スポーツと、あらゆる産業の共創でビジネス創出を目指すアクセラレーショプログラムにて、成果発表会(DEMODAY)を実施しました!

スポーツ庁とeiiconが運営するアクセラレーションプログラムに参加・採択された全国4か所、計11社・12プロジェクトによる共創プロジェクトが成果発表の場でプレゼンを実施!

 eiicon company(所在地:東京都港区南青山、代表:中村 亜由子)は、スポーツ庁より受託運営している令和3年度スポーツ産業の成長促進事業「スポーツオープンイノベーション推進事業(地域版SOIP の先進事例形成)」において、アクセラレーションプログラム「INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD」(以下、本プロジェクト)の成果を発表する「DEMODAY」を2022年2月28日(月)に実施いたしました。

 DEMODAYの中で実施したピッチでは、「審査員特別賞」に、ガンバ大阪(サッカー)・OpenStreet株式会社のプロジェクト「ガンバサイクルにより地域貢献・SDGs貢献」と、レノファ山口(サッカー)・ケアプロ株式会社のプロジェクト「誰もが集うスタジアムに」の2プロジェクトが受賞。また「オーディエンス賞」には、FC琉球(サッカー)・OKTコミュニケーションズ株式会社のプロジェクト「AWAPASSプラットフォームを活用した、FC琉球ホームにおける秘密兵器」が受賞しました。
 日本最大級のオープンイノベーションプラットフォームAUBA(アウバ)を運営するeiicon companyは、本事業をスポーツ庁より受託。同庁や運営パートナーの皆様とともに、企画・設計・運用からPR戦略まで、本事業ならびに本プログラムの運営全般を強力にサポートしております。

INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD」DEMODAY 写真中央:室伏広治 スポーツ庁長官 ※撮影時のみマスクを外しています。INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD」DEMODAY 写真中央:室伏広治 スポーツ庁長官 ※撮影時のみマスクを外しています。

■ピッチの受賞プロジェクトについて
□審査員特別賞①:
ガンバ大阪(サッカー)×OpenStreet株式会社
「ガンバサイクルにより地域貢献・SDGs貢献」
概要:ホームゲーム開催日に合わせてスタジアム周辺にシェアサイクルを設置。スタジアム往復の足としての利用、近隣のお店での買い物、自身の健康意識向上、周辺交通渋滞緩和に貢献。

□審査員特別賞②:
レノファ山口(サッカー)×ケアプロ株式会社
「誰もが集うスタジアムに」
概要:高齢者が安心して観戦を楽しめるプランを策定。バス送迎、バリアフリープランの策定、スタジアム内での介助等を通じて施設を通じて外出きっかけの創出、新たなファン層醸成のきっかけに。


※審査員特別賞:
事業の新規性や地域性、社会貢献度を考慮し「より地域版SOIPを体現しているチーム」を、審査員が選出いたしました。

□オーディエンス賞:
FC琉球(サッカー)× OKTコミュニケーションズ株式会社
「AWAPASSプラットフォームを活用した、FC琉球ホームにおける秘密兵器」
概要:県内700店舗が加盟しサービスを受けられるアプリ「AWAPASS」のユーザーに、FC琉球の試合結果等と連動したコラボレーション企画を継続実施。新たなサポーターの醸成、会場への送客も実現する。


