東京スカイツリーから浅草への28GHz帯を用いた5G長距離伝送実験に成功

東武鉄道株式会社(本社:東京都墨田区、社長:根津 嘉澄、以下、東武鉄道)、ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、社長:吉澤 和弘、以下、ドコモ)の3社は、第5世代移動通信方式(以下、5G)の実用化に向け、有望な周波数帯の一つである28GHz帯を用いた5G共同実験を2017年12月6日(水)に実施し、東京スカイツリー®の展望台から浅草への1kmを超える長距離伝送に成功しました。

本共同実験は、ドコモが東武鉄道との協力により構築した「5Gトライアルサイト」で行ったもので、東京スカイツリー天望デッキ フロア340に設置したファーウェイの実験用無線基地局と、東武鉄道浅草駅ビル屋上に設置した携帯電話端末に相当するファーウェイの移動局装置との間で、受信時最大 下り4.52Gbps/上り1.55Gbpsの超高速通信を実現しました。

今回の実験では、5Gのキー技術の一つである多数のアンテナ素子を用いる「Massive MIMO※」技術によって、東京スカイツリーから浅草方向に向けてのビームフォーミングを行いました。実験により、電波の減衰が大きく、遠くに飛ばすことが困難だと考えられてきた高周波数帯の電波を、都市部だけではなく地方、郊外、山間部など、より多様な環境で利用することができる技術を実証することができました。

3社は今後も、2020年に向けて5G技術の実証実験やサービス創出など、先端技術の発展に貢献してまいります。なお、本実験は、12月8日(金)~10日(日)に東京ソラマチ®5階 スペース634で開催されるイベント「docomo 5G Trial Site」(主催:ドコモ)、および、12月8日(金)夜に

東京スカイツリー天望デッキで開催される東京スカイツリー®クリスマスラブソングライブの様子を浅草駅ビル屋外ビジョンに中継(主催:東武鉄道)するデモンストレーションに使用する予定です。

※ Massive MIMOとは、高周波数帯を用いる5Gにおいて、100素子を超えるような多数のアンテナ素子を用いて鋭いビームを形成し、電波の強度をユーザ端末の方向に向けて強めることができる技術。

 
  • 東京スカイツリー・浅草での28GHz帯を用いた5G長距離伝送実験の概要

1.本実験概要
本共同実証実験では、東京スカイツリー®天望デッキ フロア340に設置した実験用の無線基地局と、基地局から約1.2km離れた東武鉄道浅草駅ビル屋上に設置した携帯電話端末に相当する移動局装置との間で、下りリンク(基地局から移動局方向への通信)で受信時最大4.52Gbps、上りリンク(移動局 から基地局方向への通信)で受信時最大1.55Gbpsの通信速度を達成しました(それぞれで最適な時分割複信のスロット比率を適用)。

 2.場所
基地局相当実験局:東京都墨田区押上(東京スカイツリー天望デッキ フロア340)
移動局相当実験局:東京都台東区花川戸(東武鉄道浅草駅ビル屋上)

3.周波数帯(帯域幅)
28GHz帯(800MHz)

4.実験イメージ


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ファーウェイ・ジャパン >
  3. 東京スカイツリーから浅草への28GHz帯を用いた5G長距離伝送実験に成功