りが提供できるため、販路拡大・売上向上が見込めます。買い手は掛け払いができることでキャッシュフロー改善を期待できます。2021年現在、NP掛け払いの年間取扱高は750億円、年間利用社数41万社と「日本で8社に1社が使っている決済(※1)」となりました。
詳細はこちら:https://np-kakebarai.com/

※1)日本企業数359万社(経済産業省が発表した「2019年版中小企業白書」を参照)と当社実績(41万社)をもとに算出

■株式会社ネットプロテクションズ 概要
 当社はテクノロジーを活用して新しい信用を創造する「Credit Tech(クレジットテック)」のパイオニア企業として、あらゆる商取引を円滑にしていくことを目指しています。2002年より、日本で初めて未回収リスク保証型の後払い決済サービス「NP後払い」の提供を開始し、年間流通金額では前年比約16%の成長率、国内ECの後払い決済市場において現在ではシェアNo.1(※2)を誇る加盟店基盤を有し、年間ユニークユーザー数(※3)が1,580万人に達し、2021年3月までに累計利用件数が2.8億件を突破するまでに至りました。2011年より、同サービスにより培った独自の与信ノウハウとオペレーション力を企業間取引向けに展開した「NP掛け払い」の本格販売を開始し、年間流通金額では前年比約27%の成長率で伸長しています。2017年には、購買体験がこれまでより快適になるやさしい後払い決済「atone(アトネ)」の提供を開始しました。さらに2018年には、台湾においてもスマホ後払い決済サービス「AFTEE(アフティー)」をリリースしました。これらの事業を通じて、顧客の購買歴・支払い歴をあわせた取得難度の高い信用ビッグデータを保有しており、今後は様々な領域でのデータ活用・展開を模索していきます。

商号        :株式会社ネットプロテクションズ
代表者     :代表取締役社長 (CEO) 柴田 紳
URL      :https://corp.netprotections.com/
事業内容        :後払い決済サービス「NP後払い」の運営
                       企業間決済サービス「NP掛け払い」の運営
                       訪問サービス向け後払い決済サービス「NP後払いair」の運営
                       新しいカードレス決済「atone(アトネ)」の運営
                       台湾 スマホ後払い決済「AFTEE(アフティー)」の運営
                       ポイントプログラムの運営
創業      :2000年1月
資本金     :1億円
所在地     :〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目2-6 住友不動産麹町ファーストビル5階

※2)当社推計(加盟店ベース)。2021年1月7日付通販新聞掲載の「第75回通販・通教売上高ランキング」に掲載されている300 社のうち、家電や高級ブランド品などを扱う企業を除いた239社を対象とし、その239社の中で後払い決済を導入している企業166社の後払いアウトソースサービスの導入状況を当社グループで調査(2020年3月1日時点)。また、上記239社のうち、後払い業務をインハウス化(自社提供)している会社は49社、後払いを導入していない会社は73社存在する。

※3)2020年4月1日~2021年3月31日における「NP後払い」の利用者のうち、氏名・電話番号の双方が一致する利用者)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ネットプロテクションズ >
  3. ネットプロテクションズ、「NP掛け払い」のリブランディングを実施。決済業務代行に留まらず、ビジネスの挑戦を支援するサービスへ