※オーディエンス賞:
参加者の皆様に、最も共感・関心を持ったピッチの内容に投票頂き、1チーム選出いたしました。


■「INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD」 DEMODAY実施の背景について
 本プロジェクトは、「スポーツの成長産業化」、「スポーツを核とした地域活性化」を目的に、全国4地域(北海道・関西・中国・沖縄)のスポーツチーム・団体とタッグを組み、スポーツに関する新規事業の開発を目指すプロジェクトです。
 地域に根差したスポーツチーム・団体と他産業界が連携することで、新たなビジネスが創出される社会の実現を目指すことを目的とし、全国のスポーツチーム・団体と解決するべき課題(募集テーマ)を設定。課題を解決できる事業アイデアやリソースを持つ企業を全国から公募しました。
今年度は、北海道・関西・中国・沖縄の全国4か所を舞台に、昨年11月、イベント型アクセラレーションプログラム「BUSINESS BUILD」を実施し、計11社・12プロジェクトを採択。
 BUSINESS BUILDを通じて採択された事業アイデアは、プロジェクトごとに実証実験やメンタリングなどを経てビジネスアイデアをブラッシュアップ。
 その成果発表の場として、この度DEMODAYを実施いたしました。

 なお、本プロジェクトはeiicon companyが、スポーツ庁より受託した「スポーツオープンイノベーション推進事業(地域版SOIP※の先進事例形成)」の一環として実施、運営を行っております。

※SOIP:スポーツの価値が社会に貢献する新たな財・サービスの創出を促進する場や仕組み。スポーツ庁は、SOIPを推進することで、スポーツ界と他産業界が連携することで新たなサービスが創出される社会の実現を目指す。


■「INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD」総評コメント:
室伏広治(スポーツ庁長官)

この「地域版SOIP」は本年度より開始した事業だが、素晴らしい取組が多く、
審査員特別賞が2団体出たというのも、それぞれの取組内容が拮抗していたからだと思う。
運動部活動の地域移行にも繋がるような事業など、地域の特色を活かした様々な視点の取組があり、大変に興味深かった。
本日の成果発表は通過点であり、それぞれの事業のアイデアを更に発展させ、具体的な事業拡大に結びつけていただくことを期待したい。
「地域版SOIP」は来年度も実施予定であり、意欲と情熱のある積極的な参加を歓迎したい。


成果発表会の様子

 

 


■登壇スポーツチーム・団体と、採択企業、取り組んだテーマ(計12プロジェクト)
□ 関西地域『INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD KANSAI』

・ ガンバ大阪(サッカー)×OpenStreet株式会社:
 「ガンバサイクルにより地域貢献・SDGs貢献」
・ NTTドコモ レッドハリケーンズ大阪(ラグビー)×リアルワールドゲームス株式会社:
  「レッドハリケーンズウォークでファンの健康促進とエンゲージメント向上」
・ NTTドコモ レッドハリケーンズ大阪(ラグビー)× CBC株式会社:
 「参加型観戦体験価値の創出によるファンクラブ有料会員の獲得」
・ 関西学院大学 競技スポーツ局(マルチスポーツ)×オンキヨースポーツ株式会社:
  「競技選手パフォーマンス向上プロジェクト」
※ NTTドコモ レッドハリケーンズ大阪は、2社採択

□ 北海道地域『INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD HOKKAIDO』

・ レバンガ北海道(バスケットボール)×株式会社VRooM:
 「xR活用でファンコミュニケーション及び観戦体験・機会の創出」
・ レッドイーグルス北海道(アイスホッケー)×tazawa.co.ltd:
 「モバイルテクノロジー活用×来場体験価値向上」

□ 沖縄地域『INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD OKINAWA』

・ FC琉球(サッカー)×リアルワールドゲームス株式会社:
  「琉球クリーンウォーク~沖縄の課題解決ゆいまーるのプラットフォーム~」
・ FC琉球(サッカー)× OKTコミュニケーションズ株式会社:
  「AWAPASSプラットフォームを活用した、FC琉球ホームにおける秘密兵器」
・ 琉球アスティーダ(卓球)×株式会社タニタヘルスリンク:
  「アスティーダが沖縄の健康をかえる!日本初の【トークン】を絡めた健康プログラム!」
・ 東北楽天ゴールデンイーグルス(野球)×株式会社琉球DigiCo:
  「ならいゴト×コミュニティ~いろんな学びのできるプラットフォーム~」
※ FC琉球は、2社採択

□ 中国地域『INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD CHUGOKU』

 


