グローバル四輪車市場ーサイズ別調査、テクノロジー別(BEV、PHEV、およびHEV)、エンドユーザー別(共有モビリティプロバイダー、政府機関、個人ユーザー)、および地域別[予測-2020-2027]

Kenneth Researchは、2020―2027年までの予測期間の詳細な分析と業界の洞察で構成されるグローバル四輪車市場に関するレポートを2020年8月21日に発刊しました。レポートは、テクノロジー別(BEV、PHEV、およびHEV)、エンドユーザー別(共有モビリティプロバイダー、政府機関、および個人ユーザー)、および地域別によって分割された市場セグメンテーションに基づいた洞察を示しています。さらに、セグメントはさまざまなサブセグメントに区分され、市場でのパフォーマンスを示す情報で構成されています。市場は、世界中の自動車市場の拡大を背景に成長すると予想されています。国際自動車メーカー協会の統計によると、2010年と2019年の期間の車両の総売上高の増加は、1600万米ドルに達しました。都市化と可処分所得の増加は、予測期間中の市場の成長をサポートするいくつかの要因です。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-four-wheeler-vehicles-market/10328096


世界で年間7,000万台以上の自動車が生産されている自動車産業は、世界の主要な製造部門の一つです。国際調査によると、2017年の自動車部門の総生産は3兆ドルで、世界の累積GDPの3.65%を反映しています。自動車セクターにIoTが導入されたことで、世界中の自動車メーカーと消費者に新しい機会が生まれました。IoTは、その製造と消費者向けの使用を通じて、自動車業界において多目的アプリケーションの範囲を持つ大きなホットスポットとなっています。自律輸送ネットワークへの電気自動車を通じて、モノのインターネット技術は世界の自動車産業に大きな影響を与えてきました。現在、自動車会社が自動車産業におけるパワーカーの導入に次第に注力しているため、ハイブリッド車とフル電気自動車は世界中で大きな牽引力を獲得しています。

電気自動車の魅力が高まる中、マイクロカーは世界市場で強力な存在感を示しています。自動車業界の最近の発展は、特に東アジアとヨーロッパでマイクロカーの需要が着実に増加していることから、マイクロモビリティへの関心が高まっていることを示しています。さらに、さまざまな経済圏における自動車生産の増加により、四輪車の市場シェアが増加すると予想されています。Organization Internationale des Constructeurs d'Automobiles(OICA)によると、2019年の中国の自動車生産売上高は2,136万ドル、ドイツの自動車生産売上高は460万ドルでした。四輪車の生産台数の増加と、地域の主要メーカーからの投資の増加により、予測期間(2020〜2027)で市場シェアがさらに増加する傾向にあります。

グローバル四輪車市場に関するレポートは、地理に基づいて、北米、アジア太平洋、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカの5つの主要地域にさらに分割されています。

さらに、市場は地域別によってさらに細分化されています。
  • 北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

快適さと安全性に関する高度で安全なソリューションをお客様に提供するために、自動車業界は長年にわたって大きく変化しました。2009年から2019年の間に、自動車生産の著しい成長が観察されました。OICA(国際自動車メーカー協会)によると、自動車と商用車の両方を含む自動車生産は、2009年の61,762,324から2019年の91,786,861に増加しました。2019年にドイツ、日本、米国は、最高の自動車輸出国でした。さらに、世界中のスマートシティや自動車の接続性などの技術の進歩の進展に伴う人口の増加と人々の収入の増加は、グローバル四輪車市場の成長に貢献している主要な要因です。この調査は、CO2排出量の増加と自動車業界に関連する厳しい政府規制による、電気自動車に対する成長の見通しとともに、課題、傾向、機会、高まる傾向など、包括的で生産的な計画に焦点を当て、クライアントが全体的な市場シナリオを理解できるよう支援します。

 
[グローバル四輪車市場における業界リーダー]
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のグローバル四輪車市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。グローバル四輪車市場における業界のリーダーはBMW AG.、Mazda Motor Corporation、Daihatsu Motor Co., Ltd.、Daimler AG、Group PSA、Honda Motor Company、LIGIER Group.、Mahindra & Mahindra、Tata Motors、Toyota Motor Corporation、Groupe Renault SA、Daihatsu Motor Co. Ltd.、Piaggio & C. Spa、Subaru、Suzuki Motor Corporationなどです。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10328096

 Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. グローバル四輪車市場ーサイズ別調査、テクノロジー別(BEV、PHEV、およびHEV)、エンドユーザー別(共有モビリティプロバイダー、政府機関、個人ユーザー)、および地域別[予測-2020-2027]