BtoBマーケティングのコンサルティング会社、才流(サイル)がBtoBマーケターのためのCMS「ferret One」を導入

Webサイトの制作から更新・運用までを内製化し、マーケティング業務の効率化を目指す

株式会社才流(サイル)が、Web制作・Webマーケティングの効率化を目指して、BtoBマーケターのためのCMS「ferret One」を導入し、2019年11月より運用を開始したことをお知らせいたします。

■ ferret One導入の背景
BtoBマーケティングのコンサルティングサービスを提供する株式会社才流は、2016年7月からこれまで100社以上の企業のコンサルティングを行い、企業のマーケティング戦略・施策設計を支援してきました。

自社サービスを広めるために、自社のWebサイトにコンテンツを拡充するコンテンツマーケティングの手法をとっています。ただし、これまでは自社で自由にWebサイトを運用できず、時間とコスト面で課題がありました。そこで、社内メンバーだけでもWebサイト運用ができ、業務の効率化を図れるツールを探していました。

「自分も含め、メンバーにエンジニアがいないので、Webサイトを自由に作り変えることができませんでした。コンテンツをすぐに更新したくても、外部に依頼しなくてはならず、毎回時間とコストがかかっていました。今のままでは思うようなWebマーケティングが実現できないことに、危機感を持っていました。」

■ ferret One導入の決め手
自分たちで更新可能なCMSへの載せ替えを検討し、他社のCMSについても調べていたのですが、ferret Oneは他のCMSと違い、公開時の見た目と同じプレビュー状態のままサイト編集できることが、サイト更新において便利だと感じ、ferret Oneを導入することに決めました。

■ ferret Oneに期待すること
・スピーディーなWebサイトの変更・更新

これまでは、Webサイトの一部を変更するだけでも外部に依頼しており、その改修に1ヶ月以上かかっていました。ferret OneのCMS機能は、コーディングの知識がなくても誰でも簡単にページ作成・編集ができるため、担当者自身で作業が完了します。

・コスト削減
ferret Oneを利用して、これまで外部に発注していたWebサイトの改修、コンテンツ更新費を毎月20~30万円削減できると見込んでいます。

・働き方の向上
「Webサイトを更新したいタイミングで更新できないストレス」から解放されるとともに、「Webサイトをいつでも更新できるという安心感」が加わることで、本来集中すべき業務に集中できるようになりました。

■ 今後の展望
 

Webサイトは「企業の顔」です。Webサイトを更新したいときに更新できることがferret Oneを利用する価値だと思っています。これからferret Oneを使ってWebマーケティングを効率化し、自分たちが注力すべき「コンサルティングにおける価値提供」により注力しながら事業を成長させていきたいです。

■Webマーケティングツール「ferret One」https://ferret-one.com/
ferret Oneは、企業が行うBtoBマーケティングの効率化を目指すWebマーケティングツールです。誰でも簡単にページのレイアウトや編集ができるCMS機能で、これまで外注にかかっていたコストをカット。ツールをまたがずに、メールマーケティングやLP制作など必要な施策実行できる環境と、BtoBマーケティングの戦略サポートにより、マーケティング担当者の課題を解決します。
 

■会社概要
社名 : 株式会社才流 https://sairu.co.jp/
代表者 : 代表取締役社長 栗原康太
所在地 :東京都千代田区鍛冶町1-10-6 BIZSMART 9階
設立 :2016年7月
資本金:1,250万円
事業:マーケティングを中心とした各種コンサルティングサービス


社名:株式会社ベーシック https://basicinc.jp/
代表者 :代表取締役 秋山勝
所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町 17-6 一番町 MS ビル 1F
設立:2004年3月
資本金:5億3559万5200円
事業:Web マーケティング事業・メディア事業

 

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ベーシック >
  3. BtoBマーケティングのコンサルティング会社、才流(サイル)がBtoBマーケターのためのCMS「ferret One」を導入