・ 広島ドラゴンフライズ(バスケットボール)×株式会社ビーライズ:
  「新たなXRコンテンツ制作によるファンエンゲージメントと収益性の向上」
・ レノファ山口(サッカー)×ケアプロ株式会社:
 「誰もが集うスタジアムに」


■『INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD』について

 「INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD」は、スポーツの力とあらゆる産業の共創で、地域の社会課題を解決しながら、新たなビジネス・価値の創出を目指すプロジェクトです。
 各地域のスポーツチーム/団体は地域に根付いているからこそ、地域で抱える社会課題や、地域として目指す未来・ビジョンをより明確に把握しています。エントリーいただいた事業アイデアの中から書類選考で選ばれたパートナー企業は、スポーツチーム/団体と共に2日間のBUSINESS BUILDでディスカッション・ビジネスプランのブラッシュアップを実施し、新たな事業の骨組みを創り上げます。
 その中から採択されたパートナー企業はインキュベーションに入り、地場企業や団体、全国のサポーター企業、スポーツビジネス・各業界に精通したメンターの協力のもと、共創ビジネスアイデアの社会実装・事業化を目指していきます。
 今回は、北海道・関西・中国・沖縄が舞台。スポーツを核とした地域活性化を実現し、各地域から、日本全土へ、そして世界へと、「スポーツの成長産業化」を目指します。


【スポーツ庁 x eiicon company】『INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD』
□主催

スポーツ庁
eiicon company

□運営パートナー(地域版SOIP事務局)
北海道地域:SPOPLA北海道(株式会社北海道二十一世紀総合研究所、北海道経済産業局)
関西地域:スポーツハブKANSAI(大阪商工会議所)
中国地域:スポコラファイブ(伊藤忠ファッションシステム株式会社、中国経済産業局)
沖縄地域:株式会社レジスタ、スポーツデータバンク株式会社

□サポーター企業 ※( )内はメンター(敬称略)
株式会社MTG Ventures(藤田 豪)
プラスクラス・スポーツ・インキュベーション株式会社(平地 大樹)
株式会社EBILAB(常盤木 龍治)
パーソルキャリア株式会社(大浦 征也)
PwCコンサルティング合同会社(野口 功一、菅原 政規)
パナソニック株式会社(深田 昌則)
⽇本アイ・ビー・エム株式会社(岸本 拓磨)
住友生命保険相互会社(藤本 宏樹)
エイベックス・ビジネス・ディベロップメント株式会社(星野 拡)
公益社団法人日本プロサッカーリーグ(鈴木 順)
TMI総合法律事務所(栗山 陽一郎)
慶應義塾大学大学院(神武 直彦)
株式会社CAMPFIRE(照井 翔登)
株式会社CAMPFIRE Startups(田中 駆)
HALF TIME株式会社
株式会社北海道日本ハムファイターズ、株式会社ファイターズ スポーツ&エンターテイメント(前沢 賢)
一般社団法人ロコ・ソラーレ(本橋 麻里)
サツドラホールディングス株式会社(富山 浩樹)
株式会社D2 Garage(藤間 恭平)
九州産業大学(福田 拓哉)
凸版印刷株式会社
新どさんこ研究所
株式会社北洋銀行
株式会社北海道新聞社
北海道
札幌市
MGスポーツ株式会社(長谷川 昌男)
大日本印刷株式会社(千葉 亮太、浅井 辰彦)
湧永製薬株式会社(ワクナガレオリック / 小賀野 龍也)
広島県(ひろしまサンドボックス / 尾上 正幸)
広島テレビ放送株式会社(佐藤 晃司)
広島商工会議所
山口商工会議所
琉球コラソン
一般財団法人沖縄ITイノベーション戦略センター
株式会社沖縄銀行
株式会社みらいおきなわ
株式会社琉球銀行
株式会社琉球新報社
沖縄県
沖縄市
うるま市

