アイデアを発見するビジュアル探索ツール「 Pinterest 」の広告運用をソウルドアウトが開始。日本国内で Pinterest アドによるアプローチが可能に

~地方、中小・ベンチャー企業向けの集客・認知度向上を支援~

 地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長支援をデジタルマーケティング領域で展開するソウルドアウト株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役会長CGO:荻原猛、以下「ソウルドアウト」)は、2022年5月よりβ版にて配信開始しているビジュアル探索ツール「 Pinterest アド」の運用サービスを6月1日より正式に開始したことをお知らせいたします。
Pinterest とは生活のあらゆるシーンを彩るアイデアを次の行動につなげるためのプラットフォームで、97%が非指名で検索されているツールです。そのため、中小・ベンチャー企業が取り扱う商品・サービスのようにまだ全国的に知名度が低い場合でも、商品やそのビジュアルによって認知しやすいのが特徴です。また、国内での日本配信が開始したばかりで、表示単価を抑えて配信することが可能なため、中小・ベンチャー企業でも気軽に導入することができます。
ソウルドアウトではこの特性を活かし、地方、中小・ベンチャー企業の集客や認知度向上を支援するために Pinterest アドを活用していきます。

 

  • Pinterest アドとは

Pinterest とは生活のあらゆるシーンを彩るアイデアを次の行動につなげるためのプラットフォームです。Webサイトや Pinterest 上にある気になる画像を自分のボードにピン(保存)して収集。自分の気になる領域において新しい発見を得たり、未来の行動のための情報収集をすることがサービスの軸となっています。パンデミック以降、グローバルで 1 億人を超えるユーザーを獲得し、過去最大の成長を記録し、月間アクティブユーザーは 4 億 人を超えました。日本においては、直近 2 年間で検索数は 2.4 倍に、 ピンの保存数も 1.6 倍に増加し、生活のアイデアを探すユーザーが増えており、ユーザー数が直近急速に増加しています(※1)。
 

  • Pinterest アドの特徴3つ

①新メディアとして潜在顧客へリーチ可能
Pinterest では上位検索の97%が非指名検索です。ブランド名で探すのではなく「インテリア 収納」や「ウェディングブーケ」など一般的な言葉で検索されることが多いため、まだ全国的な認知度が低くても、商品力やビジュアルを元に知ってもらえる機会が多くなります。

②利用ユーザーの興味関心度が高い
Pinterestユーザーの心理として、未来の行動のための情報収集をすることが多いため、前向きにアイデアを探している人に効果的にリーチできる場所として利用が可能です。商品購入アイデア探しに Pinterest を利用するウィークリーユーザーの割合は5人中3人と言われています。

③購買力のあるユーザーが多い
「43%の日本の Pinterest ユーザーが、世帯年収600万以上」「日本の Pinterest ユーザーは、非ユーザーと比較し90%以上の確率で高所得世帯」といったデータが発表されております(※2)。購買力の高い潜在顧客にいち早くアプローチが可能です。
※1:Pinterest 内部分析
※2:Pinterest Japan ※Global Web Index、コアアンケート、日本、Pinterest 月間ユーザー(2021 年上半期)
 

  • 支援背景

近年のSNS広告は、SNS利用者の増加や、顧客体験向上に向けたSNS施策へのニーズの高まりにより、市場規模が拡大しつつあります。そのような状況下で登場した Pinterest アドでは、画像からWebサイトへ直接遷移できるため、購買に繋がりやすい流れを作ることが可能です。 Pinterest ユーザーは、自分の暮らしをさらに豊かにするアイデアをビジュアルで発見するために利用しているため、不動産、家具・インテリア、アパレルなどのEC系との相性が良く、これから市場が伸びると予測されています。
 

  • 支援体制

3つのグループから組成されたプロジェクトチームで体制を組んでおります。

SNS広告の運用やクリエイティブの戦略を探求してきた「SNSマーケティング/ADクリエイティブ推進グループ」と、フィード広告領域で成果をあげてきた「テックスタジオグループ」。アドテクノロジー領域で様々なソリューションを研究・開発してきた「デベロップメントグループ」。これらのチームから組成された「 Pinterest アドプロジェクトチーム」が、カタログ実装・クリエイティブ制作・運用まで一貫して支援いたします。
 

  • Pinterest アドを最適化するため、データフィードマネジメントツール「SO リストカ」が Pinterest アドとの連携を開始

ソウルドアウトが提供する「SOリストカ」(※3)が「 Pinterest ダイナミック広告」のデータフィード生成に対応いたしました。累計90アカウントにて実装実績がある本ツールは、顧客企業の商品データを各配信先の媒体のフォーマットに合わせて自動で変換します。Webサイトをクローリング(※4)して商品情報(商品名・商品画像・価格・商品説明文など)を取得する機能を搭載しており、効率的にダイナミックリターゲティング広告の実装から配信までを請け負うことが可能です。


▼主要対応媒体メニュー
Yahoo! 動的ディスプレイ広告 / Facebookダイナミック広告 / Google動的リマーケティング広告 / Googleショッピング広告 / LINE Dynamic Ads / Criteo / SmartNews Dynamic Ads / Pinterest ショッピングアド/ Pinterest パーソナライズコレクションアド 他

▲「データフィード」の仕組みの図

「SO リストカ」を利用することで、 Pinterest 上で商品データを活用した費用対効果の高い広告の配信が可能となります。また、他ツールと比較しても低価格かつ、フィードの作成からタグ設定と運用まで一気通貫で対応できるため、フィードの最適化のスピードと精度が高いのが特徴です。

※3:「ソウルドアウト、中小・ベンチャー企業向けの商品データベースなどを活用した、データフィードマーケティング支援ツール『SO Data Feed Creator』を開発」(2018.8.14配信)https://www.sold-out.co.jp/news/topic_20180814
「SO リストカ」は、従来提供してきたデータフィードマネジメントツール「SO Data Feed Creator(エスオー データ フィード クリエイター)」から名称を変更したものです。
※4:クローラー(Webページ上の文書や画像などを、自動でデータベース化するプログラム)がWebページを巡回し、データベースに登録する作業のこと。

<ソウルドアウトとは>
ソウルドアウトグループは、地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長をデジタルマーケティング、ソフトウェア、メディア制作・運営、DXの領域で支援しています。全国に20の拠点を持ち、対面営業を重視する地域密着型で、地方中小企業の課題やその独自性を理解し、それぞれにマッチしたソリューションを提供。事業のスタートアップから既存事業のアクセラレートまで、テクノロジーを活用し、顧客の成長ステージに合わせた提案によって、日本全国の中小・ベンチャー企業が秘めている潜在能力を引き出し、寄り添うスタンスで共に挑戦しています。

公式Facebookにて最新情報を更新中!
https://www.facebook.com/SOLDOUTjp/
いいね!をしてフォローをしていただければ、ニュースや新しいコンテンツのお知らせが届きます。

<会社概要>
■会社名:ソウルドアウト株式会社
■本社:〒112-0004 東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル19F
■代表者:代表取締役会長CGO 荻原猛
■ホームページ:https://www.sold-out.co.jp/
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソウルドアウト株式会社 >
  3. アイデアを発見するビジュアル探索ツール「 Pinterest 」の広告運用をソウルドアウトが開始。日本国内で Pinterest アドによるアプローチが可能に