■参考プレスリリース
□Business Build関連
・地域版スポーツオープンイノベーション推進事業アクセラレーションプログラム「INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD」開催(2021年9月15日:スポーツ庁)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000047306.html
・スポーツ庁とeiicon companyが運営するアクセラレーションプログラム『INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD』始動!(2021年9月15日)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000193.000037194.html
・地域版スポーツオープンイノベーション推進事業「INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD」全国4地域のスポーツチームと連携するパートナー企業を決定!(2021年11月30日:スポーツ庁)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000047306.html
□インキュベーション期間中の実証実験について
・「サッカー×シェアサイクル事業」で、地域課題の解決とSDGsに貢献!ガンバ大阪とOpenStreetによる実証実験がスタート!採択された事業アイデアが、早くも実証フェーズへ!(2021年11月30日)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000225.000037194.html
・レッドイーグルス北海道が、アイスホッケー選手とファンをつなぐ端末で観戦体験価値向上に繋がる実証実験を開始!株式会社タザワとの共創プロジェクトが実証実験へ。(2022年1月11日)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000238.000037194.html
・広島ドラゴンフライズのホームアリーナを「バーチャル空間化」!コロナ禍におけるファンと選手の新しいコミュニケーションについて実証実験を開始!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000250.000037194.html


■『INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD』公式サイト
https://eiicon.net/about/innovation-league-sportsbb2021/


■eiicon company 概要
eiicon companyは、「オープンイノベーション※」にチャレンジするすべての企業に対し、その取り組みを加速させる支援を実施しています。
1)「AUBA」:  https://auba.eiicon.net/ 「価値ある出会いが未来を創る」をテーマに、オープンイノベーションのパートナーを探すことができる、ビジネスマッチングプラットフォーム。登録数23,000社。課題・事業成長に必要なリソースなど自社情報を登録、相互に発信し、企業の新たなつながりを実現します。
2)「TOMORUBA」: https://tomoruba.eiicon.net/ 事業を創るビジネスパーソンのための“事業を活性化するメディア”。全国各地あらゆる業界のスタートアップ・中小企業・大手企業から地方自治体・大学まで、資金調達・資金提供・共同研究などの様々な情報や事業を創るためのノウハウ情報などを配信しています。
3)「SHABERUBA」: 「AUBA」が提供する、会員専用コミュニティ。バーチャルコワーキングスペースで会員同士の会話や商談、各種イベント参加やコミュニティ支援実施まで、オフラインでの活動をオンライン上で実現しています。
4)「event」: ビジネスパートナー企業との出会いの場をリアルに創出します。
5)「Sourcing Support」: 専門コンサルタントがオープンイノベーションチャレンジを支援します。
以上5つの軸で、日本に新規事業創出手法「オープンイノベーション」を根付かせるサービスを提供しています。
名 称:    eiicon company (エイコンカンパニー) https://corp.eiicon.net/
代 表:    中村 亜由子
所 在 地:〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
事業内容:
オープンイノベーションプラットフォーム「AUBA」の運営、イベント企画・支援サービス、ソーシングサービスなど
電話番号:03-6370-8360(代表)
メールアドレス:info@eiicon.net

■運営会社
社名:パーソルイノベーション株式会社
本社所在地:〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
資本金:5,500万円
代表者:代表取締役社長 長井 利仁
事業内容:
新規事業創造・オープンイノベーション推進、グループ会社の経営計画・管理並びにそれに付帯する業務


※オープンイノベーション:
2003年(米)ヘンリー W. チェスブロウが提唱した、「企業内部と外部メディア・技術を組み合わせることで、革新的な新しい価値を創り出す」イノベーション方法論。社内の資源に頼るばかりでなく、社外との連携を積極的に取り入れるべきであるという主張の方法です。 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. eiicon company >
  3. スポーツと、あらゆる産業の共創でビジネス創出を目指すアクセラレーショプログラムにて、成果発表会(DEMODAY)を実施しました!